4233 Movies

ダーク・シャドウ Dark Shadows (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1966~71年にABCで放映されたゴシック・ソープ・オペラ”Dark Shadow”を基に製作された作品。
約200年ぶりに甦ったヴァンパイアが、魔女の呪いにより没落した一族の復興させようとする奮闘を描く、ティム・バートンジョニー・デップ、ゴールデン・コンビによるファンタジー・コメディ。
エヴァ・グリーンミシェル・ファイファークロエ・グレース・モレッツヘレナ・ボナム=カータージャッキー・アール・ヘイリークリストファー・リー他共演。


コメディ

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧
ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧
クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ティム・バートン
製作総指揮
ナイジェル・ゴストゥロウ

クリス・レベンゾン
製作
ティム・バートン

グレアム・キング
クリスティ・デンブロウスキー
ジョニー・デップ
デヴィッド・ケネディ
リチャード・D・ザナック
原作/オリジナル脚本:ダン・カーティスDark Shadows
原案
ジョン・オーガスト

セス・グレアム=スミス
脚本:セス・グレアム=スミス
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
バーナバス・コリンズ:ジョニー・デップ

アンジェリーク・ブシャール:エヴァ・グリーン
ヴィクトリア・ウィンターズ/ジョゼット・デュプレ:ベラ・ヒースコート
エリザベス・コリンズ・ストッダード:ミシェル・ファイファー
キャロリン・ストッダード:クロエ・グレース・モレッツ
デヴィッド・コリンズ:ガリヴァー・マグラス
ジュリア・ホフマン博士:ヘレナ・ボナム=カーター
ロジャー・コリンズ:ジョニー・リー・ミラー
ウィリー・ルーミス:ジャッキー・アール・ヘイリー
ミセス・ジョンソン:レイ・シャーリー
ジョシュア・コリンズ:イヴァン・ケイ
サイラス・クラーニー:クリストファー・リー
本人:アリス・クーパー
保安官:ウィリアム・ホープ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2012年製作 113分
公開
北米:2012年5月11日
日本:2012年5月19日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $79,711,680
世界 $234,211,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1760年。
リバプールからアメリカに渡り、メイン州に到着したコリンズ一家は、未開発地を”コリンズポート”と名付けて居住することを決め、水産会社を創設した。

事業は発展を続け、15年の歳月をかけて”コリンズウッド”と名付けられた屋敷は完成し、息子のバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)も青年に成長する。

バーナバスは、使用人の娘のアンジェリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)に愛を告げられるが、彼はそれに応えることはできなかった。

その後、両親は事故死するが、バーナバスは、呪いにより殺されたことを確信する。

やがてバーナバスは、最愛の恋人ジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート)とめぐり会い、夢のような日々を過ごす。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1760年。
リバプールからアメリカのメイン州の未開意地に移住したコリンズ一家は、水産会社を創業する。
事業は成功し、コリンズウッドという大邸宅を築いた一家の息子バーナバスは成長する。
バーナバスは、使用人のアンジェリークの愛に応えることができないまま、恋人ジョゼットと恋に落ちる。
魔女であったアンジェリークは、一家に呪いをかけてバーナバスの両親を殺害し、ジョゼットを死に追いやる。
岬から身を投げたジョゼットを追い転落死したバーナバスだったが、彼はヴァンパイアとして永遠の命を得たまま、アンジェリークにより地下に埋められる。
1972年。
導かれるように、コリンズウッドを訪ねた女性ヴィクトリアは、家長エリザベスに迎えられ家庭教師となる。
そして、約200年ぶりに復活したバーナバスは屋敷に戻り、没落した一族の復興を考えるのだが、町を支配していたアンジェリークが立ちはだかる・・・。
__________

8度目のコンビとなるティム・バートンジョニー・デップ他、豪華スター競演の超大作。
その1970年代初頭の雰囲気は、その時代に生きた者にとってはたまらない懐かしさもある。

冒頭から、いかにもという感じのティム・バートン・タッチで展開するストーリーは、他の作品に似ていても、納得できる期待感で胸膨らむ。

しかし、それ以上を求めるファンにとっては今一消化不良的な内容で、盛り上がりにも欠ける平凡な仕上がりと言ったところだろうか。

1億5000万ドルの製作費をかけた大作だが、北米興行収入は約8000万ドルとやや期待外れに終わり、全世界では、2億3400万ドルのヒットとはなった。

このコンビの前作「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)は、本作の4倍以上という全世界で10億ドルを突破するメガヒットとなった。

ジョニー・デップは、ユーモアを交えて彼らしく雰囲気抜群で主人公を演じ、彼を圧倒する場面のあるエヴァ・グリーンが、質素なイメージを払拭する、体を張った熱演を見せる。

一族の住む地に導かれる女性と、200年前の主人公の恋人役ベラ・ヒースコート、現在の一族の家長ミシェル・ファイファー、その娘クロエ・グレース・モレッツ、その従兄弟役ガリヴァー・マグラス、その父ジョニー・リー・ミラー、精神科医ヘレナ・ボナム=カーター、屋敷の使用人役ジャッキー・アール・ヘイリーレイ・シャーリー、主人公の父親イヴァン・ケイ、漁師のクリストファー・リー、保安官ウィリアム・ホープ、そして、アリス・クーパーが、40年前の本人役で登場するのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020