4383 Movies

アドレナリン:ハイ・ボルテージ Crank: High Voltage (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に公開された「アドレナリン」の続編。
強靭な心臓を奪われた殺し屋が、人工心臓を埋め込まれたまま自分の心臓を追い取り戻すまでを描く、製作、監督、脚本マーク・ネヴェルダインブライアン・テイラー、主演ジェイソン・ステイサムエイミー・スマートクリフトン・コリンズJr.デヴィッド・キャラダイン他共演のアクション・ブラック・コメディ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督

マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
製作
トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェシ
スキップ・ウィリアムソン
リチャード・ライト
製作総指揮
マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
エリック・リード
デヴィッド・ルービン
マイケル・パセオネック
ピーター・ブロック
マイケル・デイヴィス
脚本
マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
撮影:ブランドン・トゥロスト
編集:フェルナンド・ヴィレナ
音楽:マイク・パットン

出演
シェブ・チェリオス:ジェイソン・ステイサム
イヴ・リドン:エイミー・スマート
エル・ウロン:クリフトン・コリンズJr.
ヴィーナス:エフレン・ラミレッツ
リア:バイ・リン
プーン・ドン:デヴィッド・キャラダイン
ドク・マイルズ:ドワイト・ヨーカム
ダーク・チョコレート:ジュラン・チディ・ヒル
リッキー・ヴェローナ:ホセ・パブロ・カンティーロ
オーランド:レノ・ウィルソン
ドン・キム:キーオニー・ヤング
ジョニー・ヴァン:アート・シュー
チコ:ジョセフ・ジュリアン・ソリア
ランディ:コリー・ハイム
カレン・チェリオス:ジェリ・ハリウェル
精神科医:ローレン・ホリー
医師:グレン・ハワートン
フィッシュ・ハルマン:ジョン・デランシー

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2009年製作 96分
公開
北米:2009年4月17日
日本:2009年9月26日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $13,684,250
世界 $34,560,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
毒薬投与事件で復讐を果たし、ヘリコプターから落下した殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、路上の車がクッションになり九死に一生を得る。

チャオニーズ・マフィアに連れ去られたチェリオスは手術を受け、心臓を摘出される。

毒薬の死の危機を回避した強靭なチェリオスの心臓は、ある人物に移植されることになる。

代わりにチェリオスの体に埋め込まれたのは、バッテリー式の人工心臓だった。

それを知ったチェリオスはその場から逃れ、恋人のイヴ・リドン(エイミー・スマート)に電話をするものの、その番号は使われていなかった。

男達を数人殺し、心臓を所持する男ジョニー・ヴァン(アート・シュー)の居場所を知ったチェリオスは、車を奪ってその場に向かおうとする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
毒を投与された事件で復讐を果たし、ヘリコプターから落下した殺し屋シェブ・チェリオスは九死に一生を得る。
チャイニーズ・マフィアの長老プーン・ドンは、毒に耐えた強靭なチェリオスの心臓を摘出して移植することを考える。
心臓を摘出されたチェリオスは、人工心臓を埋め込まれたことを知り、その場を脱出する。
医師マイルズに電話をして状況を説明したチェリオスは、体の帯電を維持しながら、自分の心臓を持ち去ったチャイニーズ・マフィアのジョーを追うのだが・・・。
__________

毒薬を投与された前作「アドレナリン」(2006)では、アドレナリンを分泌させるために興奮状態を保ち続けた主人公が、今回は、人工心臓を動かすための電流を得るために苦労しながら、過激な行動を繰り広げる内容になっている。

本作はアドレナリンとは全く関係ない物語なのだが、前作でそれを邦題にしてしまったため、使わざるを得なかったということなのだろう。

それはともかく、人工心臓を動かす電流のチャージが必要という状況下での主人公の行動は、前作を上回りパワーアップしている。

また、セックス・シーンや残虐シーンなどもお構いなしに登場する描写はかなり過激だ。

前作同様、絶命寸前の主人公が生存している様子で終わるラストだけに、次回作の製作も期待される。

前回の危機を上回る状況に追い込まれながら、目的を果たす殺し屋を熱演するジェイソン・ステイサム、その恋人のエイミー・スマート、殺された兄弟の復讐のため主人公を追うプエルトリコ系マフィアのボス、クリフトン・コリンズJr.、前作では殺された兄を演じたエフレン・ラミレッツ、主人公に付きまとう売春婦バイ・リン、主人公の心臓を移植するチャイニーズ・マフィアの長老デヴィッド・キャラダイン、主人公に協力する医師ドワイト・ヨーカム、その助手ジュラン・チディ・ヒル、ホセ・パブロ・カンティーロ、主人公に加勢する、前作にも登場したギャングのレノ・ウィルソン、前作で主人公の宿敵を演じ、本作では首だけが登場するホセ・パブロ・カンティーロ、チャイニーズ・マフィアのボス、キーオニー・ヤング、チャイニーズ・マフィアのギャング、アート・シュー、エル・ウロン(クリフトン・コリンズJr.)の手下ジョセフ・ジュリアン・ソリア、イヴ(エイミー・スマート)と付き合っていた男コリー・ハイム、少年時代の主人公の母親ジェリ・ハリウェル、精神科医のローレン・ホリー、彼女のセラピーを受ける、前作で主人公に脅される医師グレン・ハワートン、ニュース・キャスターのジョン・デランシー、などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021