4239 Movies

ブラニガン Brannigan (1975)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベテランのはみ出し刑事が、同僚を殺した悪党を追ってロンドンに向かい大暴れするという、大スター、ジョン・ウェインの刑事アクション。
リチャード・アッテンボロージュディ・ギーソンメル・ファーラージョン・ヴァーノンレスリー=アン・ダウン共演。


アクション/アドベンチャー

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ダグラス・ヒコックス
製作総指揮:マイケル・ウェイン
製作
ジュールス・V・レヴィ

アーサー・ガードナー
脚本
クリストファー・トランボ(原案)
マイケル・バトラー(原案)
ウィリアム・P・マッギヴァーン

ウィリアム・W・ノートン
撮影:ジェリー・フィッシャー
編集:マルコム・クーク
音楽:ドミニク・フロンティア

出演
ジョン・ウェイン:ジェームズ・ブラニガン
リチャード・アッテンボロー:チャールズ・スワン警視
ジュディ・ギーソン:ジェニファー・サッチャー
メル・ファーラー:メル・フィールズ
ジョン・ヴァーノン:ベン・ラーキン
ダニエル・ピロン:ジョン・ゴーマン
ジェームズ・ブース:チャーリー・ザ・ハンドル
ラルフ・ミーカー:モレッティ警部
レスリー=アン・ダウン:ルアナ

アメリカ 映画
配給 ナイテッド・アーティスツ
1975年製作 111分
公開
北米:1975年3月26日
日本:1975年8月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ市警のジェームズ・ブラニガン(ジョン・ウェイン)は、彼の同僚を殺し指名手配されている暗黒街の大物ベン・ラーキン(ジョン・ヴァーノン)を追っていた。

モレッティ警部(ラルフ・ミーカー)の命令で、空港に強制連行されたブラニガンは、ラーキンが、ロンドンで逮捕されたことを知らされ、急遽現地に向かう。

その頃、ラーキンは弁護士のメル・フィールズ(メル・ファーラ)から、ブラニガンの情報と、既に殺し屋のジョン・ゴーマン(ダニエル・ピロン)を手配したことを知らされる。

ロンドンに着いたブラニガンは、出迎えたスコットランド・ヤードのジェニファー・サッチャー(ジュディ・ギーソン)に連れられて、上司のチャールズ・スワン卿(リチャード・アッテンボロー)の元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ市警の刑事ジェームズ・ブラニガンは、同僚を殺した犯罪者のラーキンを追いロンドンに向かう。
スコットランド・ヤードのスワン警視から、行過ぎた行動を慎むよう警告されたブラニガンは、それを無視して自分流の捜査を始めてしまう。
やがて、ラーキンが何者かに誘拐されてしまい、ブラニガンは、身代金の引渡しのために動き出した、ラーキンの弁護士フィールズの動きを監視する。
しかし、ブラニガンには、雇われた殺し屋の魔の手が迫っていた・・・。
__________

ロンドンで、やりたい放題のジョン・ウェインなのだが、彼の、いつものスタイルを全く変えようとしない強引な行動、あの迫力では、誰にも止められないというところだ。

スクリーンからはみだしそうなウェインの巨体は、共演者のリチャード・アッテンボロージュディ・ギーソンが小柄なだけに、その存在が余計に際立つ。

警察官でも拳銃所持が許されないイギリスの法律制度、アメリカとは違う小ぢんまりしたロンドンの街並みや、窮屈そうに小型車に乗るウェインの姿も新鮮味があり面白い。

西部劇さながらの酒場での乱闘、ロンドン市内での珍しいカーチェイスも登場し、当時流行っていた刑事ものに、ロンドン・ロケの一捻りを加えた娯楽作に仕上がっている。

ドミニク・フロンティアの、勇ましく軽快な音楽も印象に残る。

ウェインのファンであれば、とにかく彼が画面に登場してさえいれば嬉しいもので、建物のドアや、取れるはずもない車のドアを蹴破るシーンなど、ウェインらしさを満喫できる作品でもある。

堅物のスコットランド・ヤードの警視リチャード・アッテンボローも、ウェインにつられて茶目っ気があるところを披露したり、ジュディ・ギーソンが、ドデカイ縫いぐるみでも扱うように、ウェインの世話をするところなども微笑ましい。

リチャード・アッテンボローに加え、メル・ファーラーやアクの強いジョン・ヴァーノンの登場が、ウェインのワンマン作品になりそうなところを緩和している。

殺し屋ダニエル・ピロン、彼に殺されるレスリー=アン・ダウン、誘拐犯ジェームズ・ブース、そして主人公の上司でラルフ・ミーカーも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020