4315 Movies

十二哩の暗礁の下に Beneath the 12-Mile Reef (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギリシャ系とイギリス系の海綿獲りの漁師一家の対立と両家の息子と娘の恋愛を描く、監督ロバート・D・ウェッブ、主演ロバート・ワグナーテリー・ムーアギルバート・ローランドリチャード・ブーンピーター・グレイヴス他共演の海洋アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ロバート・D・ウェッブ

製作:ロバート・バスラー
脚本:A・I・ベゼリデス
撮影:エドワード・クロンジャガー
編集:ウィリアム・H・レイノルズ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
トニー・ペトラキス:ロバート・ワグナー
グウィネス・リース:テリー・ムーア
マイク・ペトラキス:ギルバート・ローランド
ソクラテス・ホーリス:J・キャロル・ネイシュ
トーマス・リース:リチャード・ブーン
アーノルド・ディックス:ピーター・グレイヴス
グリフ・リース:ハリー・ケリーJr.
ペトラキス夫人:アンジェラ・クラーク
ペニー・ペトラキス:グロリア・ゴードン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1953年製作 102分
公開
北米:1953年12月2日
日本:1954年5月22日
製作費 $1,560,000


アカデミー賞
第26回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フロリダ州、ターポン・スプリング
ギリシャ系アメリカ人のペトラキス一家は、海綿を獲って生計を立てていた。

潜水服を着て海中での作業を終えたマイク・ペトラキス(ギルバート・ローランド)は海面に上がり、船上の息子トニー(ロバート・ワグナー)と義兄ソクラテス・ホーリス(J・キャロル・ネイシュ)らの元に戻る。

収穫は少なかったものの、気にせずにトニーらと共に港に戻ったマイクは、妻(アンジェラ・クラーク)と娘ペニー(グロリア・ゴードン)に迎えられる。

せりが始まり、大漁だったシナンに羊毛海綿を獲った場所を訊いたマイクとトニーは、”12マイルの暗礁”だということを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フロリダ州、ターポン・スプリング
ギリシャ系アメリカ人の海綿漁師マイク・ペトラキスは、息子のトニーと共に漁を続けていた。
イギリス人の漁場で漁をしたメイクらは、町の有力者であるイギリス人のリースらに、密漁であることを責められて海綿を奪われる。
両家は対立するものの、トニーとリースの娘グウィネスは惹かれ合う仲になる。
大漁を狙うマイクは、長男を亡くした危険な漁場”12マイルの暗礁”に向かい漁をすることを考えるのだが・・・。
__________

フロリダ沿岸を舞台に、海綿獲りで生計を立てるギリシャ系とイギリス系の漁師一家の対立、そして両家の息子と娘の恋愛を描く海洋アドベンチャー。

海上を”戦い”の場とする男達の逞しい生き様を描く作品で、卑劣な強奪や恋の争いなどが描かれる中で、やがて信頼関係が生まれ、わだかまりが消えるラストに向かい痛快なドラマが展開する。

シネマスコープで映し出される、美しい海中シーンなどが話題になり、第26回アカデミー賞では、撮影賞にノミネートされた。

脚本や内容などは平凡だが、対立が描かれる中でもユーモアなどを盛り込んだ、どこかのどかな雰囲気が感じられる、当時の作品らしい仕上がりだ。

アルフレッド・ヒッチコック作品にの音楽を担当する前のバーナード・ハーマンの楽曲も注目したい。

人生経験は浅いものの、尊敬する気骨のある父親ギルバート・ローランドを慕う青年を熱演するロバート・ワグナー、彼と愛し合うテリー・ムーア、その父親リチャード・ブーン、彼に雇われている主人公の恋敵ピーター・グレイヴス、漁を手伝う主人公の伯父J・キャロル・ネイシュ、リース(リチャード・ブーン)の息子ハリー・ケリーJr.、主人公の母親アンジェラ・クラーク、その娘グロリア・ゴードンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020