4311 Movies

プルートで朝食を Breakfast on Pluto (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女性の心を持つ青年の母を捜そうとする波乱の人生を描く、製作、監督、脚本ニール・ジョーダン、主演キリアン・マーフィーリーアム・ニーソンスティーヴン・レイブレンダン・グリーソンルース・ネッガ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ニール・ジョーダン
製作
ニール・ジョーダン
アラン・モロニー
スティーヴン・ウーリー
製作総指揮
ブレンダン・マッカーシー
フランソワ・イヴェルネル
キャメロン・マクラッケン
マーク・ウッズ
原作:パトリック・マッケーブBreakfast on Pluto
脚本
ニール・ジョーダン
パトリック・マッケーブ
撮影:デクラン・クイン
編集:トニー・ローソン
音楽:アンナ・ジョーダン

出演
パトリック“キトゥン”ブレイデン:キリアン・マーフィー
リーアム神父:リーアム・ニーソン
バーティ・ヴォーン:スティーヴン・レイ
ジョン・ジョー・ケニー:ブレンダン・グリーソン
ウォリス刑事:イアン・ハート
チャーリー:ルース・ネッガ
アーウィン・カー:ローレンス・キンラン
バイカー:リアム・カニンガム
ビリー・ハチェット:ギャヴィン・フライデー
アイリー・バーギン:エヴァ・バーシッスル
シルクのひもの男性:ブライアン・フェリー
ブレイデン夫人:ルース・マッケイブ
キャロライン・ブレイデン:シャーリーン・マッケンナ
ラウトレッジ刑事:スティーヴン・ウォディントン
ディスコの兵士:ドミニク・クーパー

イギリス/アイルランド 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2005年製作 129分
公開
イギリス:2006年1月13日
アイルランド:2006年1月13日
北米:2005年11月16日
日本:2006年6月10日
北米興行収入 $828,700
世界 $3,942,250


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

第1章 私は捨てられる

北アイルランド、タイリーリン。
ある女性が、リーアム神父(リーアム・ニーソン)の家の玄関に赤ん坊を置いて立ち去る。

子供を預けることにしたリーアム神父は、そのことで悩み、姿を消した”ミッツィ・ゲイナー”に似た家政婦のことを考える。

第2章 育ての母の靴

キトゥンを養子にしたパブを経営するブレイデン夫人(ルース・マッケイブ )と娘のキャロライン(シャーリーン・マッケンナ)は、女装や化粧を好む彼を叱る。

そのことをキトゥンから懺悔室で聞いたリーアム神父は頭を抱える。

第3章 紹介:友人達

そんなキトゥンだったが、知恵遅れのローレンス、アーウィン・カー、チャーリーらと仲良くなり楽しく遊ぶ。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
1998年に発表された、パトリック・マッケーブの小説”Breakfast on Pluto”を基に製作された作品。

(簡略ストー リー)
北アイルランド、タイリーリン。
教会の入り口に捨てられた赤ん坊を里親に預けたリーアム神父は、成長したパトリック“キトゥン”ブレイデンが女の子の心を持つことを知る。
実は、家政婦アイリーとの間にできた子がキトゥンであったため、リーアム神父は、それを知ったキトゥンからその件を追求される。
キトゥンは、ロンドンに行ったアイリーのことをリーアム神父から話してもらえない。
高校で問題を起こすキトゥンは養母に見限られ、家を出る決心をして、母を捜すためにロンドンに向かうのだが・・・。
__________

女性の心を持つ純真な青年の母を捜す旅と波乱の人生を描くコメディ・ドラマ。

1960年代から1970年代にかけての当時のヒット曲などを挿入し、北アイルランド問題などで揺れ動く社会、文化ファッションなど、激動の時代を生き抜く青年の人生を、ニール・ジョーダンがユーモアを交えて軽妙に描く作品。

ニール・ジョーダンは「ブッチャー・ボーイ」(1987)でも、本作の原作者パトリック・マッケーブの作品を映画化している。

ファンとしては、ジョン・フォードジョン・ウェインが組んだ名作「静かなる男」(1952)のヴィクター・ヤングの楽曲が序盤で登場するのは嬉しい。

周囲の偏見の目も気にせず、奔放で明るい女性の心を持つ青年を熱演したキリアン・マーフィーの演技は絶賛され、ゴールデングローブ賞の主演男優賞(コメディ・ミュージカル)にノミネートされた。

神父でありながら主人公の父親として愛を伝えられずに苦悩するリーアム・ニーソン、主人公に惹かれるマジシャンのスティーヴン・レイ、”ワォンブルズ・ワールド”で主人公と知り合うブレンダン・グリーソン、主人公を取り調べるものの、彼の人生を気遣う刑事のイアン・ハート、その同僚スティーヴン・ウォディントン、主人公の親友ルース・ネッガ、その恋人でIRAの協力者ローレンス・キンラン、主人公が出合うバイカーのリアム・カニンガム、”グラムロック”バンド”のリーダーでIRAの協力者でもあるギャヴィン・フライデー、”ミッツィ・ゲイナー”に似ている(似ていない?)と言われる主人公の母親エヴァ・バーシッスル、主人公に迫る男性ブライアン・フェリー、主人公の養母ルース・マッケイブ、その娘シャーリーン・マッケンナ、主人公を誘う兵士のドミニク・クーパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020