That's Movie Talk!     4098 Movies

勇者たちの戦場 Home of the Brave (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ国内で大きな問題になっている心的外傷後ストレス障害に苦しむ帰還兵の苦悩を描く、原案、製作、監督アーウィン・ウィンクラー、主演サミュエル・L・ジャクソンジェシカ・ビールブライアン・プレスリーカーティス・ジャクソンクリスティーナ・リッチ他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト
監督:アーウィン・ウィンクラー
製作
アーウィン・ウィンクラー
ジョージ・ファーラ
アヴィ・ラーナー
製作総指揮
ボアズ・デヴィッドソン
ダニー・ディムボート
ジョン・トンプソン
ランドール・エメット
トレヴァー・ショート
原案
マーク・フリードマン
アーウィン・ウィンクラー
脚本:マーク・フリードマン
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:クレイトン・ハルシー
音楽:スティーヴン・エンデルマン

出演
サミュエル・L・ジャクソン中佐:ウィリアム”ウィル”マーシュ軍医
ジェシカ・ビール:ヴァネッサ・ブライス
ブライアン・プレスリー:トミー・イエーツ
カーティス・ジャクソン/50セント:ジャマール・アイケン
ヴィクトリア・ローウェル:ペネロープ・マーシュ
サム・ジョーンズ3世:ビリー・マーシュ
クリスティーナ・リッチ:サラ・ショヴィーノ
チャド・マイケル・マーレイ:ジョーダン・オーウェンズ
ヴィト・ルギニス:ハンク・イエーツ
ジェフリー・ノーディングキャリー
ジョイス・M・キャメロン:グレイス・オウーンズ

アメリカ 映画
配給 MGM
2007年製作 106分
公開
北米:2007年5月11日
日本:2008年1月5日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $51,710
世界 $499,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アメリカ陸軍イラク駐屯部隊の軍医ウィリアム”ウィル”マーシュ中佐(サミュエル・L・ジャクソン)は、2週間後の帰国を知らされる。

母に電話をしたヴァネッサ・ブライス軍曹(ジェシカ・ビール)は、帰国することを伝える。

特技兵のトミー・イエーツ(ブライアン・プレスリー)とジャマール・アイケン(カーティス・ジャクソン)、そしてジョーダン・オーウェンズ(チャド・マイケル・マーレイ)は、人道支援でアル・ハイに医療物資を届け医師を派遣する任務に就く。

部隊は、マーシュやヴァネッサを伴いアル・ハイに到着するが、突然、武装集団からの攻撃を受ける。

トミーらは反撃するものの、複数の死傷者をだす。

ヴァネッサは、道路に置かれた犬の死体に隠された爆弾で乗っていた”ハンヴィー”が爆破され、右手を負傷してしまう。

ヴァネッサの治療をするマーシュは、動揺する彼女を励ます。

墓地で脚を撃たれたトミーは、銃撃されたジョーダンに駆け寄り救援ヘリコプターを待つものの手遅れだった。

ワシントン州、スポケーン
帰国したマーシュは、妻ペネロープ(ヴィクトリア・ローウェル)と娘のディディに迎えられるものの、息子のビリー(サム・ジョーンズ3世)は声もかけてくれない。

悲惨な戦場体験を想い出すマーシュは、幸せそうな家族の生活に溶け込めない。

その後マーシュは、ペネロープやトミー、ジャマールらと共にジョーダンの葬儀に参列する。

葬儀後、ジョーダンの恋人サラ・ショヴィーノ(クリスティナ・リッチ)と話したトミーは、恋人のモリーから別れの手紙を受け取ったことを伝える。

ジョーダンの死について考えるトミーは、国を守るために立派に戦ったとサラに伝える。

右手首を失い軍病院で手当てを受けるヴァネッサは、戦場の恐怖体験を想い怯える。

サラを訪ねてジョーダンが自分に遺した物を見せたトミーは、共に彼を想い悲しみ慰め合う。

故郷に戻ったヴァネッサは家族に歓迎され、息子のオリヴァーを抱きしめる。

帰宅したヴァネッサは、義手のために軍服のボタンを外すことができず、戦場の追ことを考えて涙してしまう

ビリーはマーシュに反抗し、ペネロープは2人の関係を気にする。

働いていたガンショップでの再雇用を断られたトミーは、自宅に近い職場を探そうとする。

ヴァネッサは、帰国を祝う家族の歓迎や、職場である高校の同僚教師キャリー(ジェフリー・ノーディング)の気遣いに対しても、素直な気持ちになれない。

戦場のことが頭から離れないマーシュは眠れず、心配するペネロープと話そうともせずに心を閉ざしてしまう。

映画館で働き始めたトミーは、イラクで同じ戦場にいたヴァネッサから声をかけられ、親友を亡くしたことを話す。

初対面同様の二人は、帰国後は薬で不安を消していると言う話などで盛り上がる。

全てが空しく感じることがあると言うトミーは、そんな時は戦場に戻りたい気持ちになるとヴァネッサに伝える。

その夜、車で出かけたトミーは、無謀な運転をする車を追いかけるものの、運転していたのが若い女性だったために何もしなかった。

高台に向かったトミーは、夜景を見ながらその場で一夜を過ごす。

父ハンク(ヴィト・ルギニス)と話したトミーは、自分も25年間、務めた警官になることを勧められる。

カウンセリングを受けようかと思うと話したトミーは、ハンクから、腰抜けと思われるので、次の職場の採用試験まで待つようにと言われる。

自分は腰抜けではないと言い残したトミーは、その場を去る。

その後、トミーは元兵士達が集まるカウンセリングに参加し、まともな社会生活を送ることができずに苦悩する戦友のジャマールと言い争い、罵り合いになりその場を去る。

義手にコンプレックスを感じるヴァネッサは、恋人のレイも避けてしまう。

気分がすぐれないマーシュは、手術の最中にその場から離れてしまう。

ヴァネッサは、気分転換のつもりでマーシュを訪ねてみることにする。

戦場で自分を救ってくれたマーシュに、ヒーローだと伝えたヴァネッサは、彼が苦しんでいることも知らずに、何でも話せるように思えた。

ヴァネッサを気遣うマーシュは、いつでも会いに来るか連絡してほしいと優しい言葉をかける。

その後、ペネロープと共に学校に呼び出されたしかしマーシュは、素行の悪いビリーが、むやみに反戦を訴えることを一方的に責める教頭の意見を聞き入れずに席を立つ。

しかしマーシュは、戦争の実態を知らずに安易な主張をするビリーと口論になる。

帰宅したマーシュはペネロープとも言い争いになり、周囲の人々とうまくコミュニケーションがとれなくなった彼は思い悩み、それを紛らすには酒に頼るしかなかった。

カウンセリングの会場の外でトミーと出くわしたマーシュは、挨拶程度の話をして彼と別れる。

マーシュは、カウンセリングに参加するのを止めてその場を去る。

思い悩むヴァネッサは、幼い息子オリヴァーを抱きしめることしかできなかった。

そんな時ジャマールは、素っ気無い態度の恋人キーシャのことなどに腹を立てて、拳銃を所持して彼女の職場に立て篭もってしまう。

それを知ったトミーがジャマールを説得しに行くものの、銃を手にするジャマールの動きを確認した警官が彼を射殺してしまう。

父ハンクの元に向かったトミーは採用試験に行かなかったことを責められ、軍に戻ることも考えていると伝える。

反論されたトミーは、戦場の実情を知らないはずだと言いながら動揺して取り乱す。

ハンクに制止されたトミーは、ジャマールを救えなかったことを後悔して泣き崩れ、自分のせいではないと言われる。

感謝祭
酒を飲んで酔い運転して帰宅したマーシュは、連れて来たメキシコ人労働者をペネロープに紹介する。

戦地のことなどを考えながら話をしたマーシュは、ビリーの唇のピアスに気づき激怒して騒いでしまう。

皆に謝罪したマーシュは二階に向かい、ペネロープは、拳銃を手にする彼に家族のことを考えるようにと伝える。

拳銃を受け取ったペネロープは、マーシュを抱きしめる。

警察の採用試験を受けたトミーだったが、途中で会場を去る。

カウンセリングで幼馴染の友人だったジョーダンの話をしたトミーは、世の中に馴染もうとしても違和感しか感じないと皆に伝える。

ペネロープに勧められたマーシュは、精神科のカウンセリングを受ける。

イラクで駐屯部隊が攻撃され悲惨な体験をしたことを話すマーシュは、誰も救うことができないと感じる時があり、胸が苦しく惨めになることを伝える。

マーシュは、何も感じない、無関心な状態になると話す。

ヴァネッサは、当初は気遣いを迷惑に思っていた同僚キャリーの家を訪ねる。

手のことなどを率直に聞くキャリーに心を開くようになったヴァネッサは、アル・ハイでの襲撃について話す。

初日に声をかけたのは手のことを気遣ったのではなく、きれいだったからだとヴァネッサに伝えたキャリーは、24歳で離婚し、子持ちで片手の女性に言う言葉ではないと言われる。

そこが魅力的だと言われたヴァネッサは、キャリーと愛し合う。

ビリーに謝罪したマーシュは自分が悪かったことを認めて、心の問題を抱えているためにペネロープと共に治療を始めたことを話し、機会があれば加わってほしいと伝える。

反戦を考える気持ちは理解すると伝えたマーシュは、それが主義か自分が従軍したせいかを問い、ビリーから両方だと言われる。

ビリーと話したことをペネロープに伝えたマーシュは、彼女との愛を確かめる。

両親に別れを告げたトミーは、戦死した仲間や戦い続ける戦友達のために部隊に戻る。

キャリーとオリヴァーと共にビリーのサッカーの試合を見に行ったヴァネッサは、マーシュからビリーを紹介され、迷うことなく右手(義手)で握手する。

基礎訓練を受け直してイラクに派遣されたトミーは、パトロールの任務に就く。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
帰国を控えたアメリカ陸軍イラク駐屯部隊の軍医ウィル・マーシュ中佐や軍曹のヴァネッサは、人道支援で医療物資を届け医師を派遣する任務に就くのだが、目的地で突然、武装集団から攻撃を受ける。
特技兵のトミーらは反撃するものの死傷者をだし、ヴァネッサは爆弾で負傷してしまう。
帰国したマーシュは、悲惨な戦場を想い出して、家族との生活に溶け込めず、兵士の死に様が頭から離れず心を閉ざしてしまう。
右手首を失ったヴァネッサは、戦場の恐怖に怯えて義手にコンプレックスを持ち、家族の歓迎や職場での労わりの言葉にも素直な気持ちになれない。
戦死した親友ジョーダンの恋人サラを慰めたトミーは、共に心を痛める。
マーシュらは、それぞれの生活の中で苦しみながらも、それを打ち消そうとして、互いの触れ合いの中で、少しずつではあるが心の安らぎを得ていくのだが・・・。
__________

アメリカのイラク派兵を非難し、特殊な者が陥る病気についてを単純に描いた作品ではない。

生活環境の違う普通の人々が、戦地での異常な体験により平穏な日常生活に順応できなくなってしまう姿を、様々な角度から描いた異色作でもある。

サミュエル・L・ジャクソン主演にも拘らず、派手なアクションでも商業映画でもなく、悩めるアメリカを率直に描いた作品であり、「ロッキー」(1976)シリーズのプロデューサー、アーウィン・ウィンクラーの製作、原案、監督の意欲作。

人の生き死には普段から接しているはずの医師でありながら、その修羅場を体験して帰国後に悩み苦しむ軍医を、サミュエル・L・ジャクソンがもの静かに演じ、実力派として深みのある演技を見せてくれる。

女性でありながら激しい戦闘に巻き込まれ、右手首を失ってしまうジェシカ・ビール、自分の生きる場所を見つけることができずに、結局は軍隊に戻る決意をするブライアン・プレスリー、その戦友で、やはり社会に順応できずに命を落とすカーティス・ジャクソン、その戦死する戦友チャド・マイケル・マーレイ、その恋人で、脇役程度の出演が残念なクリスティナ・リッチ主人公の妻ヴィクトリア・ローウェル、その息子サム・ジョーンズ3世、トミー(ブライアン・プレスリー)の父親ヴィト・ルギニス、ヴァネッサと愛し合うようになる同僚教師のジェフリー・ノーディングなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up