4297 Movies

バニー・レークは行方不明 Bunny Lake Is Missing (1965)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1957年に発表された、メリアム・モデルの同名小説”Bunny Lake Is Missing”の映画化。
4歳の幼児の失踪を発端にある兄妹の意外な事実が判明していくという、製作、監督オットー・プレミンジャー、主演ローレンス・オリヴィエキャロル・リンレイキア・デュリアノエル・カワード他共演サスペンス・ミステリーの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:オットー・プレミンジャー
製作:オットー・プレミンジャー
原作:メリアム・モデル
脚本
ジョン・モーティマー

ペネロープ・モーティマー
撮影:デニス・クープ
編集:ピーター・ソーントン
タイトルデザイン:ソウル・バス

音楽 :ポール・グラス

出演
ニューハウス警視:ローレンス・オリヴィエ

アン・レーク:キャロル・リンレイ
スティーブン・レーク:キア・デュリア
エイダ・フォード:マティタ・ハント
アンドリュース巡査部長:クライヴ・レヴィル
ホレイショ・ウィルソン:ノエル・カワード
エルヴィラ・スモーレット:アンナ・マッセイ
本人(テレビ出演他):ザ・ゾンビーズ

イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1965年製作 106分
公開
イギリス:1965年10月3日
北米:1965年10月3日
日本:1966年7月9日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
この地に移り住むことになったアメリカ人のシングルマザー、アン・レーク(キャロル・リンレイ)は、保育所預けてある4歳の娘フェリシア(バニー)を迎えに行くが、見当たらず自宅に戻る。

自宅で荷物の片づけをするアンの部屋に、大家のホレイショ・ウィルソン(ノエル・カワード)が現れる。

忙しい最中でウィルソンの相手もしていられず、アンは買物に出かけて再び保育所に向かう。

しかし、娘のバニーは見つからず、アンはジャーナリストの兄スティーブン(キア・デュリア)を保育所に呼び出す。

スティーブンは、保育所の職員のエルヴィラ・スモーレット(アンナ・マッセイ)に激しく言い寄る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドンに越してきた、アメリカ人のシングルマザー、アン・レークの4歳の娘フェリシア(バニー)が行方不明になる。
ジャーナリストの兄スティーブンを呼び出し、アンは、バニーを預けてあった保育所を虱潰しに捜す。
しかしバニーは見つからず、アンとスティーブンは警察に連絡を入れ、ニューハウス警視が捜査を始める。
ニューハウスはその段階で、アンには子供時代に空想癖があることを知り、彼女の話に疑問を抱き、子供の存在自体を疑う。
そしてニューハウスは、アンとスティーブン兄妹の関係を調べるうちに、意外な事実に気づく・・・。
__________

ジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」(2005)などの他、度々映画では登場する謎の失踪劇をテーマに、鬼才オットー・プレミンジャーが放つ異色のサスペンス。

全く平凡に見える兄妹が、時間の経過と共に二重人格者に変貌していく怖さと、乱れぬペースで捜査を続ける主人公の警視の冷静さとの対比が、事件を引き起こす犯人の異常さをより強調されて「描かれる、見事な演出となっている。

オットー・プレミンジャー作品には欠かせない、ソウル・バスの、洗練されたタイトルデザイン。
特に、小さな子供または人形にかたどられた切抜きが閉じられて終わるエンディングのアイデアは、シンプル且つインパクトのある、彼独特のセンスで表現されている。

地味だが、沈着冷静で的確な捜査を続ける、警視ローレンス・オリヴィエの、説得力ある重厚な演技は、いつもながら素晴らしく、その物腰や語り口、さらには自然な眼差しなど、どれをとっても、最高の演技者の風格が漂う名演を見せてくれる。

枢機卿」(1963)に続き、大役を見事にこなし熱演するキャロル・リンレイ、その兄で狂人へと変貌するキア・デュリア、保育所の共同経営者マティタ・ハント、警視の部下役、後に「スター・ウォーズE5:帝国の逆襲」(1980)で皇帝パルパティーンの声を担当するクライヴ・レヴィル、怪演を見せる大家のノエル・カワード、名優レイモンド・マッセイの娘アンナ・マッセイが保育所職員で、また当時の人気バンド、ザ・ゾンビーズがテレビ映像他で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020