4545 Movies

ハリケーン The Hurricane (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

妻に会いたい一心で脱獄した南海の島の青年と人々が遭遇する巨大ハリケーンの脅威を描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督ジョン・フォード、主演ドロシー・ラムーアジョン・ホールメアリー・アスターC・オーブリー・スミストーマス・ミッチェルレイモンド・マッセイジョン・キャラダイン他共演のアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督
ジョン・フォード

スチュアート・ヘイスラー(クレジット無し)
製作:サミュエル・ゴールドウィン

原作
ジェームズ・ノーマン・ホール

チャールズ・ノードホフ
”The Hurricane”
脚本
オリヴィア・H・P・ギャレット
ダドリー・ニコルズ

撮影:バート・グレノン
編集:ロイド・ノスラー
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
マラマ:ドロシー・ラムーア

テランギ:ジョン・ホール
ジャーメイン・デ・ラージュ:メアリー・アスター
ポール神父:C・オーブリー・スミス
ケルサン:トーマス・ミッチェル
ユージーン・デ・ラージュ:レイモンド・マッセイ
刑務所長:ジョン・キャラダイン
ネイグル船長:ジェローム・コーワン
メヘヴィ:アル・キクメ
マコ:レイン・トムJr.

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1937年製作 110分
公開
北米:1937年11月9日
日本:1938年12月15日
製作費 $2,000,000


アカデミー賞 ■
第10回アカデミー賞
・受賞
録音賞
・ノミネート
助演男優(トーマス・ミッチェル)
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
太平洋
客船で旅を続けるケルサン医師(トーマス・ミッチェル)は、目前に見える荒れ果てた島”マヌクラ”を眺めながら、寄り添う女性客に、かつてはあの場所ほど緑の美しい島はなかったと語り魅惑の楽園を懐かしく想う。

島に向かって投げキスをしたケルサンは、通る度にすることだと言って、ハリケーンの通過する場所だったことが問題だったと呟く・・・。
__________

フランス領、マヌクラ島。
現地を厳しく統治する総督ユージーン・デ・ラージュ(レイモンド・マッセイ)は、カヌーを盗んだ青年を罰しようとする。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

ジェームズ・ノーマン・ホールチャールズ・ノードホフの原作”The Hurricane”を基に製作された作品。
(出演者ジョン・ホールは、ジェームズ・ノーマン・ホールの甥)

*(簡略ストー リー)
太平洋フランス領、マヌクラ島。
部族長の娘マラマと結婚した島の青年テランギは、一等航海士としてスクーナー”カトプア”で出航する。
タヒチに着いたテランギは、クラブで白人に侮辱されて殴ってしまい、6か月の懲役刑となる。
マラマに会いたい一心のテランギは脱獄を繰り返し、延長された刑は16年になってしまう。
島の総督デ・ラージュは、人々に慕われるテランギを救うべきだという医師ケルサンや妻ジャーメインの意見を聞き入れず、法に従い職務を果たそうとする。
その頃、再び脱獄して漂流し、島のポール神父に救われたテランギは、遂にマラマの元に戻ることができる。
生れた娘と共に幸せを実感するテランギだったが、デ・ラージュに追われることは確実であり逃げることを考える。
危険が迫るテランギは脱出の準備を始めるのだが、巨大ハリケーンが島に襲い掛かる・・・。
__________

原題が”ハリケーン”であるため、クライマックスでのその映像が売り物の作品ではあるが、スペクタクルがなくとも人間ドラマ的に十分に楽しめる、流石にジョン・フォードの演出だと感じさせる深いドラマでもある。

従順な性格でもある青年の逞しく勇気ある行動と共に、愚かな人間の心を正すものとして、凄まじい”ハリケーン”の脅威が登場するという設定は、それが神の怒りにも思えるところがポイントだ。

罪なき者まで容赦なく犠牲になる様を見せながら、新たな考えを学ばなければ進歩はあり得ないという、人類への警鐘を感じさせる内容ともなっている。

1930年代としては破格の製作費200万ドルをかけただけあり、荒れ狂う波、雨風の猛威を映し出す驚異の映像の迫力は見事な仕上がりだ。

第10回アカデミー賞では録音賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(トーマス・ミッチェル)
作曲賞

本作の役柄としては正に適役、エキゾチックな美しさと魅力で族長の娘を演ずるドロシー・ラムーア、その夫役として主役と言っていい存在である、妻に会うために脱獄を繰り返す青年ジョン・ホール、行政官の仕事に徹する夫(レイモンド・マッセイ)の考えに従うしかない立場のメアリー・アスター、思慮深い島の神父C・オーブリー・スミス、総督に自らの考えを意見し続ける医師を好演するトーマス・ミッチェル、刑務所長ジョン・キャラダイン、船長ジェローム・コーワン、部族長アル・キクメ、島の少年レイン・トムJr.などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021