4380 Movies

アドレナリン Crank (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

毒を投与された殺し屋が、興奮し続けることで生きられることを知り復讐を果たすまでを描く、製作、監督、脚本マーク・ネヴェルダインブライアン・テイラー、主演ジェイソン・ステイサムエイミー・スマートホセ・パブロ・カンティーロ他共演のアクション・ブラック・コメディ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督

マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
製作
トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェシ
リチャード・ライト
製作総指揮
デヴィッド・ルービン
エリック・リード
マイケル・パセオネック
ピーター・ブロック
脚本
マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
撮影:アダム・ビドル
編集:ブライアン・バーダン
音楽:ポール・ハスリンガー

出演
シェブ・チェリオス:ジェイソン・ステイサム
イヴ・リドン:エイミー・スマート
リッキー・ヴェローナ:ホセ・パブロ・カンティーロ
アレックス・ヴェローナ:ジェイ・エクスカーラ
ドン・キム:キーオニー・ヤング
カリート:カルロス・サンス
ケイロ:エフレン・ラミレッツ
ドク・マイルズ:ドワイト・ヨーカム
オーランド:レノ・ウィルソン
医師:グレン・ハワートン
チョコレート:ヴァレリー・レイ・ミラー
薬局の青年:チェスター・ベニネトン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2006年製作 88分
公開
北米:2006年9月1日
日本:2007年7月7日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $27,829,870
世界 $42,931,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
ある朝、目覚めたものの最悪な気分のシェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、DVDの映像メッセージに気づく。

イギリス人の殺し屋チェリオスは、宿敵のリッキー・ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティーロ)が、自分に薬物を注射する映像を確認する。

ハイテクの中国製、最新合成毒物だと言うヴェローナは、1時間しか命が持たないと言って、ドン・キム(キーオニー・ヤング)を始末したからだと伝える。

映像を見終り怒りがこみ上げたチェリオスは、叫び声を上げてテレビを叩き壊し、アパートを出て車で走り去る。

恋人のイヴ・リドン(エイミー・スマート)に電話をしたチェリオスは、メッセージに変わったためにドク・マイルズ(ドワイト・ヨーカム)に連絡する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
殺し屋のシェブ・チェリオスは、眠っている間に宿敵ヴェローナに毒を投与される。
1時間で死ぬと言われたチェリオスは、恋人のイヴや医師のマイルズに連絡を取りながら、ヴェローナを捜そうとする。
症状をマイルズに知らせたチェリオスは、アドレナリンを分泌させ続けることが必要だと言われ、興奮状態を維持したために街で騒ぎを起こす。
その後、イヴに危険が迫ることを知ったチェリオスは、彼女を連れながらヴェローナを追うのだが・・・。
__________

毒薬を投与され1時間の命と言われた男がとる異常行動を描く内容で、ブラック・コメディであるためリアリティはなく、いい意味で滑稽なシーンも多いニヤケてしまうところがまたいい、面白い仕上がりになっている。

2009年、続編の「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」が公開された。

ノンストップで繰り広げられるアクション、犯罪社会の残虐性、更には性描写も過激な、デビュー作となる製作、監督、脚本を兼ねるマーク・ネヴェルダインブライアン・テイラーのシャープな演出が冴える、派手な内容の見所満載の作品。

いつものニヒルさに加え、極限状態にあるため、ハイテンションで暴れまわる主演のジェイソン・ステイサムは、個性を生かした男臭い演技で画面を圧倒する。

主人公の恋人で、能天気でキュートな雰囲気がいいエイミー・スマート、主人公に毒を投与する宿敵のギャング、ホセ・パブロ・カンティーロ、その弟ジェイ・エクスカーラ、香港マフィアのドン、キーオニー・ヤング、主人公のボス、カルロス・サンス、女装趣味の主人公の仲間エフレン・ラミレッツ、主人公に協力する医師ドワイト・ヨーカム、その助手ヴァレリー・レイ・ミラー、ギャングのレノ・ウィルソン、医師グレン・ハワートン、薬局の青年チェスター・ベニネトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021