4545 Movies

誘拐の掟 A Walk Among the Tombstones (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1992年に発表された、ローレンス・ブロックの小説”マシュー・スカダー・シリーズ”の”A Walk Among the Tombstones”を基に製作された作品。
連続猟奇誘拐殺人犯とそれを追う心に傷を負う元警官の攻防を描く、製作ダニー・デヴィート、監督、脚本スコット・フランク、主演リーアム・ニーソンボイド・ホルブルックダン・スティーヴンスアストロデヴィッド・ハーバー他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:スコット・フランク

製作
ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
トビン・アームブラスト
ブライアン・オリヴァー
製作総指揮
ナイジェル・シンクレア
ガイ・イースト
ケリー・オレント
ローレン・セリグ
マーク・マルーク
リチャード・トゥーサン
アディ・シャンカル
スペンサー・シルナ
トレイシー・クローン
ケイト・ベイコン
ジョン・W・ハイド
原作:ローレンス・ブロックA Walk Among the Tombstones
脚本:スコット・フランク
撮影:ミハイ・マライメアJr.
編集:ジル・セイヴィット
音楽:カルロス・ラファエル・リベラ

出演
マシュー”マット”スカダー:リーアム・ニーソン
ピーター・クリスト:ボイド・ホルブルック
ケニー・クリスト:ダン・スティーヴンス
TJ:アストロ
ジョナス・ルーガン:オラフル・ダッリ・オラフソン
ルーベン・クインターナ:マーク・コンスエロス
レイ:デヴィッド・ハーバー
アルバート:アダム・デヴィッド・トンプソン
ユーリ・ランドー:セバスチャン・ロッシェ
リュドミラ”ルシア”ランドー:ダニエル・ローズ・ラッセル
キャリー・クリスト:ラザーヌ・ジャマル
レイラ・アルヴァレス:ラウラ・ビルン
マリー・ゴッテスキンド:マリエレ・ヘラー
ハウイー:エリック・ネルセン
サラ: ホイットニー・エイブル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2014年製作 114分
公開
北米:2014年9月19日
日本:2015年5月30日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $26,307,600
世界 $53,181,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1991年、ニューヨーク
アルコール依存症である市警の刑事マシュー”マット”スカダー(リーアム・ニーソン)は、自分のことを心配する同僚の忠告も聞かずに、馴染みのバーに向かう。

スポーツ新聞を読み酒を飲んでいたマットは、二人組の男がバーテンダーを撃ったために、逃げた男達を追う。

車で逃げた男達を銃撃したマットは、一人を階段に追いつめて射殺する。

1999年、ブルックリン
ダイナーにいたマットは、断酒会で一緒だった画家のピーター・クリスト(ボイド・ホルブルック)から話しかけられ、弟のケニー(ダン・スティーヴンス)を助けてやってほしいと言われる。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1999年、ニューヨークブルックリン
アルコール依存症だった刑事のマシュー”マット”スカダーは、8年前に起きたある事件をきっかけにして刑事を辞職して酒も断った。
その後、無免許で私立探偵をしながら断酒会に通うマットは、そこで知り合った画家のピーターから、兄ケニーを助けてほしいと言われる。
ドラッグ・ディーラーの仲介者であるケニーの妻キャリーが誘拐され、身代金の40万ドルを払うものの、彼女は殺されてバラバラ死体で発見されたことを知ったマットは、報酬を受け取り調査を始める。
同一犯の犯行と思える事件を調べたマットは、それに関係したグリーンウッド墓地の管理人ジョナスからヒントを得るものの、彼は飛び降り自殺をしてしまう。
犯人は”DEA/麻薬取締局”の関係者だったと思われ、大金を用意できるドラッグ・ディーラーを狙っていることが分かったマットは、ホームレスの少年JTの協力を得て調査続ける。
そんな時、ケニーの知人であるドラッグ・ディーラーのユーリの14歳の娘ルシアが誘拐される事件が起き、マットは犯人と交渉を始めて強硬手段に出るのだが・・・。
__________

人気作家ローレンス・ブロックの探偵小説”マシュー・スカダー・シリーズ”の”A Walk Among the Tombstones”の映画化。

優れた脚本家として知られるスコット・フランクの「ルックアウト」(2007)に続く監督作品で、もちろん本作の脚本も担当している。

主人公をはじめとした、登場人物の人間性などを繊細に描くスコット・フランクの演出と脚本が見所の作品。

96時間」シリーズを彷彿させるような主人公”マシュー”マット”スカダー”を演ずるリーアム・ニーソンは、過去に起きた事件による心の傷を抱えて生きる男を深く演じている。

主人公と同じ断酒会に通う落ちぶれた青年のボイド・ホルブルック、その弟であるドラッグ・ディーラーの仲介者で、妻(ラザーヌ・ジャマル)を誘拐されて殺されるダン・スティーヴンス、主人公と知り合うホームレスの少年を印象的に演ずるアストロ、犯人と関わる墓地の管理人オラフル・ダッリ・オラフソン、彼のアパートの向かいに住む俳優であるドラッグ・ディーラーのマーク・コンスエロス、その婚約者で殺されるラウラ・ビルン、犯人のデヴィッド・ハーバーとアダム・デヴィッド・トンプソン、娘(ダニエル・ローズ・ラッセル)を誘拐されるドラッグ・ディーラーのセバスチャン・ロッシェ、犯人に殺されたDEA捜査官のマリエレ・ヘラー、主人公のアパートの管理人エリック・ネルセン、断酒会で立ち直るための”12のステップ”を暗唱するホイットニー・エイブルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021