4311 Movies

コピーキャット Copycat (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

有名な殺人鬼の犯行を模倣する事件解決のため協力を求められた犯罪心理分析学者に襲い掛かる恐怖を描く、監督ジョン・アミエル、主演シガニー・ウィーバーホリー・ハンターダーモット・マローニーハリー・コニックJr.ウィリアム・マクナマラウィル・パットン他共演の心理スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・アミエル

製作
アーノン・ミルチャン
マーク・ターロフ
製作総指揮:ジョン・フィードラー
脚本
アン・ビダーマン
デヴィッド・マドセン
撮影:ラズロ・コヴァックス
編集
アラン・ハイム
ジム・クラーク
音楽:クリストファー・ヤング

出演
ヘレン・ハドソン:シガニー・ウィーバー
M.J.モナハン刑事:ホリー・ハンター
ルーベン・ゲッツ刑事:ダーモット・マローニー
ダリル・リー・カラム:ハリー・コニックJr.
ピーター・フォーリー:ウィリアム・マクナマラ
トーマス・クイン警部補:J・E・フリーマン
ニコレッティ刑事:ウィル・パットン
アンディ:ジョン・ロスマン
スーザン・シファー:シャノン・オハーリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1995年製作 123分
公開
北米:1995年10月27日
日本:1996年3月16日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $32,051,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
犯罪心理分析学者ヘレン・ハドソン(シガニー・ウィーバー)は、大学での講演を終え、警官に付き添われてトイレに向かう。

女性一人が使用中であることを確認した警官は、異常がないことをヘレンに伝えて外で待つ。

その女性に扮していた、かつてヘレンが担当した殺人鬼ダリル・リー・カラム(ハリー・コニックJr.)は、彼女に襲い掛かり首にワイヤーをかける。

異常に気づいた警官は中に入り、首を吊られて苦しむヘレンを確認するものの、ダリルに銃を奪われ首を切られて射殺される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ

犯罪心理分析学者ヘレン・ハドソンは、かつて担当した殺人鬼ダリルに襲われたことがトラウマとなり”広場恐怖症”で家に閉じこもる日々を送っていた。
同じ頃、連続殺人事件が起き、情報提供者のヘレンに会った刑事M.J.とルーベンは彼女に協力を求める。
講演で自分が名をあげた有名な殺人鬼の犯行に似ていることに気づいたヘレンは、犯人はそれを模倣する”コピーキャット”であると考える。
収監中のダリルがそれに関係していることも考えながら、ヘレンはM.J.とルーベンと共に犯人を追うのだが・・・。
__________

殺人鬼に襲われたことで”広場恐怖症”となった犯罪心理分析学者が警察から協力を求められ、恐怖に怯えながら連続殺人事件を解決するまでを描く心理スリラー。

ジャック・サマースビー」(1993)などで知られるイギリス人監督ジョン・アミエルが、実力派スター競演で描いた話題作。

猟奇殺人事件を扱う内容としては平凡なのだが、犯人が、実在した殺人鬼の犯行手口を模倣する展開は興味深く、それを陰で操るような知能犯の殺人鬼も、インパクトのある存在として大きな役割を果たしていることにも注目したい。

また、インターネット黎明期である当時の技術が、捜査に役立つ描写なども、今見るとかえって新鮮でなかなか面白い。

主演のシガニー・ウィーバー、襲われたことがトラウマとなり”広場恐怖症”に苦しむ犯罪心理分析学者を熱演し、連続殺人事件の捜査を担当し、主人公の協力を得て事件を解決する刑事役ホリー・ハンターの好演が光る。

命を落とすM.J.(ホリー・ハンター)の同僚ダーモット・マローニー、主人公と関係する殺人鬼を怪演するハリー・コニックJr.、かつての殺人鬼の犯行を模倣する犯人のウィリアム・マクナマラ、事件の捜査責任者である警部補のJ・E・フリーマン、その部下でM.J.に惹かれる刑事のウィル・パットン、主人公の助手であり友人のジョン・ロスマン、テレビ・レポーターのシャノン・オハーリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020