4452 Movies

足ながおじさん Daddy Long Legs (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1912年に発表された、ジーン・ウェブスターの小説”あしながおじさん”を基に製作された作品。
孤児の少女の後見人になった大富豪と美しく成長した少女との恋を描く、監督ジーン・ネグレスコ、主演フレッド・アステアレスリー・キャロンテリー・ムーアセルマ・リッターフレッド・クラーク他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ジーン・ネグレスコ

製作:サミュエル・G・エンゲル
原作:ジーン・ウェブスターあしながおじさん
脚本
フィービー・エフロン
ヘンリー・エフロン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ウィリアム・レイノルズ
美術・装置
ライル R. ウィーラー
ジョン・デキュアー
ウォルター・M・スコット
ポール・S・フォックス
音楽
アルフレッド・ニューマン
シリル・J・モックリッジ

出演
ジャーヴィス・ペンドルトン三世/ジョン・スミス:フレッド・アステア
ジュリー・アンドレ:レスリー・キャロン
リンダ・ペンドルトン:テリー・ムーア
アリシア・プリチャード:セルマ・リッター
グリッグス:フレッド・クラーク
サリー・マクブライド:シャーロット・オースティン
アレクザンダー・ウィリアムソン大使:ラリー・キーティング
ガートルード・ペンドルトン:キャスリン・ギヴニー
ジミー・マクブライド:ケリー・ブラウン
本人:レイ・アンソニー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1955年製作 126分
公開
北米:1955年5月4日
日本:1955年9月14日
製作費 $2,600,000


アカデミー賞
第28回アカデミー賞

・ノミネート
ミュージカル映画音楽・歌曲・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、ペンドルトン・ハウス。
一般公開されている屋敷で暮らす、先代とは違い型破りな億万長者ジャーヴィス・ペンドルトン三世(フレッド・アステア)は、アシスタントのグリッグス(フレッド・クラーク)の小言も気にせず、気ままな日々を送っていた。

国務省の依頼で使節団に加わりフランスに向かったペンドルトンは、田舎道のぬかるみで車が立ち往生してしまう。

歩いて家を探したペンドルトンは、途中にあったジャンヌ・ダルク孤児院に着き、電話を借りようとする。

院長を待つペンドルトンは、庭で子供たちの世話をする少女ジュリー・アンドレ(レスリー・キャロン)が気になる。

院長サヴァンヌに歓迎されたペンドルトンは、電話はないと言われ、修理工場もない上に、村には車が1台しかないことを知る。

第一次大戦時代の車を借りることになったペンドルトンは、ジュリーのことを院長に尋ね、孤児だった彼女を18年間育てたことを知り、子供の扱いがうまいことに感心する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
大富豪のジャーヴィス・ペンドルトン三世は、使節としてフランスを訪問した際、たまたま立ち寄った孤児院で、18歳の少女ジュリーが、子供たちの世話をする姿を見て感心する。
友人であるアメリカ大使ウィリアムソンの協力を得て、ジュリーの後見人になることを決めたペンドルトンだったが、彼女が18歳であることが疑問視される。
そこでペンドルトンは、匿名でジュリーを支援することにして、彼女をマサチューセッツ州のウォルストン大学に入学させることにする。
アメリカに到着して大学に入学したジュリーは、後見人”ジョン・スミス”を父と思い、月に一度、手紙を書くことを義務付けられ、その約束を守るのだが・・・。
__________

世界中で愛されるジーン・ウェブスターの小説”あしながおじさん”を基に製作された作品。

本作は、フレッド・アステアのフランスをテーマにした3作品の最初の作品として知られている。
*他2作
パリの恋人」(1957) 「絹の靴下」(1957)

また、本作は20世紀FOX作品なのだが、明らかに「巴里のアメリカ人」を意識した”MGM風”のミュージカルである。

第28回アカデミー賞では、ミュージカル映画音楽、歌曲、美術賞にノミネートされた。

持ち味を活かした演技で大富豪を演ずるフレッド・アステアと、後見人である彼との恋が芽生えるヒロインのレスリー・キャロンのパフォーマンスは見事なのだが、それに頼り過ぎているジーン・ネグレスコの単調な演出が気になる。

主人公の姪でヒロインの学友テリー・ムーア、主人公の秘書でヒロインの気持ちの理解者セルマ・リッター、主人公のアシスタント、フレッド・クラーク、ヒロインの学友シャーロット・オースティン、その兄でヒロインと付き合うケリー・ブラウン、主人公の友人であり、ヒロインをアメリカに向かわせる駐フランス・アメリカ大使のラリー・キーティング、主人公の義姉キャスリン・ギヴニー、大学のダンスパーティーのバンドとして登場する本人役のレイ・アンソニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021