4238 Movies

シンデレラマン Cinderella Man (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

どん底の生活を体験し、勝ち目のない戦いを何度もものにして、”シンデレラマン”という異名を持つ、伝説の元ヘビー級チャンピオン、ジェームス・J・ブラドックが世界王者になるまでの苦悩を描く、監督ロン・ハワードラッセル・クロウレネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ共演の感動の ヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロン・ハワード

製作総指揮:トッド・ハロウェル
製作
ブライアン・グレイザー
ロン・ハワード
ペニー・マーシャル
脚本
アキヴァ・ゴールズマン
クリフ・ホリングワース
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
編集
マイク・ヒル
ダニエル・P・ハンリー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ラッセル・クロウジェームス・J・ブラドック
レネー・ゼルウィガー:メイ・ブラドック
ポール・ジアマッティジョー・グールド
パディ・コンシディン:マイク・ウィルソン
クレイグ・ビアーコマックス・ベア
ブルース・マッギル:ジミー・ジョンストン
クリント・ハワード:ハリー/レフェリー

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
ミラマックス/ブエナビスタ(世界)
2005年製作 144分
公開
北米:2005年6月3日
日本:2005年9月17日
製作費 $88,000,000
北米興行収入 $61,644,320
世界 $108,521,910


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優(ポール・ジアマッティ)
編集・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1928年11月30日、マディソン・スクエア・ガーデン
ボクシング、ライト・ヘビー級のジェームス・J・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、10連続KO勝ちをして次期チャンピオンの呼び声も高かった。

マネージャーのジョー・グールド(ポール・ジアマッティ)は、大金を稼ぎ出したブラドックに分け前を渡して、彼を自宅に送る。

妻メイ(レネー・ゼルウィガー)も、夫ブラドックを誇りに思い、幸せな生活が続いていた。

1933年9月25日、大恐慌から4年目。
ブラドックは、試合で右手を傷めたのがきっかけで負けが続くようになり、たちまちどん底の生活を送ることになってしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
どん底の生活を体験し、勝ち目のない戦いを何度もものにして、”シンデレラマン”という異名を持つ、伝説の元ヘビー級チャンピオン、ジェームス・J・ブラドックが、世界王者になるまでの苦悩を描いた感動の ヒューマン・ドラマ。

*(簡略ストーリー)
世界戦も狙える勢いの、前途有望なボクサー、ジェームス・J・ブラドックは、手の怪我がきっかけで勝利から見放され、大恐慌の不況も重なり、極貧生活を送っていた。
妻メイや子供との生活を維持するために、怪我を押して試合を続けたブラドックは、惨めな試合を非難され、ライセンスも剥奪されてしまう。
ドンの底のブラドックは、妻メイやマネージャーのグールドに支えながらチャンスを掴み、ついに世界戦に挑戦することになる。
そしてブラドックは、家族や貧しい人々のために、命を懸けた戦いに挑む・・・。
__________

お馴染みのコンビ、ロン・ハワードブライアン・グレイザーが組んだ、 製作費8800万ドルをかけた大作。

第78回アカデミー賞では、助演男優(ポール・ジャマッティ)、編集、メイクアップ賞にノミネートされた。

単なるボクシング映画ではなく、その人間味溢れる人柄と闘争心で、大恐慌時代の貧しい人々に多くの希望を与えた、ジム・ブラドック自身と家族の苦悩を描いた、ロン・ハワードらしい、ドラマチックな演出が見所の作品でもある。

トーマス・ニューマンの、心洗われる美しい音楽も心に残る。

ジム・ブラドックを演ずるラッセル・クロウは、逞しい肉体は維持しながら、メイクとはいえ、貧困に苦しむやつれた男の表情が、時折、別人のように見えるのが印象的だ。
(顔だけがスリムになっているようにも見える)

妻役のレネー・ゼルウィガーは、死を覚悟してまで戦おうとする夫を理解し、リングに送り出すシーンの力強さや、貧しいながらも献身的に夫を支える抑えた演技が素晴らしい。

旧友を見捨てず、二人三脚で世界戦を制する、アカデミー助演賞候補にもなったポール・ジアマッティの好演も光る。

強かなプロモーター、ブルース・マッギルの演技も迫力十分だ。

主人公の港湾労働者仲間パディ・コンシディン、殺人平気のようなチャンピオン、マックス・ベア役のクレイグ・ビアーコ、兄R・ハワード作品の常連、お馴染みクリント・ハワードもレフェリー役で共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020