4236 Movies

ブライズメイズ Bridesmaids (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

何をしてもうまくいかない30代の独身女性が親友の結婚式でブライズメイドを頼まれ、ライバルとの意地の張り合いの末に起きる騒動を描く、製作総指揮、監督ポール・フェイグ、主演クリステン・ウィグマーヤ・ルドルフローズ・バーンメリッサ・マッカーシー他共演の大ヒット爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・フェイグ
製作総指揮:ポール・フェイグ
製作
ジャド・アパトー

バリー・メンデル
クレイトン・タウンゼント
脚本
クリステン・ウィグ

アニー・マモロー
撮影:ロバート・D・イェーマン
編集
マイケル・L・セイル

ウィリアム・カー
音楽:マイケル・アンドリュース

出演
アニー・ウォーカー:クリステン・ウィグ

リリアン・ドノヴァン:マーヤ・ルドルフ
ヘレン・ハリス:ローズ・バーン
メーガン:メリッサ・マッカーシー
リタ:ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ
ベッカ:エリー・ケンパー
ネイサン・ローズ巡査:クリス・オダウド
ダグ:ティム・ハイデッカー
ジュディ・ウォーカー:ジル・クレイバーグ
テッド:ジョン・ハム
ギル:マット・ルーカス
ブリン:レベル・ウィルソン
ブート・キャンプ・インストラクター:テリー・クルーズ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2011年製作 125分
公開
北米:2011年5月13日
日本:2012年4月28日
製作費 $32,500,000
北米興行収入 $169,106,730
世界 $288,383,520


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(メリッサ・マッカーシー)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ミルウォーキー
30代半ばで独身のアニー・ウォーカー(クリステン・ウィグ)は、ケーキ店を開業するものの失敗して、今は宝石店に勤めていた。

関係のあるテッド(ジョン・ハム)と進展もないアニーは、親友のリリアン・ドノヴァン(マーヤ・ルドルフ)から、フィアンセのダグ(ティム・ハイデッカー)と婚約したことを知らされる。

ブライズメイドを頼まれ、リリアンの幸せそうな顔を見て喜ぶアニーだったが、何をやってもうまくいかない自分の人生を思うと悲しくなる。

会員制クラブでの、婚約パーティーに向かったアニーは、リリアンから、いとこでブライズメイドのリタ(ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ)、ベッカ(エリー・ケンパー)、ダグの妹メーガン(メリッサ・マッカーシー)、ダグの上司の妻であるゴージャスな女性ヘレン・ハリス(ローズ・バーン)を紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ミルウォーキー
30代半ばで独身のアニー・ウォーカーは、ケーキ店の経営に失敗して男運も悪く、何をしてもうまくいかなかった。
そんなアニーは、親友のリリアンが結婚することを知り、ブライズメイドを頼まれ、快くそれを引き受ける。
ところが、ブライズメイドの一人で、自分とは全く違う富豪夫人ヘレンが、準備を仕切り始めたため、アニーはそれが気に障る。
再三トラブルが起き、ブライズメイズをまとめられないアニーは、バチェロレッテ・パーティのためにラスベガスに向かう機内で大失態を演じ、遂にリリアンに見放されてしまう・・・。
__________

時に目立たない役の作品に出演したりもするクリステン・ウィグが、コメディアンとして、その才能を最大限に発揮した快心作で、彼女自身が担当した脚本も高く評価された。

下品な下ネタ満載の作品ではあるが、終盤は、主人公が人生を見つめ直すきっかけを掴む、ヒューマン・ドラマ風で締めくくられている。

宣伝では、ブライズメイズそれぞれが、強烈にアピールされているが、ほぼ全編でクリステン・ウィグの圧倒的個性がスクリーンを占領している。

作品は大いに受けて、北米興行収入は約1億6900万ドル、全世界では2億8800万ドルの大ヒットとなった。

第84回アカデミー賞では、助演女優(メリッサ・マッカーシー)と脚本賞にノミネートされた。

また、本作は、主人公の母親を演じたジル・クレイバーグの遺作であり、彼女は公開を待たずに他界した。

主人公を演ずるクリステン・ウィグとは、「サタデー・ナイト・ライブ」時代の盟友でもある、親友を演ずるマーヤ・ルドルフ、ブライズメイズで、主人公のライバル的存在のローズ・バーン、怪演が光る花婿(ティム・ハイデッカー)の妹役メリッサ・マッカーシー、同じくブライズメイズのウェンディ・マクレンドン=コーヴィエリー・ケンパー、主人公とは、紆余曲折の末に結ばれるであろう警官クリス・オダウド、主人公と関係を持つ男性ジョン・ハム、主人公の同居人マット・ルーカスと妹レベル・ウィルソン、そして、ブート・キャンプ・インストラクターのテリー・クルーズらが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020