4130 Movies

ワイルド・エンジェル The Wild Angels (1966)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

B級映画の帝王ロジャー・コーマンが、1960年代半ばの混沌とする社会を背景に、無法者バイカー集団の反体制的行動をストレートに描く、主演ピーター・フォンダナンシー・シナトラブルース・ダーンマイケル・J・ポラードダイアン・ラッド共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ロジャー・コーマン
製作:ロジャー・コーマン
脚本
チャールズ・B・グリフィス

ピーター・ボグダノヴィッチ(クレジットなし)
撮影:リチャード・ムーア

編集:モンテ・ヘルマン
音楽:マイケル・カーブ

出演
ヘヴンリー・ブルース:ピーター・フォンダ

マイク“モンキー”:ナンシー・シナトラ
ジョー“ルーザー”カーンズ:ブルース・ダーン
ピグミー:マイケル・J・ポラード
ゲイシュ:ダイアン・ラッド
マンマ・モナハン:ジョーン・ショウリー
牧師:フランク・マクスウェル

アメリカ 映画
配給 アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ

1966年製作 86分
公開
北米:1966年7月20日
日本:1970年6月12日
製作費 $360,000
北米興行収入 $14,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア
無法バイカー集団”エンジェルス”のリーダー、ヘヴンリー・ブルース(ピーター・フォンダ)は、仲間のジョー“ルーザー”カーンズ(ブルース・ダーン)の職場に向かう。

ブルースは、ルーザーの盗まれたバイクがメッカで見つかったことを知らせる。

職場をクビになったルーザーと共に、彼の恋人ゲイシュ(ダイアン・ラッド)の元に戻ったブルースは、恋人マイク“モンキー”(ナンシー・シナトラ)や仲間達を集めてメッカに向かう。

途中マイクらと別れ、現地に着いたブルースらは、メキシコ人のグループがバイクを盗んだ証拠を見つけ、彼らと乱闘になる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア
バイカーの暴走集団”エンジェルス”のリーダー、ヘヴンリー・ブルースは、盗まれたバイクが見つかったことを、仲間のルーザーに知らせる。
恋人マイクらと共に、ルーザーのバイクを取り戻しにメッカに向かったブルースらは、メキシコ人グループと乱闘を始める。
警官に気づかれ、その場を離れたブルースらだったが、ルーザーが警官のバイクで逃走し、銃弾を受けて逮捕されてしまう。
重傷を負ったルーザーを、病院から連れ出そうとしたブルースらは、何とかそれに成功する。
しかし、連れ戻したルーザーは、様態が悪化して死亡し、ブルースらは、彼の葬儀をすることを考える。
警察の捜査が始まる中、教会と牧師を手配して、葬儀を始めたブルースらだったが・・・。
__________

既に20年近い歴史のあったバイカー・ギャングの”ヘルズ・エンジェルズ”をモデルにした、無法者バイカー集団の暴挙は、荒廃したアメリカ社会の象徴とも言える。

暴力や犯罪はエスカレートし、神への冒涜や死者を粗末に扱う描写など、この時代としてはかなり過激ではなかっただろうか。

刺激的な内容の本作は、36万ドルの低予算作品にも拘らず、北米のみで約1400万ドルのヒットとなった。

イージー・ライダー」(1969)は、それを遥かに上回る。
製作費 $340,000
北米 $41,728,600
世界 $60,000,000

ヴェネツィア国際映画祭”で、ロジャー・コーマンが金獅子賞にノミネートされた。

また、ピーター・ボグダノヴィッチが、クレジットなしで脚本に参加している。

今観ると、どうしても3年後の「イージー・ライダー」(1969)のイメージを拭い去れないバイカー集団のリーダー、ピーター・フォンダ、その恋人、フランク・シナトラの娘ナンシー・シナトラ、仲間のブルース・ダーン、その恋人で当時の彼の妻ダイアン・ラッド、仲間のマイケル・J・ポラードビリー・ワイルダー作品などでもお馴染みのジョーン・ショウリー、牧師のフランク・マクスウェルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020