4350 Movies

恋のトリセツ Breakin’ All the Rules (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋人にフラれた男性が”別れの手引き”を書きベストセラーになったことで巻き起こる騒動を描く、主演ジェイミー・フォックスガブリエル・ユニオンモリス・チェストナットピーター・マクニコルジェニファー・エスポジート他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ダニエル・タプリッツ
製作:リサ・トーネル
脚本:ダニエル・タプリッツ
撮影:デヴィッド・ヘニングス
編集:ロバート・フレイセン

音楽:マーカス・ミラー

出演
クインシー・ワトソン:ジェイミー・フォックス

ニッキー・コーラス:ガブリエル・ユニオン
エヴァン・フィールズ:モリス・チェストナット
フィリップ・ガスコン:ピーター・マクニコル
リタ・モンロー:ジェニファー・エスポジート
ヘレン・シャープ:ビアンカ・ローソン
エイミー:ジル・リッチー
ヘアー・スタイリスト:オクタヴィア・スペンサー
ベティ:フォーン・A・チェンバース

アメリカ 映画
配給 Screen Gems

2004年製作 85分
公開
北米:2004年5月14日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $11,827,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
クインシー・ワトソン(ジェイミー・フォックス)は、恋人のヘレン・シャープ(ビアンカ・ローソン)と暮らしていた。

出版社に勤めるクインシーは、同僚であるいとこのエヴァン・フィールズ(モリス・チェストナット)からリストラがあるかもしれないと言われ、父親から後を受け継いだ新社長のフィリップ・ガスコン(ピーター・マクニコル)に呼ばれる。

社員の15%をリストラするとフィリップに言われたクインシーは、”解雇マニュアル”を作るよう指示される。

大量の資料を持参して帰宅したクインシーは、それに目を通した後、ヘレンとの婚約を発表する予定のクラブに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
出版社に勤めるクインシー・ワトソンは、恋人ヘレンにフラれてしまう。
失意のクインシーは辞職して家に閉じ篭るが、社長のフィリップからリストラ・マニュアルを作るよう言われていたため、それを参考にして恋人との”別れの手引き”を考える。
それをいとこのエヴァンに伝えたクインシーは、”別れ”のテストで成功した彼と共同で手引書を出版してベストセラーになる。
恋人ニッキーから別れ話を切り出されると勘違いしたエヴァンは、クインシーに協力してもらい、寄りを戻そうとする。
ところが、相手が本人だと知らずにニッキーに会ったフランキーは、彼女に惹かれてしまう・・・。
__________

恋を成立させて幸せを掴むのではなく、別れ方の手引書を書き大成功してしまう男性の周囲で巻き起こる騒動を描く、奇抜なアイデアで笑わせてくれる楽しい作品。

その発想自体がトラブルを助長してしまうこと必至という設定であるため、何組ものカップルが相手を入れ替え複雑に絡み合う展開はかなり忙しい。

問題ばかりが起きる内容なのだが、悪人が登場するわけでもなく、物語は軽快に進行して、全てが丸く収まるクライマックスも爽やかに描かれている。

5か月後に公開される「Ray/レイ」(2004)でレイ・チャールズを演じ、見事にアカデミー主演賞を受賞するジェイミー・フォックスが、恋に苦悩する男性を楽しんで演じているところに注目したい。

紆余曲折の末に主人公と結ばれるガブリエル・ユニオン、彼女の恋人であった主人公のいとこモリス・チェストナット、出版社社長ピーター・マクニコル、彼との結婚を策略するジェニファー・エスポジート、主人公を捨てる恋人ビアンカ・ローソン、ニッキー(ガブリエル・ユニオン)の同僚ジル・リッチー、ヘアー・スタイリスト役でオクタヴィア・スペンサーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020