4450 Movies

ボルグ/マッケンロー Borg vs McEnroe (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

テニス史上に残る名勝負となった”1980年ウィンブルドン選手権男子シングルス決勝”の対戦に至るまでのビヨン・ボルグジョン・マッケンローの闘いの日々を描く、監督ヤヌス・メッツ、主演スヴェリル・グドナソンシャイア・ラブーフステラン・スカルスガルドツヴァ・ノヴォトニー他共演のスポーツ・ドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト
監督:ヤヌス・メッツ

製作
ヨーン・ノアステット
フレデリク・ヴィークストレム・ニカストロ
製作総指揮:ティム・キング
脚本:ロンニ・サンダール
撮影:ニルス・タストゥム
編集
ペール・サンドホルト
ペール・K・キルケゴー
音楽
ウラジスラフ・ディレイ
ジョン・エクストランド
カール・ヨハン・セヴェダグ
ジョナス・ストラック

出演
ビヨン・ボルグスヴェリル・グドナソン
ビヨン・ボルグ(9~13歳):レオ・ボルグ
ビヨン・ボルグ(14~17歳)マーカス・モスバーグ
ジョン・マッケンローシャイア・ラブーフ
レナート・ベルゲリンステラン・スカルスガルド
マリアナ・シミオネスクツヴァ・ノヴォトニー
ビタス・ゲルレイティスロバート・エムズ
アーサー・アッシュジェイソン・フォーブス
ベングト・グライヴビヨルン・グラナス
ピーター・フレミング:スコット・アーサー
ジミー・コナーズ:トム・ダトナウ
ジョン・マッケンローSr.:イアン・ブラックマン
ケイ・マッケンロー:ジェーン・ペリー
レナート・ハイランドトーマス・ヘデングラン

スウェーデン/デンマーク/フィンランド 映画
配給 Nordisk Film
2017年製作 108分
公開
北米:2018年4月13日
日本:2018年8月31日
製作費 SEK165,000,000
北米興行収入 $231,350
世界 $3,430,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1980年7月5日、ウィンブルドンセンターコート
ウィンブルドン選手権男子シングルス決勝
5連覇を狙う世界ランク1位、スウェーデンビヨン・ボルグスヴェリル・グドナソン)と2位、アメリカのジョン・マッケンローシャイア・ラブーフ)の戦いはファイナルセットを迎える。
__________

1980年、モナコ
ベランダで海を眺めるボルグは、自宅近くで壁打ちを続けた少年時代(レオ・ボルグ)を思い出す。

ウィンブルドンを控えるボルグは、その日のトレーニングを終えてクラブを去ろうとするものの、車をロックしてしまったことに気づく。

歩いて街に向かったボルグは、人々に気づかれたためにカフェに寄り、コーヒーを注文する。

財布を車に忘れたために、後払いできるか店員のアモドゥに尋ねたボルグは、店を手伝えば代金はいらないと言われ、荷物運びをする。

偽名を使い電気技師だとアモドゥに話したボルグは、信じてもらえない。

自宅に戻ったボルグは、心配していた恋人でルーマニア人テニスプレイヤーのマリアナ・シミオネスクツヴァ・ノヴォトニー)と出発の準備のことを話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1980年。
ウィンブルドン選手権”で5連覇を狙う世界ランク1位、スウェーデンビヨン・ボルグは、その重圧に苦しみながら調整を続ける。
一方、新星で同ランク2位、アメリカのジョン・マッケンローは、ボルグから王座を奪えると期待されるものの、そのプレイ態度や暴言が問題視されていた。
大会は始まり、順調に勝ち進んだボルグマッケンローは、ついに決勝のセンターコートで対戦することになる・・・。
__________

テニス史上に残る名勝負となった、”1980年ウィンブルドン選手権男子シングルス決勝”の、対戦に至るまでのビヨン・ボルグジョン・マッケンローの闘いの日々を描く実録スポーツ・ドラマ。

近年、歴史に残る人物の映画化が多い中で、ハリウッド作品でないにも拘らず、主人公の役作りや当時を見事に再現した素晴らしいドラマに仕上がっている。

過剰なメイクに頼らずに、ビヨン・ボルグジョン・マッケンロー本人の雰囲気を表現した、スヴェリル・グドナソンシャイア・ラブーフの演技は見ものだ。

リアルタイムで”世紀の一戦”を見た者にとして、その時代を想い起させてくれる作品でもある。

傍からは頂点に君臨する王のように見える存在のビヨン・ボルグが、連覇の重圧に苦しみ続ける姿が痛々しく描かれ、暴れん坊のように思えるジョン・マッケンローが、実は繊細な考えの持ち主である様子なども見事に表現されている。

9~13歳のビヨン・ボルグを演ずる、彼の実の息子レオ・ボルグ、14~17歳のマーカス・モスバーグ、ボルグの才能を開花させたコーチ、レナート・ベルゲリンを深く演ずるステラン・スカルスガルドボルグを支える恋人マリアナ・シミオネスクツヴァ・ノヴォトニー、テニスプレイヤー、ビタス・ゲルレイティスロバート・エムズアーサー・アッシュジェイソン・フォーブスピーター・フレミングのスコット・アーサー、ジミー・コナーズのトム・ダトナウ、スウェーデンのスポーツ・コメンテーター、ベングト・グライヴビヨルン・グラナス、ジョン・マッケンローSr.のイアン・ブラックマン、その妻ケイのジェーン・ペリースウェーデンのTVショーのホスト、レナート・ハイランドトーマス・ヘデングランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021