4240 Movies

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 Cats & Dogs: The Revenge of Kitty Galore (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人間社会とは異なる場所で対立する犬猫の騒動を描く、アニマル・コメディの第二弾であり3D公開された。
出演クリス・オドネルジェームズ・マースデンニック・ノルティベット・ミドラーロジャー・ムーア他


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ブラッド・ペイトン
製作総指揮
ブレント・オコナー

ブルース・バーマン
製作
ポリー・コーエン・ジョンソン

アンドリュー・ラザー
原案
ジョン・レクア

グレン・フィカーラ
脚本
ロン・J・フリードマン

スティーヴ・ベンチック
撮影:スティーヴン・B・ポスター
編集:ジュリー・ロジャース
音楽:クリストファー・レナーツ

出演
シェーン・ラーソン:クリス・オドネル

フリードリッヒ:フレッド・アーミセン
クレイジー・カーリト:ポール・ロドリゲス
チャック:ジャック・マクブレイヤー


ディッグス:ジェームズ・マースデン

ブッチ:ニック・ノルティ
ピーク:ジョー・パントリアーノ
サム:マイケル・クラーク・ダンカン
ルー:ニール・パトリック・ハリス


キャサリン:クリスティナ・アップルゲイト

キティ・ガロア: ベット・ミドラー
ポウズ:フィル・ラマール
キャリコ:ウォーレス・ショーン
Mr.ティンクルズ / キャリコ:ショーン・ヘイズ
アンガス・マクドゥーガル:マイケル・ビーティ
ダンカン・マクドゥーガル:ジェフ・ベネット
タブ・レーゼンビー:ロジャー・ムーア


シェイマス:カット・ウィリアムズ

アメリカ映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 82分
公開
北米:2010年7月30日
日本:2010年8月21日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $43,585,750
世界 $112,483,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ドイツ北部、人工衛星基地。
作業員フリードリッヒ(フレッド・アーミセン)は、子犬を見つけて建物の中に入れるが、実はその犬は猫”スフィンクス”のキティ・ガロア(ベット・ミドラー)で、ある情報を入手して逃亡する。

サンフランシスコ
市警の刑事シェーン・ラーソン(クリス・オドネル)は、失態を演じた相棒の警察犬”ジャーマンシェパード”のディッグス(ジェームズ・マースデン)を職務から外すよう上司から命ぜられる。

犬族諜報機関のエージェント”アナトリアン・シェパード・ドッグ”のブッチ(ニック・ノルティ)は、そんなディッグスをスカウトして指令本部に連れて行く。

施設を案内されたディッグスは、ハイテク・スペシャリストの”チャイニーズ・クレステッド・ドッグ”のピーク(ジョー・パントリアーノ)や、”オールド・イングリッシュ・シープドッグ”のサム(マイケル・クラーク・ダンカン)を紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
キャッツ&ドッグス」(2001)
・「
キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」(2010)

*(簡略ストー リー)
施設に預けられていたところを、刑事のシェーン・ラーソンに引き取られ警察犬となったディッグスだったが、大失態を演じ職務から外されてしまう。
同じ頃、猫族の悪党キティ・ガロアに衛星コードを盗まれて、それを利用した、犬族の危機を知った諜報機関のルーとブッチは、ディッグスをスカウトする。
ルーとブッチは、キティ・ガロアを捕らえるために、彼女が狙っていた鳩シェイマスを見つけ出そうとしてディッグスにその任務を命ずる。
ディッグスとブッチはシェイマスを見つけるのだが、そこに猫族の諜報機関のエージェント、キャサリンが邪魔に入る。
ブッチとディッグスはキャサリンを捕らえるのだが、彼女はキティ・ガロアの手下ではなかった。
元同僚のキティ・ガロアは、ある事件がきっかけで人間から虐げられるようになり、その復讐に絡めた犬族の絶滅で、世界を支配しようと考えていたのだった・・・。
__________

全世界で2億ドルを超す興行収入を上げ、大ヒットとなった前作から9年、更にパワーアップした映像と、新たな悪の登場に、犬猫協力体制で挑むというアイデアで、派手な展開を見せる楽しい作品。

しかし、本作の興行収入は前作の約半分に終わってしまった。

製作費 $85,000,000
北米興行収入 $43,585,750
世界 $112,483,760

動物達の演技も相変わらず見事で、CG合成された映像の出来栄えも悪くない。

前作のキャラクターも多少再登場するが、人間、犬猫を含め、傑出した主人公を置かず、各役柄がバランスよく描写されている、まずまずまとまりのある作品でもある。

お子様向けとは言えない、豪華な出演者(声)なども注目で、全編”007”シリーズを意識したスパイ・アクション仕立ての展開も面白い。
特に派手なオープニングは圧巻で、シャーリー・バッシーの歌う主題歌”Get the Party Started.”には脱帽だ。
さらに、猫族の諜報機関のトップの声にロジャー・ムーアを起用する懲りようは半端ではない。

ロジャー・ムーアの役名も二代目ボンド”ジョージ・レーゼンビー”からとっている。”キティ・ガロア”は、「ゴールドフィンガー」(1964)の”プッシー・ガロア”であり、その手下のポウズは”ジョーズ”で、キティ・ガロアが手元に置くねずみは、ボンドの宿敵”ブロフェルド”が常に抱いている猫のパロディだ。
また、凶悪犯ティンクルズは”ハンニバル・レクター博士”である。

警察犬ディッグス(ジェームズ・マースデン)の同僚刑事クリス・オドネル、衛星基地の作業員フレッド・アーミセン、発狂する爆弾犯中古車店オーナーのポール・ロドリゲス、キティ・ガロア(ベット・ミドラー)の飼い主でマジシャンのジャック・マクブレイヤー、犬族のエージェント、ニック・ノルティ、同僚ジョー・パントリアーノマイケル・クラーク・ダンカン、ボスのニール・パトリック・ハリス、猫族のエージェント、クリスティナ・アップルゲイト、キティ・ガロアの手下フィル・ラマール、凶悪犯ティンクルズ(ショーン・ヘイズ)の手下役ウォーレス・ショーン、暗殺者兄弟のマイケル・ビーティとジェフ・ベネット、そして大活躍する鳩のカット・ウィリアムズ等が声で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020