That's Movie Talk!     3934 Movies

バッドトリップ! Cedar Rapids (2011) まだ評価されていません。

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

生真面目な保険セールスマンが社運をかてけコンベンションに向かい様々な騒動を引き起こす姿を描く、エド・ヘルムズジョン・C・ライリーアン・ヘッシュシガニー・ウィーバー他共演、監督ミゲル・アルテタによるヒューマン・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ミゲル・アルテタ
製作総指揮:エド・ヘルムズ
製作
ジム・バーク

アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
脚本:フィル・ジョンストン
撮影:チューイ・チャベス

編集:エリック・キサック
音楽:クリストフ・ベック

出演
ティム・リッピ:エド・ヘルムズ

ディーン・ジーグラー:ジョン・C・ライリー
ジョーン・オストロウスキ=フォックス:アン・ヘッシュ
ロナルド・ウィルクス:イザイア・ウィットロックJr.
ビル・クログスタッド:スティーヴン・ルート
オーリン・ヘルゲソン:カートウッド・スミス
ブリー:アリア・ショウカット
メイシー・ヴァンダーヘイ:シガニー・ウィーバー
マイク・パイル:マイク・オマリー
ロジャー・レムケ:トーマス・レノン
ゲイリー:ロブ・コードリー
トレント:マイク・バービグリア

フライトアテンダント:トレイシー・マロニー
TSA係官:チャーリー・サンダース
演芸会MC:ライザ・プリドー

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2011年製作 87分
公開
北米:2011年2月11日
日本:未公開
北米興行収入 $6,857,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ウィスコンシン州、ブラウン・ヴァレー。
”ブラウンスター保険”のセールスマン、ティム・リッピ(エド・ヘルムズ)は、親子ほど年の違う恩師である教師メイシー・ヴァンダーヘイ(シガニー・ウィーバー)と関係を持っていた。

そんなティムは、社長のビル・クログスタッド(スティーヴン・ルート)から、No.1セールスマンのロジャー・レムケ(トーマス・レノン)が事故死したことを知らされる。

ティムは、連続で賞を取っている、自社を売り込むためのプレゼンをコンベンションでするようビルに命ぜられる。

”ASMI”(アメリカ相互保険協会)の賞を取る使命を受けたティムは、シーダーラピッズに向かおうとする。

空港に駆けつけたビルは、ロジャーの客を横取りしようとしたディーン・ジーグラー(ジョン・C・ライリー)には近づかないことと、ロナルド・ウィルクス(イザイア・ウィットロックJr.)の傍にいるよう伝える。

町を出ることはもちろん、飛行機に乗るのも初めてのティムは緊張する。

会場のホテルに着いたティムは、入り口でブリー(アリア・ショウカット)という女性に声をかけられるが、彼女が娼婦だとは気づかない。

チェックインしたティムは、部屋で待ち構えていたロナルドに対面する。

豪華な部屋になった代わりに、もう一人と部屋を共有することになったティムは、それがディーン・ジーグラーだと知り驚き、彼の傲慢な態度に呆れてしまう。

そして、中西部地区支部長オーリン・ヘルゲソン(カートウッド・スミス)の挨拶でコンベンションは始まる。

その後ティムは、同じ参加者のジョーン・オストロウスキ=フォックス(アン・ヘッシュ)にジムでからかわれ、彼女と簡単な会話を交わし、ロッカールームでヘルゲソンに挨拶する。

バーに向かったティムは、その場にいたディーンやジョーン、そしてロナルドらと楽しむことができずに部屋に戻る。

ティムは、戻ってきたディーンに呼ばれ、ロジャーが性的異常者だったと噂になり、代理店の賞を没収しようとする嘆願書が出回っていることを知らされる。

ディーンから、客を横取りしようとしたのは誤解だとも言われたティムは困惑する。

翌日、ビルからの連絡を受けたティムは、ディーンには近づかないようにと再び忠告される。

参加者による”宝探しレース”が開催され、ティムとジョーンは組んで、見事に日本料理店の食事券をゲットする。

食事を楽しんだ二人は夢を語り合い、ティムは父親になり子供が欲しいことを伝える。

ジョーンは、子供の写真を見せて、夫とは学生結婚であり、休暇の気分で、シーダーラピッズに来ることが夢だったことを伝える。

タレント・コンテストもあり、ジョーンがティムのエントリーをしてしまう。

皆に促されたティムは仕方なくステージに上がり、気乗りしないままで、自社を称えて歌った歌は大いに受ける。

酔ったティムらは、結婚パーティーに飛び入り参加した後、プールに入りジョーンはティムに迫る。

ヘルゲソンに見つかり注意されたため、ティムはジョーンの部屋に向かい二人は愛し合う。

翌朝、それを後悔したティムはメイシーに電話をして、昨夜のことを正直に話し、直ぐに結婚してくれと頼む。

しかし、離婚したばかりのメイシーにそのつもりはなく、彼女が何人かの男性と付き合っていることをティムは知り別れを告げられる。

ヘルゲソンから連絡を受けたビルはティムに電話を入れ、嘆願書の件もあり彼を非難し、必ず賞を取るようにと命ずる。

メイシーに捨てられ、会社もクビになりそうな状況になったティムはジョーンの部屋に戻る。

しかし、ロジャーが賞を連続受賞できたのは、ヘルゲソンに賄賂を払っていたからだと、ティムはジョーンに知らされる。

ロジャーと付き合っていたことも話したジョーンは、彼が変態でペテン師でもあると言われるが、ティムはそれを信じることができず、憤慨してその場を去る。

部屋に戻ったティムは、ディーンにロジャーの賄賂のことを話してしまう。

ディーンは、口は軽いが面倒見はいいと言って、秘密を守ることを約束する。

ヘルゲソンとの面談の時間になり、ティムは即刻、会場から去るよう指示される。

困惑するティムは、ヘルゲソンにトラベラーズチェック1500ドル分を渡す。

ヘルゲソンは態度を一変し、賞の受賞をティムに約束し、目の前で嘆願書を破り捨てる。

気落ちするティムは、ブリーに誘われてパーティーに向かうことになり、ドラッグを試してハイになる。

ディーンはティムを心配して電話をかけ、ジョーンとロナルドと共にご機嫌な彼の元に向かう。

ティムはその場にいたゲイリー(ロブ・コードリー)に因縁を付けられ、叩きのめされそうになる。

現れたディーンらはティムを捜し、ロナルドがギャングに扮して彼を救いその場から逃れる。

ブリーもティムについて行き、彼女を家に送った4人はホテルに戻る。

気落ちするティムをジョーンが慰めていたが、そこにビルが現れる。

ティムが賞を取ったお陰で会社の価値が上がり、代理店のマイク・パイル(マイク・オマリー)売却する予定だったビルは喜ぶ。

自分はミルウォーキーの支店に雇われるが、代理店が閉鎖されることを知ったティムは愕然とする。

ショックを受けたティムは、ディーンらの協力で顧客に電話をかけまくり表彰式に向かう。

賞はヘルゲソンからビルに渡されて、功労者のティムがスピーチを始める。

しかし、ティムはヘルゲソンとの面談で、賄賂を渡したことを話してしまう。

ヘルゲソンは、建て替えた金だと言ってその場から姿を消し、来年は賞に相応しい受賞者になると語り参加者に謝罪する。

買収が白紙となったビルは怒りをぶつけるが、ティムは社員を騙した彼を非難する。

ティムは、町に残り仕事を続けることと、17人の顧客には連絡済で、承諾書もあることを付け加えてビルを黙らせる。

ティムは、ディーンの提案で、ロナルドと共に夏の休暇を過ごすことを約束する。

ジョーンは、夢の時間が過ごせたことをティムに感謝してその場を去る。

ティムは、素晴らしい経験をしたことを考えながら故郷に戻る。

その後、4人は共同で代理店を始める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ウィスコンシン州、ブラウン・ヴァレー。
保険セールスマンとして真面目に働くティム・リッピは、同僚の事故死を知る。
ティムは、急遽、代役として”ASMI”(アメリカ相互保険協会)のコンベンションでプレゼンを行うことを社長ビルに命ぜられる。
町を出ることや飛行機まで初めてのティムは、緊張しながら会場入りする。
参加者で気のいいロナルドと対面したティムだったが、ビルから関わることを禁じられたディーンとも同室になってしまう。
ディーンの傲慢さに呆れながらも、仕方なく彼に付き合うディーンらは、支部長ヘルゲソンの挨拶で始まるコンベンション会場に向かう。
その後ティムは、参加者で魅力的なジョーンと親交を深める。
そんなティムは、奔放なディーンに付き合ったためトラブルを起こし、ヘルゲソンへの印象を悪くしてしまう・・・。
__________

大ヒット「ハングオーバー」(2009)シリーズで人気を得たエド・ヘルムズが、真面目が取り柄の保険セールスをはまり役で演じ、なかなかの豪華キャストも、それぞれが実に個性的に描かれている。

鬱陶しいキャラクターや下品な下ネタが多いのだが、クライマックスに向けてドラマは結構盛り上がり、爽快な感じの幕切れとなる。

是非関わりたくない迷惑男を演ずるジョン・C・ライリーが、気弱なエド・ヘルムズを圧倒するのだが、前者は終盤に向けて人情味を見せ、後者は場数を踏んで逞しくなる展開も面白い。

残念ながら拡大公開されることなく、日本では劇場未公開に終わってしまった。

やや謎めいた女で登場する、ドラマに一味加える参加者アン・ヘッシュ、温厚ではあるが頼りになる同じ参加者イザイア・ウィットロックJr.、代理店社長スティーヴン・ルート、支部長カートウッド・スミス、娼婦アリア・ショウカット、主人公と親子ほど年の差がある恋人シガニー・ウィーバー、代理店のマイク・オマリー、急死してしまうNo.1セールスマン、トーマス・レノン、あぶないパーティーのメンバーでロブ・コードリーなどが共演している。



  •  
  •  
  •  
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up