4846 Movies

ダラス Dallas (1950)

新任の連邦保安官に協力しながら家族を殺した悪党への復讐を考える元南軍兵の戦いを描く、監督スチュアート・ヘイスラー、主演ゲイリー・クーパールース・ローマンスティーヴ・コクランレイモンド・マッセイリーフ・エリクソン他共演の西部劇。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


西部劇


スタッフ キャスト
監督:スチュアート・ヘイスラー
製作:アンソニー・ヴェイラー
脚本:ジョン・ツイスト
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:クラレンス・コルスター
音楽:マックス・スタイナー

出演
ブライド”レブ”ホリスター:ゲイリー・クーパー
アントニア”トニア”ロブレス:ルース・ローマン
ブライアント・マーロウ:スティーヴ・コクラン
ウィル・マーロウ:レイモンド・マッセイ
フロー:バーバラ・ペイトン
マーティン・ウェザビー連邦保安官:リーフ・エリクソン
ドン・フェリペ・ロブレス:アントニオ・モレノ
マット・コールター:ジェローム・コーワン
ワイルド・ビル・ヒコックリード・ハドリー
ハーパー判事:ウィル・ライト
ルイス・ロブレス:ギル・ドナルドソン
市民:アル・ファーガソン(クレジットなし)
市民:フィロ・マッカロー(クレジットなし)
市民:ジャック・モア(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1950年製作 94分
公開
北米:1950年12月30日
日本:1951年12月14日
製作費 $1,390,000
北米興行収入 $2,765,000
世界 $4,490,000


ストーリー
テキサス州、ダラス
ボストンから到着したマーティン・ウェザビー(リーフ・エリクソン)は、連邦保安官として赴任することになっていた。
南軍兵士のブライド”レブ”ホリスター(ゲイリー・クーパー)は、家族を殺害して家を焼いた一団に復讐を考え、お尋ね者となっていた。
ワイルド・ビル・ヒコックリード・ハドリー)に会おうとしたマーティンは、レブが彼に撃たれたために驚く。
マーティンに遺体を運ぶよう指示したヒコックは、友人であるレブの死を偽装して逃がしたのだった。
東部出身の頼りないマーティンと身分を交換したレブは、連邦保安官に扮して、家族を殺したと思われる悪党のウィル・マーロウ(レイモンド・マッセイ)と弟ブライアント(スティーヴ・コクラン)に探りを入れようとする。
マーティンと共に彼の婚約者アントニア”トニア・ロブレス(ルース・ローマン)の元に向かったレブは、彼女の父親である牧場主ドン・フェリペ(アントニオ・モレノ)に歓迎される。
いきなりレブにキスされたトニアは戸惑い、連邦保安官に扮している彼とマーティンから事情を聞く。
レブは美しいトニアに惹かれてしまい、彼女も心揺れ動くのだが・・・。


解説 評価 感想

監督スチュアート・ヘイスラーゲイリー・クーパールース・ローマンスティーヴ・コクランレイモンド・マッセイリーフ・エリクソンらが共演した作品。

新任の連邦保安官に協力しながら、家族を殺した悪党への復讐を考える元南軍兵の戦いを描く西部劇。

ジョン・フォードと共に「ハリケーン」(1937)を監督した(クレジットなし)スチュアート・ヘイスラーが演出した作品で、南北戦争後の混乱期を舞台に、ユーモアをまじえ、西部劇ならではの追跡シーンやアクションも楽しめる、テクニカラーの美しい映像なども注目の娯楽作品。

マックス・スタイナーの軽快な音楽も印象に残る。

50歳を手前にやや老けが気になるゲイリー・クーパーだが、家族を殺されたことで復讐を考える元南軍兵を熱演し、画面狭しと大活躍する。
しかし、逞しさが感じられないコスチュームはよろしくない。

主人公と惹かれ合う牧場主の娘で美しさ際立つルース・ローマン、主人公の家族を殺した悪党レイモンド・マッセイ、その弟スティーヴ・コクラン、その仲間バーバラ・ペイトン、主人公に協力する連邦保安官リーフ・エリクソン、ヒロインの父親である牧場主アントニオ・モレノ、その息子ギル・ドナルドソン、市民のジェローム・コーワンワイルド・ビル・ヒコックリード・ハドリー、判事のウィル・ライト、市民のアル・ファーガソンフィロ・マッカロージャック・モアなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022