4504 Movies

コール・ミー・マダム Call Me Madam (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1950年にブロードウェイで上演された、ハワード・リンゼイラッセル・クルース脚本、アーヴィング・バーリン作詞、作曲によるミュージカル”Call Me Madam”の映画化。
ヨーロッパの小国の大使に任命された社交界の名士の奮闘を描く、監督ウォルター・ラング、主演エセル・マーマンドナルド・オコナーヴェラ=エレンジョージ・サンダースビリー・デ・ウルフ他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:ウォルター・ラング

製作:ソル・C・シーゲル
原作:
Call Me Madam
ハワード・リンゼイ
ラッセル・クルース
脚本:アーサー・シークマン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ロバート・L・シンプソン
衣裳デザイン:アイリーン・シャラフ
音楽
アーヴィング・バーリン
アルフレッド・ニューマン

出演
サリー・アダムス:エセル・マーマン
ケネス・ギブソン:ドナルド・オコナー
マリア公女:ヴェラ=エレン(歌:キャロル・リチャーズ
コズモ・コンスタンティン将軍:ジョージ・サンダース
ペンバートン・マクスウェル:ビリー・デ・ウルフ
ヒューゴ王子:ヘルムート・ダンティーヌ
オーガスト・タンティニン:ウォルター・スレザック
セバスチャン首相:スティーヴン・ゲレイ
オットー大公:ルートヴィヒ・シュトッシェル
ソフィー大公妃:リリア・スカラ
ブロックウェイ上院議員:チャールズ・ディングル
チャーリー・ギャラガー上院議員:エモリー・パーネル
ウィルキンス上院議員:パーシー・ヘルトン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1953年製作 114分
公開
北米:1953年3月4日
日本:未公開
製作費 $2,460,000


アカデミー賞
第回26アカデミー賞

・受賞
ミュージカル音楽賞
・ノミネート
衣裳デザイン賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワシントンD.C.
社交界の名士であるサリー・アダムス(エセル・マーマン)は、政界ともつながりがあり、親友のトルーマン大統領からヨーロッパの小国リヒテンブルグのアメリカ大使に任命される。

サリーに取材したジャーナリストのケネス・ギブソン(ドナルド・オコナー)は、辞職して彼女の報道官になることを希望するものの断られる。

しかし、何の資格も経歴もないサリーは、自分をサポートしてくれそうなケネスが気に入り、報道官としてリヒテンブルグに同行させることにする。

リヒテンブルグ。
アメリカ大使館の代理大使ペンバートン・マクスウェル(ビリー・デ・ウルフ)は、先に到着したケネスから、サリーが間違えて他国に向かってしまったことを知らされて苛立つ。

オットー大公(ルートヴィヒ・シュトッシェル)とソフィー妃(リリア・スカラ)は、姪のマリア公女(ヴェラ=エレン)と隣国ミッテルドルフのヒューゴ王子(ヘルムート・ダンティーヌ)との婚姻について話し合っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ワシントンD.C.
社交界の名士であるサリー・アダムスは、親友のトルーマン大統領から、ヨーロッパの小国リヒテンブルグのアメリカ大使に任命される。
現地の大使館に到着したサリーは、代理大使マクスウェルに歓迎される。
財政難のリヒテンブルグは、隣国のヒューゴ王子とマリア公女の政略結婚を考え、持参金をアメリカからの貸付金でまかなおうとしていた。
当初からそれを断るつもりだったサリーは、外務大臣のコズモに惹かれてしまい、考えを変えて支援することを検討するのだが・・・。
__________

ブロードウェイで上演された、アーヴィング・バーリン作詞、作曲による大ヒット・ミュージカル”Call Me Madam”の映画化。

ヨーロッパの小国の大使に任命された、社交界の名士の奮闘を描くミュージカル・ドラマ。

舞台でも主演したエセル・マーマンの当たり役であり、圧倒的な歌唱力と迫力を感じさせる彼女の存在感、ウォルター・ラングらしい華やかなミュージカル・パフォーマンスが楽しめる快作に仕上がっている。

物語は、ソーシャライトとして知られたパール・メスタが、1949-1953年まで、実際にルクセンブルグ大使を務めたことを題材にしている。

第回26アカデミー賞ではアルフレッド・ニューマンがミュージカル音楽賞を受賞し、アイリーン・シャラフが衣裳デザイン賞(カラー)にノミネートされた。
エセル・マーマンは、ゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

記者を辞めて主人公の報道官となり、公女と愛し合う仲になるドナルド・オコナー、彼と惹かれ合うリヒテンブルグの公女ヴェラ=エレン(歌:キャロル・リチャーズ)、主人公と愛し合うようになるリヒテンブルグの外務大臣である将軍ジョージ・サンダース、主人公の補佐となる堅物の代理大使ビリー・デ・ウルフ、リヒテンブルグ公女との政略結婚を考える隣国の王子ヘルムート・ダンティーヌ、リヒテンブルグの財務大臣ウォルター・スレザック、首相のスティーヴン・ゲレイ、リヒテンブルグ大公ルートヴィヒ・シュトッシェル、舞台にも出演した大公妃のリリア・スカラ、リヒテンブルグに派遣される上院議員のチャールズ・ディングルエモリー・パーネルパーシー・ヘルトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021