4295 Movies

チャーチル ノルマンディーの決断 Churchill (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦下、ノルマンディー上陸作戦決行に反対したイギリス首相/ウィンストン・チャーチルの苦悩を描く、監督ジョナサン・テプリツキー、主演ブライアン・コックスミランダ・リチャードソンジョン・スラッテリージェームズ・ピュアフォイ他共演のドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:ジョナサン・テプリツキー

製作
ニック・タウシグ
ポール・ヴァン・カーター
クローディア・ブリュームフーバー
ピアース・テンペスト
製作総指揮
ティム・ハスラム
ヒューゴ・グランバー
ジョー・バムフォード
イアン・バーグ
ピーター・ハンプデン
フィル・ハント
イアン・ハッチンソン
ジギー・カマサ
ニック・マンジー
ノーマン・メリー
マイケル・ミリロ
クリストファー・J・レイノルズ
アンドレア・レイノルズ
コンプトン・ロス
ロンネル・ショウ
マイク・スター
脚本:アレックス・フォン・タンゼルマン
撮影:デヴィッド・ヒッグス
編集:クリス・ギル
音楽:ローン・バルフ

出演
ウィンストン・チャーチルブライアン・コックス
クレメンタイン・チャーチルミランダ・リチャードソン
ドワイト・D・アイゼンハワージョン・スラッテリー
バーナード・モントゴメリー将軍:ジュリアン・ワダム
ヤン・スマッツ将軍:リチャード・ダーデン
ヘレン・ギャレット:エラ・パーネル
アラン・ブルック将軍/アランブルック子爵ダニー・ウェッブ
トラフォード・リー=マロリー将軍:ジョナサン・アリス
バートラム・ラムゼー提督:ジョージ・アントン
ジェームズ・スタッグ大佐:スティーヴン・クリー
ジョージ6世ジェームズ・ピュアフォイ
エイサ・ブリッグス:ピーター・オーモンド
ケイ・サマーズビー:アンジェラ・コステロ
ファンショー:ケヴィン・フィンドレー
ハワード副官:ミロ・テプリツキー

イギリス 映画
配給 Cohen Media Group
2017年製作 98分
公開
イギリス:2017年6月16日
北米:2017年6月2日
日本:2018年8月18日
製作費 $6,400,000
北米興行収入 $1,281,260
世界 $6,724,370


アカデミー賞
第回アカデミー賞

・受賞

・ノミネート


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1944年6月。
フランスナチスの占領下にあり、連合国が”西部戦線”に勝つには解放しなければならなかった。

イギリス首相ウィンストン・チャーチルブライアン・コックス)は、海岸で考え込む。

チャーチルは、先の大戦での”ガリポリの戦い”の指揮官として、多くの若者を死なせてしまったことを思い出し動揺する。

クレメンタインミランダ・リチャードソン)に声をかけられたチャーチルは、ロンドンに向かう。

首相官邸別館、第二次大戦 1736日目。
アドバイザーである陸軍ヤン・スマッツ将軍(リチャード・ダーデン)と共に出かけるチャーチルは、クレメンタインから、新しい秘書ヘレン・ギャレット(エラ・パーネル)を紹介される。

会議が行われる場所に到着したチャーチルは、連合軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワージョン・スラッテリー)、イギリス陸軍/アラン・ブルック将軍/アランブルック子爵ダニー・ウェッブ)、バーナード・モントゴメリー将軍(ジュリアン・ワダム)らに迎えられる。

チャーチルらは、到着した国王ジョージ6世ジェームズ・ピュアフォイ)を迎え、アイゼンハワーが”オーヴァーロード作戦”について説明して意見を求める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1944年6月、第二次大戦下。
連合軍によるヨーロッパ侵攻を開始する”ノルマンディー上陸作戦オーヴァーロード作戦)”の決行が迫る中、イギリス首相ウィンストン・チャーチルは、先の大戦で多くの若者を失った経験からその悪夢を繰り返すことを恐れ、作戦計画の変更を提案する。
連合国最高司令本部の最高司令官アイゼンハワーにそれを却下されたチャーチルは、考えを変えることなく自分の信念を貫こうとするのだが・・・。
__________

第二次大戦下のウィンストン・チャーチルを描く「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(2017)の7か月前に公開された本作は、同作の大戦初期に対して、その雌雄を決する”ノルマンディー上陸作戦”決行までが緊迫感溢れる内容で描かれている。

ナチス強硬路線を邁進していたチャーチルだったが、第一次大戦で自分が指揮した”ガリポリの戦い”の悪夢を繰り返したくないために作戦に反対した、彼の苦悩を描いた作品。

当然ながら”連合国最高司令本部”の作戦決行会議の様子などが登場し、それらを含め、ノルマンディー上陸作戦を壮大なスケールで描いた戦争映画の名作「史上最大の作戦」(1962)も参考にして下さい。

ウィンストン・チャーチル役である主演のブライアン・コックスは、作戦決行までの苦悩の日々を見事に演じる熱演を見せてくれる。
個人的な意見だが、歴史的人物に似せるための過剰なメイクをせずに、本作のように役者本来の演技で本人を演じさせるべきだと思う。

主人公である夫の行動を見守りながら対立しながら激励し、彼と”連合国最高司令本部”の調整役となるクレメンタイン・チャーチルを好演するミランダ・リチャードソン連合国最高司令本部最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワージョン・スラッテリーイギリス陸軍の総司令官バーナード・モントゴメリー将軍のジュリアン・ワダムチャーチルのアドバイザーとして支えるヤン・スマッツ将軍のリチャード・ダーデンチャーチルの秘書エラ・パーネルイギリス陸軍/アラン・ブルック将軍/アランブルック子爵ダニー・ウェッブイギリス空軍/トラフォード・リー=マロリー将軍のジョナサン・アリスイギリス海軍/バートラム・ラムジー提督のジョージ・アントン、気象部のジェームズ・スタッグ大佐のスティーヴン・クリー、国王ジョージ6世ジェームズ・ピュアフォイ、歴史家エイサ・ブリッグスのピーター・オーモンド、アイゼンハワーの個人秘書ケイ・サマーズビーのアンジェラ・コステロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020