4216 Movies

クリスティーン Christine (1983)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1983年に発表された、スティーヴン・キング同名小説の映画化。
内気な少年に買い取られた廃車寸前の車が、持ち主と一体化して事件を起こす様を描く、監督、音楽ジョン・カーペンター、主演キース・ゴードンアレクサンドラ・ポールジョン・ストックウェル他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・カーペンター
製作
リチャード・コブリッツ
ラリー・J・フランコ

製作総指揮
カービー・マッコーリー

マーク・ターロフ
原作:スティーヴン・キングクリスティーン
脚本:ビル・フィリップス
撮影:ドナルド・M・モーガン
編集:マリオン・ロスマン
音楽
ジョン・カーペンター

アラン・ハワース

出演
アーロルド”アーニー”カニンガム:キース・ゴードン

リー・キャボット:アレクサンドラ・ポール
デニス・ギルダー:ジョン・ストックウェル
ウィル・ダーネル:ロバート・プロスキー
ラドルフ”ルディ”ジャンキンス:ハリー・ディーン・スタントン
レジーナ・カニンガム:クリスティーン・ベルフォード
ジョージ・ルベイ:ロバーツ・ブロッサム
ロザンヌ:ケリー・プレストン
ケーシー:デヴィッド・スピルバーグ
クラレンス”バディ”レパートン:ウィリアム・オストランダー
ピーター”ムーチー”ウェルチ:マルコム・ダネア

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1983年製作 110分
公開
北米:1983年12月9日
日本:1984年5月5日
製作費 $9,700,000
北米興行収入 $21,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1957年、デトロイト
真っ赤な”プリマス・フューリー”が、自動車工場で組み立てられるが、ボンネットに手を挟まれた者と、車内で葉巻の灰をシートに落とした作業員が死亡する事件が起きる。

1978年9月12日、カリフォルニア州、ロックブリッジ。
内気な高校生アーロルド”アーニー”カニンガム(キース・ゴードン)は、自動車整備室で不良グループのクラレンス”バディ”レパートン(ウィリアム・オストランダー)やピーター”ムーチー”ウェルチ(マルコム・ダネア)らに絡まれる。

アーニーの親友デニス・ギルダー(ジョン・ストックウェル)が現れ、彼に加勢して抵抗するが、結局はバディに逆恨みされる。

学校からの帰り道、アーニーはスクラップ同然の赤い”プリマス・フューリー”を見かけて、それを手に入れようとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
校内でいじめに遭う気弱で内気な高校生アーニー・カニンガムは、廃車寸前の、”クリスティーン”という名の赤い”プリマス・フューリー”を気に入り買い取ることにする。
アーニーは、クリスティーンを修理していくと同時に人が変わり始め、校内一の美女リーの心も射止めてしまう。
そんなアーニーの変貌に、親友のデニスは驚いてしまい、クリスティーンの前の持ち主が、車内で死んだことなどを知っていた彼は不吉な予感も感じる。
やがて、アーニーが車のことばかりを考えていることにリーは憤慨し、クリスティーンは彼女に嫉妬して危害を加える。
そんな時、アーニーに恨みを持つ不良少年バディらは、クリスティーンを叩き壊してしまう。
しかし、クリスティーンは自ら元通りに復元しバディらに襲い掛かる・・・。
__________

意思を持った”プリマス・フューリー”(1957年型)が、自分に危害を加える者を襲うという奇抜なアイデアを、鬼才ジョン・カーペンターが監督した異色のサスペンス・ホラー。

話の筋書き自体は単純だが、徹底的に壊された車”クリスティーン”が、自ら復元するSFX及びVFXの素晴らしさなどは注目だ。

主人公が、車の復活と共にワイルドに変貌する展開などもなかなか面白い、B級的ではあるが見所満載の作品だ。

主人公を演ずる「殺しのドレス」(1980)でも前半の気弱な少年が同じような役柄だったキース・ゴードン、恋人となるものの、変貌していく彼についていけなくなるアレクサンドラ・ポール、彼女と力を合わせて”クリスティーン”の暴挙を止める、主人公の親友ジョン・ストックウェル、修理工場オーナーのロバート・プロスキー、事件を追う刑事役のハリー・ディーン・スタントン、主人公の母親クリスティーン・ベルフォード、”クリスティーン”の持ち主ロバーツ・ブロッサム、端役ながらキュートで印象に残る学生、後のジョン・トラボルタ夫人ケリー・プレストン、不良少年ウィリアム・オストランダーマルコム・ダネア等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020