4239 Movies

眼下の敵 The Enemy Below (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

イギリス海軍中佐デニス・レイナーの体験談と”大西洋の戦い”をベースにした著書を参考に製作された作品。
第二次大戦下、アメリカの駆逐艦とドイツ軍Uボート、双方の艦長の誇りを懸けた戦いを描く、製作、監督ディック・パウエル、主演ロバート・ミッチャムクルト・ユルゲンスによる戦争ドラマの秀作。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:ディック・パウエル
製作:ディック・パウエル
原作:デニス・レイナー
脚色:ウェンデル・メイス
撮影:ハロルド・ロッソン
編集:スチュアート・ギルモア
音楽:リー・ハーライン

出演
ロバート・ミッチャム:マーレル艦長
クルト・ユルゲンス:フォン・ストルバーグ艦長
デヴィッド・ヘディソン: ウェアー大尉
セオドア・ビケル:”ハイニー”スクワッファー
ラッセル・コリンズ:ドク/軍医
カート・クルーガー:フォン・ホーレム
ダグ・マクルーア:メリー少尉

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1957年製作 97分
公開
北米:1957年12月25日
日本:1958年1月8日


アカデミー賞 ■
第30回アカデミー賞
・受賞
特殊効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第二次大戦下の南大西洋
アメリカ海軍駆逐艦”ヘインズ”のマーレル艦長(ロバート・ミッチャム)は、着任以来艦長室に閉じ篭っていた。

ヘインズの乗組員の中には、民間人の艦長に不信感を抱く者もいた。

副官ウェア大尉(デヴィッド・ヘディソン)らも同じ意見だったのだが、貨物船に乗っていたマーレルは、魚雷攻撃で船を失い、25日間も漂流していた体での復帰が早過ぎると、ドク/軍医(ラッセル・コリンズ)は指摘する。

平穏な日々が続く中、突然、レーダーで、ドイツ軍Uボートを発見すると、マーレル艦長は、陣頭指揮を執り始める。

しかし、艦内には依然マーレルを信用しきれない雰囲気が漂う。

その頃、Uボート内では、フォン・ストルバーグ艦長(クルト・ユルゲンス)が、ヒトラーが進めるこの無益な戦いに栄誉がないことを、副官”ハイニー”スクワッファー(セオドア・ビケル)に、嘆きながら語る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
第二次大戦下の南大西洋、アメリカの駆逐艦”ヘインズ”の艦長マーレルは、貨物船乗組員時代に、魚雷攻撃により目の前で新妻を亡くし、心に傷を負っていた。
そこに、同じく二人の息子をこの戦争で亡くした、フォン・ストルバーグ艦長の率いるドイツ軍Uボートがレーダーで発見される。
二人の艦長は、私情は捨て、自らの誇りを胸に戦いに挑む。
そして、姿の見えない二人は、互いの戦いぶりに敬意を表しながら、捨て身の作戦に打って出る・・・。
__________

第二次大戦下、アメリカ海軍駆逐鑑とUボートの戦いを、まるで質の高いスポーツの試合を見てるかのように描き、主人公の二人の艦長の体験談などで、戦争の悲惨さや虚しさも表現する、ディック・パウエルの見応えある演出が光る、戦争ドラマの秀作。

第30回アカデミー賞では、特殊効果賞を受賞した。

両艦長共に、肉親をこの戦争で失っているにも拘らず、任務や部下の命を預かる使命感で行動する姿とフェアな戦いぶりは実に清々しい。

ほとんど笑顔も見せずに、的確な指示を出し、任務を遂行していくロバート・ミッチャムと、戦争に対し、哲学的な奥深い考えを持つクルト・ユルゲンス、両艦長の男らしさには惚れ惚れする。

アメリカ海軍全面協力による海上のオール・ロケは、逞しい男達の映画に相応しく、迫力ある映像でドラマを盛り上げる。

勇ましいリー・ハーラインの音楽も非常に印象的だ。

本作には、女性が一人も登場しないどころか、主人公ロバート・ミッチャムが一瞬、妻のことを語るだけで、セリフでも女性が語られない、正に男のドラマと言える。

駆逐艦副官デヴィッド・ヘディソン、軍医ラッセル・コリンズUボート副官セオドア・ビケル、そして、これがデビュー作のダグ・マクルーアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020