4505 Movies

荒原の激闘 Born to the West (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

放浪の旅を続ける青年が牛泥棒の陰謀に立ち向かう姿を描く、監督チャールズ・バートン、主演ジョン・ウェインマーシャ・ハントジョン・マック・ブラウンジョン・マック・ブラウンモンテ・ブルー他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・バートン

製作:ウィリアム・T・ラッキー
製作総指揮:ウィリアム・ルバロン
原作:ゼイン・グレイ
脚本
スチュアート・アンソニー
ロバート・ヨスト
撮影:デイヴ・ジェニングス
編集:ジョン・F・リンクSr.

出演
デア・ラッド:ジョン・ウェイン
ジュディ・ワーストール:マーシャ・ハント
トム・フィルモア:ジョン・マック・ブラウン
リン・ハーディ:ジョン・パターソン
バート・ハモンド:モンテ・ブルー
牛のバイヤー:ルシアン・リトルフィールド
ディンキー・フーリー:シド・セイラー
牛飼い:アール・ドワイヤー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1937年製作 59分
公開
北米:1937年12月10日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワイオミング州。
牛を移動させていた牧畜業者兼銀行家のトム・フィルモア(ジョン・マック・ブラウン)は、何者かに襲われる。

モンタナから来たデア・ラッドと(ジョン・ウェイン)と避雷針のセールスマンのディンキー・フーリー(シド・セイラー)は、暴走する牛の群れに気づき手を貸そうとする。

牛泥棒だと知ったデアとディンキーは加勢するのをやめるが、トムに銃を向けられる。

デアは従兄だとトムに気づき、明日、町で会う約束をして別れる。

町に着いたデアとディンキーは、カジノでイカサマがバレて殴られ追い出される。

ディンキーと共にトムを訪ねたデアは、地道に働き身を固めるようにと言われるものの、それを断り、100ドルを受け取り旅立とうとする。

そこにトムの恋人ジュディ・ワーストール(マーシャ・ハント)が現れれ、デアは彼女に一目惚れしてしまう。

デアを紹介されたジュディは、彼の目の怪我が気になる。

避雷針のセールスをするディンキーから、テスト中に事故に遭ったと言われたジュディは、デアを気遣う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
モンタナを旅立ったデア・ラッドとディンキーは、ワイオミングに着く。
デアは、牧畜業者兼銀行家である従兄のトムに会い、仕事を勧められるものの、それを断り旅を続けようとする。
ところが、トムの恋人である美しいジュディに一目惚れしたデアは、町に留まり仕事に就く。
カジノの経営者ハモンドは、トムの牛を奪おうとしていたが失敗していた。
ある日デアは、牛を移動させて市場で売る仕事をトムに任され、ハモンドに狙われていることも知らずに、ディンキーと共に出発するのだが・・・。
__________

ヴォードヴィルで活躍し、その後、映画監督となり、1933年にはアカデミー助監督賞を受賞したチャールズ・バートンの監督作品。

放浪の旅を続ける青年が、町の名士である従兄の牛を狙う牛泥棒の陰謀に立ち向かう姿を描く西部劇。

パラマウント・ピクチャーズの作品ではあるが、低予算映画の定番であった馬の追跡や銃撃戦などが随所に登場し、西部劇の醍醐味を味わえる作品。

それに加え、キャトルドライブのスケール感のある映像やポーカーのギャンブル、そして恋も盛り込まれた、娯楽の要素が満載の作品に仕上がっている。

主演のジョン・ウェインは、人生経験の浅い男として頼りなさはあるものの、いざという時には全力で苦難に立ち向かう青年を熱演している。

主人公の行動を見守りつつ惹かれていく、撮影当時まだ10代のマーシャ・ハントの美しさは際立つ。

主人公の従兄で牧畜業者兼銀行家であるジョン・マック・ブラウン、彼の牛を狙うカジノの経営者モンテ・ブルー、彼と手を組み牛泥棒に加担する牧童のジョン・パターソン、牛のバイヤー役ルシアン・リトルフィールド、避雷針のセールスをする主人公の相棒シド・セイラー、牛飼いのアール・ドワイヤーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021