4298 Movies

カプリコン・1 Capricorn One (1977)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

巨大権力が関わる陰謀に巻き込まれる報道記者と、それに利用される人類初の有人火星飛行の宇宙飛行士の戦いを描く、監督、脚本ピーター・ハイアムズ、主演エリオット・グールドジェームズ・ブローリンブレンダ・バッカロサム・ウォーターストンO・J・シンプソンハル・ホルブルックカレン・ブラックテリー・サバラス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:ポール・N・ラザルス三世
脚本:ピーター・ハイアムズ

撮影:ビル・バトラー
編集:ジェームス・ミッチェル
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ロバート・コールフィールド:エリオット・グールド

チャールズ・ブルーベイカー:ジェームズ・ブローリン
ケイ・ブルーベイカー:ブレンダ・バッカロ
ピーター・ウィリス:サム・ウォーターストン
ジョン・ウォーカー:O・J・シンプソン
ジェームズ・ケロウェイ博士:ハル・ホルブルック
エリオット・ウィッター:ロバート・ウォールデン
バーゲン博士:ダレル・ツワーリング
ジュディ・ドリンクウォーター:カレン・ブラック
アルベイン:テリー・サバラス
ホリス・ピーカー:デヴィッド・ハドルストン
ウォルター・ローリン:デヴィッド・ドイル
プライス副大統領:ジェームズ・カレン
大統領:ノーマン・バートルド

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1977年製作 124分
公開
北米:1978年6月2日
日本:1977年12月17日
製作費 $5,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1月4日。
人類初の有人火星飛行に向かう宇宙船”カプリコン1”の発射が近づく。

クルーのチャールズ・ブルーベイカー空軍大佐(ジェームズ・ブローリン)、ピーター・ウィリス空軍中佐(サム・ウォーターストン)、そしてジョン・ウォーカー海軍中佐(O・J・シンプソン)が船内に乗りこむ。

発射を見学するためにプライス副大統領(ジェームズ・カレン)と夫人が到着して、下院議員ホリス・ピーカー(デヴィッド・ハドルストン)の隣に座る。

クルーは最終チェックを終えて、指令船のハッチが閉められる。

今回の計画責任者ジェームズ・ケロウェイ博士(ハル・ホルブルック)は状況を見守る。

ところが、発射直前にクルーは船内から降ろされる。

ヒューストン宇宙センター”管制室は、発射の準備を完了する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
人類初の有人火星飛行に向かう宇宙船”カプリコン1”の発射直前、ブルーベイカー、ウィリス、ウォーカーらクルーはその場から退避させられる。
閉鎖された基地に移送された三人は、計画の失敗が許されない中、生命維持装置の欠陥が見つかったことを責任者のケロウェイ博士から知らされる。
国家の威信がかかる計画の中止は考えられず、既に巨大権力が動いていたため、三人はその場に設置された火星着陸現場のセットで演技をすることを強要される。
それを拒否しようとしたブルーベイカーだったが、家族の命が危険にさらされていることを知り、仕方なく指示に従う。
その頃、報道記者のロバート・コールフィールドは、友人であるNASAのエンジニア、ウィッターから、カプリコン1の交信距離についての疑問点を知らされる。
その後、ウィッターが姿を消したため調査を始めたコールフィールドも命を狙われる・・・。



既にアポロ計画も終わり、地球軌道外の有人宇宙飛行計画も行われなくなっていた時代に製作された作品。

国家プロジェクトのアポロ計画ですら巨額の国費が問題視され、その継続意義が問われた事実もあり、世界の覇権国家としてのアメリカの威信が、陰謀として描かれるという内容が話題になった。

本作のお蔭でアポロ計画までもが嘘でなかったかと疑われ、結局は、その後の宇宙計画は1960年代の様な壮大な夢を追うものでなくなってしまったことが残念だ。

ピーター・ハイアムズの演出と脚本による、巨大権力に立ち向かう者達を描く、偽の宇宙計画が絡むサスペンスとしての面白さに加え、豪華キャスト競演も見逃せない。

ジェリー・ゴールドスミスの力強い音楽も印象に残る。

飄々とした雰囲気が彼らしい、陰謀を暴こうとする報道記者エリオット・グールド、カプリコン1船長のジェームズ・ブローリン、その妻ブレンダ・バッカロ、クルーのサム・ウォーターストンO・J・シンプソン、陰謀を指揮する科学者ハル・ホルブルック、異常に気づくエンジニア、ロバート・ウォールデン、科学者ダレル・ツワーリング、主人公に協力するリポーターのカレン・ブラック、農薬散布業者テリー・サバラス下院議員デヴィッド・ハドルストン、主人公の上司デヴィッド・ドイル、副大統領ジェームズ・カレン、大統領ノーマン・バートルドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020