4505 Movies

ザ・グラッジ The Grudge (2020)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年に公開された日本映画”呪怨/Ju-On: The Grudge”のリメイク「THE JUON/呪怨」(2004)とその続編2作の前後が舞台となっているシリーズ第4作。
呪われた事件を捜査する刑事に襲いかかる恐怖を描く、製作サム・ライミ、監督、脚本ニコラス・ペッシェ、主演アンドレア・ライズボローデミアン・ビチルジョン・チョーベティ・ギルピンリン・シェイジャッキー・ウィーヴァーウィリアム・サドラー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ニコラス・ペッシェ
製作
サム・ライミ
ロブ・タパート
一瀬隆重
製作総指揮
ロイ・リー
ダグ・デイヴィソン
ジョン・パワーズ・ミドルトン
スカイラー・ワイス
原作:清水崇呪怨/Ju-On: The Grudge
原案
ニコラス・ペッシェ
ジェフ・ブーラー
脚本:ニコラス・ペッシェ
撮影:ザッカリー・ギャラー
編集
ガードナー・グールド
ケン・ブラックウェル
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

出演
マルドゥーン刑事:アンドレア・ライズボロー
グッドマン刑事:デミアン・ビチル
ピーター・スペンサー:ジョン・チョー
ニーナ・スペンサー:ベティ・ギルピン
フェイス・マシスン:リン・シェイ
ローナ・ムーディ:ジャッキー・ウィーヴァー
ウィルソン刑事:ウィリアム・サドラー
ウィリアム・マシスン:フランキー・フェイソン
バーク・マルドゥーン:ジョン・J・ハンセン
フィオナ・ランダーズ:タラ・ウェストウッド
サム・ランダーズ:デヴィッド・ローレンス・ブラウン
メリンダ・ランダーズ:ゾーイ・フィッシュ
コール捜査官:ナンシー・ソレル
看護師:ステファニー・シィ
グレコ刑事:ジョエル・マーシュ・ガーランド
フリードマン医師:ロビン・ルーエル
マイケルズ巡査:ブラッドリー・サワツキー
佐伯伽椰子:ジュンコ・ベイリー

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2020年製作 94分
公開
北米:2020年1月3日
日本:2020年10月30日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $11,404,110
世界 $49,511,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2004
年 東京。
住み込み看護師のフィオナ・ランダーズ(タラ・ウェストウッド)は、ウィリアムズ家で目撃した出来事を気にしながら、帰国しようとする。

フィオナは、介護士の関根洋子に電話をして、エマは眠っているので、ケアセンターのアレックス・ベイカーに鍵を返すと伝える。

家族に会いたいと言うフィオナは、家に帰ることを洋子に伝えるものの、電話が切れてしまう。

ゴミ袋が動いているように思えたフィオナは、別の袋から出た手に脚を掴まれる幻覚を見る。

フィオナの背後には佐伯伽椰子(ジュンコ・ベイリー)の霊が現れる。

ペンシルベニア州、クロスリバー、レイバーン・ドライブ44番地。
自宅に戻ったフィオナは、夫のサム(デヴィッド・ローレンス・ブラウン)と幼い娘メリンダ(ゾーイ・フィッシュ)に迎えられる。

2006年
引っ越してきたマルドゥーン刑事(アンドレア・ライズボロー)は、父をガンで亡くして間もない息子バーク(ジョン・J・ハンセン)のことが気になる。

グッドマン刑事(デミアン・ビチル)は、新米の相棒マルドゥーンと共に、郊外の森の遺体発見現場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「THE JUON/呪怨」(2004)
・「呪怨 パンデミック」(2006)
・「呪怨 ザ・グラッジ3」(2009)
・「ザ・グラッジ」(2020)

*(簡略ストーリー)
2004年、ペンシルベニア州、クロスリバー。
東京のウィリアムズ家で看護師をしていたフィオナ・ランダーズは、そこで起きた出来事を気にしながら帰国する。
その後、日本から持ち帰った佐伯伽椰子の呪いにより、フィオナは夫のサムと幼い娘メリンダを殺害して自殺する。
その家を世話した不動産業者のピーターも、呪いにより妻ニーナを殺害して命を絶つ。
次にその家に妻フェイスと共に越したウィリアムは、病気の彼女のことを思い、自殺幇助コンサルタントのローナを呼び寄せる。
夫をガンで亡くし、息子のバークと共に町に越してきた刑事のマルドゥーンは、同僚のグッドマン刑事と、郊外で見つかった変死体の事件現場に向かう。
遺体のローナの所持品から、彼女が、かつてグッドマンが担当したランダース事件の家から来たことが分かる。
動揺するグッドマンから、家には近づかない方がいいと言われながら、マルドゥーンは事件の捜査を始めるのだが・・・。
__________

2002年に公開された日本映画”呪怨/Ju-On: The Grudge”のリメイク「THE JUON/呪怨」(2004)とその続編2作の前後が舞台となっているシリーズ第4作。

東京で起きた怪事件と関係する、呪われた殺人事件を捜査する刑事に襲いかかる恐怖を描くホラー。

1・2作に続きサム・ライミが製作を担当し、弱冠28歳のニコラス・ペッシェが脚本を兼ねて監督した作品。

冒頭は東京のウィルソン家から始まり、呪いの連鎖が始まる序章として描かれ、アメリカに戻った看護師が持ち帰ってしまった”佐伯伽椰子”の霊により、彼女が家族を殺害して自殺し、呪われた家の関係者が次々と犠牲者となる内容となっている。

2004年、2005年、2006年の事件が前後して描かれる展開は複雑ではないが、新鮮味に欠ける内容に加えて、実力派スターが揃った魅力的なキャスティングを活かせない、ニコラス・ペッシェの演出と脚本は酷評されてしまった。

主演のアンドレア・ライズボローは、夫を亡くし、悲しみに堪えながら呪われた家の事件に関わってしまう刑事を好演している。

かつて事件に関わりその恐ろしさを知るために、深入りする主人公を気遣う同僚刑事のデミアン・ビチル、問題の家の不動産業者ジョン・チョー、その妻ベティ・ギルピン、事件後にその家に引っ越し呪われるリン・シェイ、その夫フランキー・フェイソン、彼の相談に乗る自殺幇助カウンセラーのジャッキー・ウィーヴァー、事件を担当したために呪われる刑事のウィリアム・サドラー、主人公の息子ジョン・J・ハンセン、東京から呪いを持ち帰ってしまう看護師タラ・ウェストウッド、その夫で彼女に殺されるデヴィッド・ローレンス・ブラウン、同じく殺される娘ゾーイ・フィッシュ、捜査官のナンシー・ソレル、看護師のステファニー・シィ、主人公の同僚刑事ジョエル・マーシュ・ガーランドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021