4314 Movies

ビッグ・アイズ Big Eyes (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1960年代にアート界に衝撃を与えた画家マーガレット・キーンと夫ウォルター・キーンの波乱の結婚生活を描く、製作、監督ティム・バートン、主演エイミー・アダムスクリストフ・ヴァルツダニー・ヒューストンジェイソン・シュワルツマンテレンス・スタンプ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧
エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ティム・バートン

製作
ティム・バートン
スコット・アレキサンダー
ラリー・カラゼウスキー
脚本
スコット・アレキサンダー
ラリー・カラゼウスキー
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:JC・ボンド
音楽:ダニー・エルフマン

出演
マーガレット・キーンエイミー・アダムス
ウォルター・キーンクリストフ・ヴァルツ
ディック・ノーラン:ダニー・ヒューストン
ディーアン:クリステン・リッター
ルーベン:ジェイソン・シュワルツマン
ジョン・キャナデイテレンス・スタンプ
エンリコ・バンドゥッチジョン・ポリト
ジェーン(幼少期):デラニー・レイ
ジェーン(少女期):マデリン・アーサー
判事:ジェームズ・サイトウ

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2014年製作 106分
公開
北米:2014年12月25日
日本:2015年1月23日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $14,479,780
世界 $29,253,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1958年、北カリフォルニア
男性優位の時代、横暴な夫から逃げるために、マーガレット・ウルブリッヒエイミー・アダムス)は、描いた絵を持参し、幼い娘ジェーン(デラニー・レイ)を連れて家を出る。

サンフランシスコノースビーチ
友人のディーアン(クリステン・リッター)と再会したマーガレットは、職もない身で夫と別居してしまったため、焦って仕事を探し始める。

絵を描くことしかできなかったマーガレットは、家具会社の職を得ながら、休日には似顔絵を描き生活費を稼いでいた。

ある日、同じ画家のウォルター・キーンクリストフ・ヴァルツ)に声をかけられたマーガレットは、自分の絵には心があると言う彼から、絵の安売りをするべきではないと助言される。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1958年、サンフランシスコノースビーチ
横暴な夫から逃れるため家を出たマーガレット・ウルブリッヒは、職を探し娘ジェーンと共に生活を始める。
絵を描くことが趣味のマーガレットは、休日は似顔絵を描いて家計の足しにしていた。
ある日、同じ画家のウォルター・キーンに声をかけられたマーガレットは、大きな目に特徴のある自分の絵には心があると言われ、彼と親しくなりやがて結婚する。
興行主エンリコ・バンドゥッチのクラブに絵を飾ってもらったウォルターは、彼と揉めたことが新聞記事になり話題になり、マーガレットの絵”ビッグ・アイズ”が売れたために驚く。
それを自分の絵だと語り売りまくることに成功したウォルターは、その後、アート界を席巻する。
自分の作品だと言えずに単なる商品と化していく絵のことを考え心を痛めるマーガレットだったが、描き続けるしかない彼女は苦悩する・・・。
__________

天才画家、または天才詐欺師の物語か・・・ティム・バートンが描く実録のコメディ・ドラマ。

マーガレット・キーンの特異な作風の絵を強調させるためか、ティム・バートンの独得の世界観は控えめで、時代設定を考えると「エド・ウッド」(1994)のような内容の作品を期待していたためやや残念な気持ちもする。

同作のようにモノクロ作品にすれば雰囲気も変わっていたとかとも思えるが、マーガレット・キーンの絵がキーポイントであるために、それは無理な話だろう。

終盤は法廷で争われる夫婦の対立が描かれているのだが、果たして、マーガレット単独で、描いた絵が世の人々に受け入れられたかは、誰もが思う疑問だろう。

詐欺師まがいのウォルターの”功績”と言っては語弊があるが、マーガレットを利用した彼の強引な方法により、”ビッグ・アイズ”が世間に知られたのは確かだ。

絵を自分のものと認めさせることが目的で、それで満足する、マーガレットの邪念のない笑顔で爽やかに締めくくられるのは、二人の争いなどを忘れさせる、なかなかよろしいラストだっだのではないだろうか。

苦悩する主人公のマーガレット・キーンを好演し、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ)を受賞したエイミー・アダムスと、どこか憎めない詐欺師のようなその夫ウォルター・キーンを演ずるクリストフ・ヴァルツの、実力派二人の演技は見ものだ。

主人公二人を取材する記者ダニー・ヒューストン、主人公の友人クリステン・リッター、画商のジェイソン・シュワルツマン、美術評論家ジョン・キャナデイテレンス・スタンプ、興行主エンリコ・バンドゥッチジョン・ポリト、主人公の娘の幼年期デラニー・レイ、少女期のマデリン・アーサー、判事ジェームズ・サイトウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020