4298 Movies

ラブ・アペタイザー Feast of Love (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に発表された、チャールズ・バクスターの小説”The Feast of Love”を基に製作された作品。
心の傷が癒えないまま人生に迷う大学教授を中心に、彼の周辺に集う人々の人間模様を描く、監督ロバート・ベントン、主演モーガン・フリーマングレッグ・キニアラダ・ミッチェルビリー・バークセルマ・ブレアアレクサ・ダヴァロス他共演のドラマ。


ドラマ

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ベントン
製作
トム・ローゼンバーグ

ゲイリー・ルチェッシ
リチャード・S・ライト
製作総指揮
デヴィッド・スコット・ルービン
エリック・リード
ハーリー・タンネボーム
ロリー・マクレアリー

フィッシャー・スティーヴンス
ジョン・ペノッティ
原作:チャールズ・バクスター”The Feast of Love”
脚本:アリソン・バーネット

撮影:クレイマー・モーゲンソー
編集:アンドリュー・モンドシェイン

音楽:スティーヴン・トラスク

出演
ハリー・スティーヴンソン:モーガン・フリーマン

ブラッドリー・スミス:グレッグ・キニア
ダイアナ・クロチ:ラダ・ミッチェル
デヴィッド・ワトソン:ビリー・バーク
キャサリン・スミス:セルマ・ブレア
クロエ・バーロー:アレクサ・ダヴァロス
オスカー・ギャムレン:トビー・ヘミングウェイ
ジェニー:スタナ・カティック
マーギット・ヴェカシ:エリカ・マロジャーン
エスター・スティーヴンソン:ジェーン・アレクサンダー
バット・ギャムレン:フレッド・ウォード
マガロリアン夫人:マーゴ・マーティンデイル
アガサ・スミス:ミッシー・パイル
ジェイニー:シャノン・ルシオ

アメリカ 映画
配給 MGM

2007年製作 102分
公開
北米:2007年9月28日
日本:未公開
北米興行収入 $3,511,070
世界 $5,741,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
オレゴン州、ポートランド
眠れない夜を過ごしていた大学教授のハリー・スティーヴンソン(モーガン・フリーマン)は、ベッドから起き上がる。

妻エスター(ジェーン・アレクサンダー)に声をかけられたハリーは、心配いらないと答えて散歩に出る。

1年半前。
ハリーは、カフェを経営するブラッドリー・スミス(グレッグ・キニア)から、ソフトボールの試合に出ている妻キャサリン(セルマ・ブレア)を紹介される。

試合後、ブラッドリーとハリーと共にバーにいたキャサリンは、相手チームのジェニー(スタナ・カティック)と話し、彼女に何かを感じる。

自分のためにジュークボックスで曲を選んでくれたジェニーに、キャサリンは電話番号を教える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
オレゴン州、ポートランド
大学教授のハリー・スティーヴンソンは、ドラッグ中毒で息子を亡くした悲しみから立ち直れず、休職して妻エスターと過ごす日々を送っていた。
息子の学友だったカフェのオーナー、ブラッドリーが、同性と恋に落ちた妻キャサリンに捨てられたため、ハリーは彼を慰める。
カフェの店員オスカーは、職探しに来たクロエに惹かれ、二人は愛し合うようになる。
失意のブラッドリーは不動産業者のダイアナと出会うのだが、彼女は妻帯者のデヴィッドと密会を続けていた。
傷ついた心が癒えないハリーは、周囲の変化を見守りながら息子の死の意味を考える・・・。
__________

様々な考えの人々と接するうちに、癒されない心の傷、苦悩を克服していく老教授の心理を、ロバート・ベントンが繊細な人間描写で描く、味わい深い作品に仕上がっている。

恋の物語のように宣伝された作品ではあるが、人々の愛を描きながら、その挫折や苦悩を乗り越えて人生を歩む人間の逞しさなどを描く、ヒューマン・ドラマと言える作品。

主演のモーガン・フリーマンの物腰や仕草、自然で重厚な演技は秀逸だ。

天から人々を見守る神のような存在である主人公だが、クライマックスまでは、最も辛い過去を背負いながらそれを克服しようとする人物として、モーガン・フリーマンは適役を見事に演じている。

度重なる恋の挫折で現実を直視することになるカフェのオーナー、グレッグ・キニア、彼と衝動的に結婚するものの、密会する妻帯者ビリー・バークとの関係を断ち切れないラダ・ミッチェル、同性のスタナ・カティックに惹かれ夫(グレッグ・キニア)を捨てるセルマ・ブレア、運命に逆らわずにトビー・ヘミングウェイとの短い時間を過ごすアレクサ・ダヴァロス、ブラッドリー(グレッグ・キニア)の治療をしたため、彼の運命の人となる医師エリカ・マロジャーン、主人公の妻ジェーン・アレクサンダー、オスカー(トビー・ヘミングウェイ)の父親フレッド・ウォード、霊能者マーゴ・マーティンデイル、ブラッドリーの妹ミッシー・パイル、クロエ(アレクサ・ダヴァロス)の友人シャノン・ルシオなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020