4350 Movies

栄光何するものぞ What Price Glory (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1924年に上演された、マックスウェル・アンダーソンローレンス・スターリングスによる舞台劇”What Price Glory?”を基に製作された、1924年公開のラオール・ウォルシュ監督による”What Price Glory?”のリメイク。
第一次大戦下、中隊の指揮官と相容れない仲の軍曹が、一人の女性を争いながら、軍人としての使命を果たす姿を描く、監督ジョン・フォード、主演ジェームズ・キャグニーコリンヌ・カルヴェダン・デイリーウィリアム・デマレスト他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・フォード
製作:ソル・C・シーゲル
原作
マックスウェル・アンダーソン

ローレンス・スターリングス
What Price Glory?”(戯曲)
脚本
フィービー・エフロン

ヘンリー・エフロン
撮影:ジョー・マクドナルド
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
フラッグ大尉:ジェームズ・キャグニー

シャルメイン:コリンヌ・カルヴェ
クワート軍曹:ダン・デイリー
カイパー伍長:ウィリアム・デマレスト
オルドリッチ中尉:クレイグ・ヒル
ルイソン二等兵:ロバート・ワグナー
ニコール・ブシャール:マリサ・パヴァン
モラン軍曹:ハリー・モーガン
ムーア中尉:マックス・ショーウォルター
コークリー将軍:ジェームズ・グリーソン
ゴウディ:ポール・フィックス
ウィッカム大尉:チャールズ・B・フィッツシモンズ
オースティン中尉:ショーン・マクローリー
フランス軍将軍:ピーター・ジュリアン・オルティス
ファーガソン:ジャック・ペニック

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1952年製作 111分
公開
北米:1952年8月15日
日本:1953年5月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第一次大戦下、フランス
世界中で戦ったアメリカ海兵隊・第5連隊・第3大隊・L中隊は、バル=ル=デュックに向かう途中の村に到着する。

中隊に赴任するクワート軍曹(ダン・デイリー)は、ルイソン二等兵(ロバート・ワグナー)と共に、指揮官がフラッグ大尉(ジェームズ・キャグニー)だということを知る。

フラッグの命令で中隊は休息をとることになり、兵士達はシャルメイン(コリンヌ・カルヴェ)の店に向かい、カイパー伍長(ウィリアム・デマレスト)が彼女に歌のリクエストをする。

風呂に入ったフラッグは、シャルメインの部屋で彼女を待つ。

驚いたシャルメインは、前線報告会議のためにパリに向かうフラッグに同行したいことを伝え結婚も迫る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
第一次大戦下、フランス
アメリカ海兵隊・第5連隊・第3大隊・L中隊の指揮官フラッグ中尉は、相容れない仲のクワートが新任軍曹として現れたため、たちまち殴り合いとなる。
フラッグは、愛人とも言える村の娘シャルメインに手を出すなとクワートに忠告し、会議のためパリに向かう。
その間、クワートはシャルメインと親密になってしまい、戻ったフラッグは二人が結婚することを知り憤慨する。
ところが、それによりクワートが軍法会議にかかる可能性を知り、フラッグは彼を陥れるために結婚させようとする。
そこに出動命令が出たため、フラッグは部隊を率い、クワートは結婚式を延期して最前線へと向かう。
フラッグは、敵の捕虜を捕えた場合に長期休暇を司令官から約束されたため、それを果たして村に戻ろうとするのだが・・・。
__________

原作となる舞台劇や旧作があることを考えても、正にジョン・フォード・タッチで展開する彼のオリジナル作品のように思える、ファンにはたまらない作風に仕上がっている。

お馴染の”フォード一家”の面々が脇を固める中で進行する物語は、1日違いで公開される、同じフォード作品の「静かなる男」(1952)を思い起こす方も多くいるだろう。

戦争の虚しさなども語りながら、対立の中にでも心通じ合う男の友情をユーモアを交えて映し出す、ジョン・フォードの独特の演出なども楽しめる痛快作でもある。

アルフレッド・ニューマンの軽快な音楽も印象に残る。

170cmにも満たない、アメリカ人としては極端に小柄なジェームズ・キャグニーの迫力ある演技は、対する長身のダン・デイリーを圧倒し、全身から漲るパワー、オーラを感じさせる凄まじい熱演だ。

その大スター、ジェームズ・キャグニーに臆することなく対等に演ずるダン・デイリーも、キャリアの中でベストに近い演技を見せ、人間味のある人物を好演している。

二人愛され、楽しみや悲しみを経験する女性コリンヌ・カルヴェ、主人公の部下で古参兵を演ずるウィリアム・デマレスト、小隊長のクレイグ・ヒルマックス・ショーウォルター、二等兵を演ずる若きロバート・ワグナー、彼と惹かれ合う村の少女マリサ・パヴァン、司令官のジェームズ・グリーソン、軍曹ハリー・モーガン、兵士ポール・フィックスイギリス軍士官チャールズ・B・フィッツシモンズモーリーン・オハラの弟)、同じく士官ショーン・マクローリー、フランス軍将軍ピーター・ジュリアン・オルティス、そして、兵士役でジョン・フォード作品の最多出演者(41作)ジャック・ペニックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020