That's Movie Talk!     3934 Movies

ブライズメイズ Bridesmaids (2011) まだ評価されていません。

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

何をしてもうまくいかない30代の独身女性が親友の結婚式でブライズメイドを頼まれ、ライバルとの意地の張り合いの末に起きる騒動を描く、製作総指揮、監督ポール・フェイグ、主演クリステン・ウィグマーヤ・ルドルフローズ・バーンメリッサ・マッカーシー他共演の大ヒット爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・フェイグ
製作総指揮:ポール・フェイグ
製作
ジャド・アパトー

バリー・メンデル
クレイトン・タウンゼント
脚本
クリステン・ウィグ

アニー・マモロー
撮影:ロバート・D・イェーマン
編集
マイケル・L・セイル

ウィリアム・カー
音楽:マイケル・アンドリュース

出演
アニー・ウォーカー:クリステン・ウィグ

リリアン・ドノヴァン:マーヤ・ルドルフ
ヘレン・ハリス:ローズ・バーン
メーガン:メリッサ・マッカーシー
リタ:ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ
ベッカ:エリー・ケンパー
ネイサン・ローズ巡査:クリス・オダウド
ダグ:ティム・ハイデッカー
ジュディ・ウォーカー:ジル・クレイバーグ
テッド:ジョン・ハム
ギル:マット・ルーカス
ブリン:レベル・ウィルソン
ブート・キャンプ・インストラクター:テリー・クルーズ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2011年製作 125分
公開
北米:2011年5月13日
日本:2012年4月28日
製作費 $32,500,000
北米興行収入 $169,106,730
世界 $288,383,520


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(メリッサ・マッカーシー)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ミルウォーキー
30代半ばで独身のアニー・ウォーカー(クリステン・ウィグ)は、ケーキ店を開業するものの失敗して、今は宝石店に勤めていた。

関係のあるテッド(ジョン・ハム)と進展もないアニーは、親友のリリアン・ドノヴァン(マーヤ・ルドルフ)から、フィアンセのダグ(ティム・ハイデッカー)と婚約したことを知らされる。

ブライズメイドを頼まれ、リリアンの幸せそうな顔を見て喜ぶアニーだったが、何をやってもうまくいかない自分の人生を思うと悲しくなる。

会員制クラブでの、婚約パーティーに向かったアニーは、リリアンから、いとこでブライズメイドのリタ(ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ)、ベッカ(エリー・ケンパー)、ダグの妹メーガン(メリッサ・マッカーシー)、ダグの上司の妻であるゴージャスな女性ヘレン・ハリス(ローズ・バーン)を紹介される。

メイド・オブ・オナーとして挨拶したアニーだったが、マイクを受け継いだヘレンのスピーチに圧倒されてしまう。

アニーは再びマイクを握り話し始め、ヘレンも負けじと対抗する。

意地になったアニーは、マイクを奪い歌い始め、ヘレンもそれに加わり、二人は競い合う。

それを気にするリリアンだったが、アニーは、ヘレンとうまくやることと、二人で会うことを約束する。

その帰り道、どうしてもヘレンのことが気に入らないアニーは、蛇行運転でネイサン・ローズ巡査(クリス・オダウド)に止められてしまう。

ネイサンは、アニーのケーキ店がお気に入りだったために、尾灯が壊れていた違反を見逃し、車の修理工場まで紹介してくれる。

翌日、テニス・クラブで会ったアニーとヘレンは、簡単な会話を交わした後、試合をして相手を痛めつけようとする。

家をシェアするアニーは、同居人のギル(マット・ルーカス)に、妹のブリン(レベル・ウィルソン)にも家賃を払わせるべきだと提案するが、受け入れられない。

リリアンとアニーらブライズメイズは、パーティーの準備を始め、食事やドレス選びのために集まる。

ブラジル料理店で食事を済ませた6人は、超高級店でドレスの試着をするのだが、アニーとヘレン以外は吐き気を催して洗面所に向かう。

実はアニーも最悪の気分だったのだが、ヘレンの前で必死に堪え、その後、その場は大騒動となる。

その夜、テッドに会ったアニーだったが、彼をリリアンのパーティーに誘うものの断られてしまう。

帰りにネイサンに出くわしたアニーは、彼と意気投合して夜を明かす。

アニーは、独身最後の夜のパーティーを、リリアンの家族の湖畔の家で開くことをブライズメイズ達にメールで連絡する。

ところが、ヘレンがそれに反対してラスベガス行きを提案し、皆がそれに賛成してしまい、アニーは仕方なくそれに従う。

ヘレンが用意したファーストクラスを断ったアニーだったが、飛行機が苦手な彼女は落ち着かない。

アニーは、ヘレンからもらった薬とスコッチでハイになってしまい、ファーストクラスでトラブルを起こして、幻覚を見て機内放送でそれを伝えてしまう。

ワイオミング州、キャスパー国際空港
緊急着陸した機内から降ろされた6人は、シカゴ行きのバスに乗る。

リリアンはアニーに、メイド・オブ・オナーを任せたことを後悔していることと、ヘレンに全ての段取りをしてもらう考えを伝える。

それに納得するしかなかったアニーは、ミルウォーキーに戻り、ネイサンを誘いデートする。

アニーの話を聞いたネイサンは、ケーキ店を再開するべきだと言って彼女を励ます。

ネイサンは、アニーに好意を持っていることを伝え、二人は彼の家で愛し合い一夜を過ごす。

翌朝ネイサンは、アニーのためにケーキ作りの材料を用意するが、彼女は気分を害し、干渉されたくないと言って立ち去ってしまう。

アニーはリリアンに電話して、ネイサンの優しさを受け入れられず逃げ出してきたことをメッセージに残す。

翌日、ヘレンから、リリアンの結婚を祝うブランチの招待状がアニーに届く。

客とトラブルを起こし宝石店もクビになったアニーは、電話に出なかったネイサンにも見限られてしまう。

ギルとブリンに家も追い出されてしまったアニーは、母親ジュディの家に向かう。

ヘレンの招待を受けて、彼女の大邸宅に向かったアニーは、久し振りにリリアンと顔を合わせ、わだかまりがないことを確認する。

しかし、自分の手作りのプレゼントに対し、ヘレンはリリアンにパリ旅行をプレゼントしたため、アニーは我慢の限界に達して悪態をついて暴れ始める。

幸せな瞬間をぶち壊しにされたと言って、リリアンに非難されたアニーは、その場を去る。

街道で小動物に気づいたアニーは、急停車したために後続車に追突されてしまう。

現場に現れたネイサンは、尾灯も直さずに事故まで起こし、ヘレンの話をするアニーを痛烈に非難する。

そこに、ギルがアニーを迎えに現れたため、ネイサンは憤慨してその場を去る。

アニーは、ギルの下ネタが気に障り、車を止めさせて降りるが、彼にも愛想を尽かされてしまう。

家に閉じ籠っていたアニーを訪ねたメーガンは、いじけている彼女に人生の厳しさを教えようとする。

メーガンは、自分が高校時代に酷いいじめに遭いながら、それにめげなかったことを話す。

更に、不幸を他人のせいにするべきでないことと、リリアン以外にも友人はここにいるとメーガンはアニーに伝える。

メーガンに励まされたアニーは、ケーキを作る気になり、ネイサンの指示通りに車を直し、彼のお陰で修理代をタダにしてもらえる。

アニーは、ネイサンのためにケーキを焼いて届けるものの、彼は玄関に置かれたそれを受け取ろうとはしなかった。

結婚式当日、出席する気のなかったアニーの元を、ヘレンが訪ねて来る。

ヘレンは、リリアンが失踪してしまったことを伝え、アニーは、とりあえずネイサンに協力してもらおうとする。

夫にも相手にされず、友達もいなかったヘレンは、寂しかったことをアニーに伝えて謝罪する。

それを受け入れる気もなかったアニーは、ネイサンを見つけるものの無視されたため、無謀運転をして彼の気を引こうとする。

それでも無視するネイサンのパトカーに、アニーは軽く追突してしまう。

ようやく話を聞いてくれたネイサンは、リリアンがアパートにいるらしいことを調べてくれる。

アニーはネイサンに謝罪し、彼もわだかまりは消えるのだが、二人は心残りのまま別れる。

ヘレンとリリアンのアパートに向かったアニーは、一人で部屋に入り、ベッドにいた彼女に姿を消した理由を聞く。

準備をヘレンに任せたため、式の費用が莫大になり、何もかもメチャクチャになったと言うリリアンは、アニーに任せるべきだったと言って後悔し、二人は互いに謝罪する。

式に出る気になったリリアンは、ヘレンの選んだバカげたウェディング・ドレスを着て会場に向かう。

誓いの言葉を済ませたリリアンとダグのために、ヘレンは、招待した”ウィルソン・フィリップス”を紹介し、アニーにはこれが最後だと伝える。

大いに盛り上がったパーティーは終わり、リリアンとダグはハネムーンに向かい、アニーは、ヘレンと今後も友人でいることを確認する。

そしてアニーは、迎えに来たネイサンにキスされ、勤務中の彼と共にパトカーで走り去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ミルウォーキー
30代半ばで独身のアニー・ウォーカーは、ケーキ店の経営に失敗して男運も悪く、何をしてもうまくいかなかった。
そんなアニーは、親友のリリアンが結婚することを知り、ブライズメイドを頼まれ、快くそれを引き受ける。
ところが、ブライズメイドの一人で、自分とは全く違う富豪夫人ヘレンが、準備を仕切り始めたため、アニーはそれが気に障る。
再三トラブルが起き、ブライズメイズをまとめられないアニーは、バチェロレッテ・パーティのためにラスベガスに向かう機内で大失態を演じ、遂にリリアンに見放されてしまう・・・。
__________

時に目立たない役の作品に出演したりもするクリステン・ウィグが、コメディアンとして、その才能を最大限に発揮した快心作で、彼女自身が担当した脚本も高く評価された。

下品な下ネタ満載の作品ではあるが、終盤は、主人公が人生を見つめ直すきっかけを掴む、ヒューマン・ドラマ風で締めくくられている。

宣伝では、ブライズメイズそれぞれが、強烈にアピールされているが、ほぼ全編でクリステン・ウィグの圧倒的個性がスクリーンを占領している。

作品は大いに受けて、北米興行収入は約1億6900万ドル、全世界では2億8800万ドルの大ヒットとなった。

第84回アカデミー賞では、助演女優(メリッサ・マッカーシー)と脚本賞にノミネートされた。

また、本作は、主人公の母親を演じたジル・クレイバーグの遺作であり、彼女は公開を待たずに他界した。

主人公を演ずるクリステン・ウィグとは、「サタデー・ナイト・ライブ」時代の盟友でもある、親友を演ずるマーヤ・ルドルフ、ブライズメイズで、主人公のライバル的存在のローズ・バーン、怪演が光る花婿(ティム・ハイデッカー)の妹役メリッサ・マッカーシー、同じくブライズメイズのウェンディ・マクレンドン=コーヴィエリー・ケンパー、主人公とは、紆余曲折の末に結ばれるであろう警官クリス・オダウド、主人公と関係を持つ男性ジョン・ハム、主人公の同居人マット・ルーカスと妹レベル・ウィルソン、そして、ブート・キャンプ・インストラクターのテリー・クルーズらが共演している。



  •  
  •  
  •  
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up