4234 Movies

ウェディング・シンガー The Wedding Singer (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フィアンセに結婚式で捨てられた“ウェディング・シンガー”が、純真な女性との恋を実らせるまでを描く、主演アダム・サンドラードリュー・バリモアクリスティン・テイラースティーヴ・ブシェミ他共演、監督フランク・コラチによるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・コラチ
製作総指揮
サンディ・ヴェルニック

ブラッド・グレイ
製作
ロバート・シモンズ

ジャック・ジャラプート
脚本:ティム・ハーリヒー
撮影:ティム・サーステッド
編集:トム・ルイス
音楽:テディ・カステルッチ

出演
ロビー・ハート:アダム・サンドラー

ジュリア・サリヴァン:ドリュー・バリモア
ホリー・サリヴァン:クリスティン・テイラー
サミー:アレン・コヴァート
グレン・グリア:マシュー・グレイヴ
リンダ:アンジェラ・フェザーストーン
ロージー:エレン・アルベルティーニ・ダウ
ジョージ・スティッツァー:アレクシス・アークエット
本人:ビリー・アイドル
デヴィッド”デイヴ”ヴェルトリ:スティーヴ・ブシェミ
アンジー・サリヴァン:クリスティナ・ピックルズ
ケイト:ジョディ・セレン
アンディ:フランク・シベロ
ジミー・ムーア:ジョン・ロヴィッツ

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

1998年製作 96分
公開
北米:1998年2月13日
日本:1999年2月20日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $80,224,500
世界 $123,306,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1985年、ニュージャージー州、リッジフィールド
ウェディング・シンガーのロビー・ハート(アダム・サンドラー)は、長年付き合っていた恋人リンダ(アンジェラ・フェザーストーン)との結婚を控えていた。

ロビーは、結婚パーティー会場でウエイトレスをしていたジュリア・サリヴァン(ドリュー・バリモア)を見かけ、その後、挨拶程度の言葉を交わす。

1週間後。
ジュリアは、ロビーの結婚式でも仕事をするため会場に向かう。

送ってくれた母アンジー(クリスティナ・ピックルズ)からは、リッチな証券マンで恋人グレン・グリア(マシュー・グレイヴ)と、早く結婚するようにと急かされる。

式は始まるが、ロビーはリンダがこの場に現れないことを知り愕然とする。

その後、ロビーに会いに来たリンダは、ロック歌手を目指していた、かつての彼でなくなったことが不満であったと告げて去って行く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロック歌手になる夢があったロビー・ハートだったが、田舎町のウェディング・シンガーとしてしがない音楽活動を続けていた。
そんなロビーは、結婚式でフィアンセのリンダに捨てられてしまう。
失意のロビーだったが、同僚で友人のサミーや、パーティー会場で働くジュリアに励まされる。
ジュリアが、リッチな証券マンのグレンと結婚するため、彼女に歌を贈ることを約していたロビーは、そんな気にもなれない。
その後、立ち直りかけたロビーは、ジュリアの結婚準備の手伝いを頼まれ行動を共にする内に、次第に彼女に惹かれて行くのだが・・・。
__________

日本では考えられないほど、本国アメリカでは絶大な人気を誇るアダム・サンドラーの出世作と言っていい快心のコメディに仕上がっている。

盟友フランク・コラチとのコンビも注目であるが、とにかく、1980年代の音楽やテレビ番組などカルチャー・オンパレードは最高に楽しい。

この時代に青春を過ごした者にとっては、涙ものの作品とも言える。

2006年には、ブロードウェイで舞台版が上演された。

北米興行収入は約8000万ドル、全世界では約1億2300万ドルのヒットとなった。

どこにでもいそうな、平凡でナイーブな青年を好演するアダム・サンドラーは、何とも言えない魅力があり、輝くようなキュートな笑顔が印象的なドリュー・バリモアとの相性も抜群だ。

二人は「50回目のファースト・キス」(2004)でも共演した。

ヒロインの姉役で、現ベン・スティラー夫人のクリスティン・テイラー、主人公の良き友でありリムジン・ドライバーのアレン・コヴァート、ヒロインのフィアンセ役のマシュー・グレイヴ、主人公のフィアンセ、アンジェラ・フェザーストーン、主人公の友人の老婦人エレン・アルベルティーニ・ダウ、主人公のバンド・メンバーである、アークエット・ファミリーのアレクシス・アークエット、クライマックスで本人役で登場し、主人公に協力するビリー・アイドル、意味不明なお騒がせ男が彼らしいスティーヴ・ブシェミ、ヒロインの母親クリスティナ・ピックルズ、主人公の姉役のジョディ・セレン、その夫フランク・シベロ、そしてジョン・ロヴィッツがウェディング・シンガー役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020