4298 Movies

ヨーク軍曹 Sergeant York (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1928年に発表された、アルヴィン・C・ヨークとトム・スキーヒルによる伝記小説”Sergeant York: His Own Life Story and War Diary”を基に製作された作品。
第一次大戦の戦功でアメリカの英雄となったアルヴィン・C・ヨークが、荒れた青年時代から信仰に目覚め、苦悩しながらも戦場で自由のために戦う姿を描く、製作ハル・B・ウォリス、監督ハワード・ホークス、脚本ジョン・ヒューストン、主演ゲイリー・クーパーウォルター・ブレナンジョーン・レスリー他共演の伝記ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ハワード・ホークス
製作
ジェシー・L・ラスキー

ハル・B・ウォリス
原作
”Sergeant York: His Own Life Story and War Diary”
アルヴィン・C・ヨーク

トム・スキーヒル
脚本
ジョン・ヒューストン

ハワード・E・コッチ
エイベム・フィンケル
ハリー・チャンドリー

サム・コーワン
撮影:ソル・ポリト
編集:ウィリアム・ホームズ
音楽:マックス・スタイナー

出演
アルヴィン・C・ヨークゲイリー・クーパー

ロジエ・パイル:ウォルター・ブレナン
グレイシー・ウィリアムズ:ジョーン・レスリー
マイケル・T”プッシャー”ロス:ジョージ・トビアス
バクストン少佐:スタンリー・リッジス
メアリー・ブルックス・ヨーク:マーガレット・ワイチャーリイ
アイク・ボトキン:ウォード・ボンド
バック・リプスコム:ノア・ビアリーJr.
ロージー・ヨーク:ジューン・ロックハート
ジョージ・ヨーク:ディック・ムーア
ジーク:クレム・ビーヴァンス
ゼブ:ロバート・ポーターフィールド
コーデル・ハルチャールズ・トロウブリッジ
ネイト・トムキンス:アーヴィル・アンダーソン
カッティング伍長:ジャック・ペニック
兵士:ギグ・ヤング

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1941年製作 134分
公開
北米:1941年7月2日
日本:1950年9月15日
製作費 $1,400,000
北米興行収入 $16,361,890


アカデミー賞 ■
第14回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ゲイリー・クーパー
編集賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウォルター・ブレナン
助演女優(マーガレット・ウィッチャーリー)
脚本・美術 (白黒部門)・撮影 (白黒部門)・録音・ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1916年、春、テネシー州、カンバーランド山脈ポール・モール
教会でロジエ・パイル牧師(ウォルター・ブレナン)の話を聞いていた信心深い人々は、酔って銃を乱射するアルヴィン・C・ヨークゲイリー・クーパー)と仲間のアイク・ボトキン(ウォード・ボンド)とバック・リプスコム(ノア・ビアリーJr.)の起こす騒ぎに驚く。

息子が暴れたことを知ったメアリー(マーガレット・ワイチャーリイ)は、酔っている割にはヨークの射撃の腕は確かだとパイルに伝えてその場を去る。

翌日、パイルの雑貨店に集まっていた男達は、行商人の語るヨーロッパでの戦争も、自分達には関係ない話だと言って興味を示さない。

酔うと手が付けられないヨークだったが、畑の仕事には精を出すと言って、その場に現れたメアリーは息子を庇うが、住民に迷惑をかけていることを気にする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1916年、テネシー州、カンバーランド山脈ポール・モール
働き者ではあるが酒を飲むと暴れるアルヴィン・C・ヨークは、パイル牧師に信仰についてを語られても興味を示さない。
そんなヨークは、美しいグレイシーに惹かれて結婚を決意し、土地を手に入れるために昼夜を問わず働き続ける。
しかし、支払期限を過ぎた地主は土地を売ってしまい、待つ約束を破られたヨークはショックを受ける。
地主に仕返ししようとしたヨークだったが、嵐の中で雷に打たれ、パイルの教会の人々の歌に誘われ、神の導きを感じる。
改心したヨークは、第一次大戦の兵役が神の教えに反すると言ってそれを拒む。
パイルに説得され兵役についたヨークは、迷いながらも自由のために戦う決意をして戦場に向かう・・・。
__________

アメリカの英雄であるアルヴィン・C・ヨークが、荒れた青年時代から改心し、神の教えと戦争との狭間で迷いながら自由のために戦うという、人生の歩み方や考えが、正にドラマになる題材として人々に受け入れられ、映画史に残る名作ともなった作品。

本作が公開されたのが1941年7月というところがポイントで、ヨーロッパで始まっていた戦争に、いつアメリカが参戦するかが注目されていた時期であり、やや戦意高揚的雰囲気もある。

神の教えに逆らうことで悩見ながら、戦場に向かうための訓練を受ける主人公が、上官から、自由をてにするためには犠牲が必要な場合もあると言われ、そのために戦いを決意するシーンなどは、アメリカ人が最も好む考えを映し出すシーンとして印象深い。

ユーモアを交えたヒューマン・ドラマ・タッチでもあり、シャープで無駄のない、ハワード・ホークスのダイナミックでもある演出は見応え十分だ。

第14回アカデミー賞では、作品賞をはじめ11部門にノミネートされ、主人公を演じたゲイリー・クーパーが主演男優賞を、そして編集賞も受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウォルター・ブレナン
助演女優(マーガレット・ウィッチャーリー)
脚本・美術 (白黒部門)・撮影 (白黒部門)・録音・ドラマ音楽賞

2008年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

人間味溢れる主人公アルヴィン・C・ヨークを見事に演じて高い評価を受けたゲイリー・クーパーアカデミー主演賞を受賞し、戦火が迫る混沌とする時代を生きる人々に大きな希望を与えた。

主人公を温かく見守る牧師を味わい深く演ずるウォルター・ブレナン、主人公と惹かれ合う、撮影当時16歳になったばかりとは思えないジョーン・レスリー、主人公の戦友ジョージ・トビアス、思慮深い上官スタンリー・リッジス、主人公である息子を思う母親を切実に演ずるマーガレット・ワイチャーリイ、主人公の悪友ウォード・ボンドノア・ビアリーJr.、主人公の妹ジューン・ロックハート、弟ディック・ムーア、町の老人クレム・ビーヴァンス、住人ロバート・ポーターフィールド、地主アーヴィル・アンダーソンコーデル・ハル上院議員チャールズ・トロウブリッジ、兵士役でジャック・ペニックギグ・ヤングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020