4383 Movies

ベン・ハー Ben-Hur (2016)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1880年に発表されたルー・ウォーレス将軍の大ベストセラー小説”Ben-Hur:A Tale of the Christ”を基に製作された作品で、19171925年のサイレント映画、1959年の「ベン・ハー」、2003年のアニメ作品などに続く5度目の映画化。
義兄弟として育ったユダヤの王子とローマ軍の英雄の憎しみと友情を描く、監督ティムール・ベクマンベトフ、主演ジャック・ヒューストンモーガン・フリーマントビー・ケベル他共演の史劇の超大作。


ドラマ(歴史劇)

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ティムール・ベクマンベトフ

製作
ショーン・ダニエル
ダンカン・ヘンダーソン
ジョニ・レヴィン
製作総指揮
マーク・バーネット
ジェイソン・F・ブラウン
キース・クラーク
ローマ・ダウニー
ジョン・リドリー
原作:ルー・ウォーレスベン・ハー
脚本
キース・クラーク
ジョン・リドリー
撮影:オリヴァー・ウッド
編集
ドディ・ドーン
リチャード・フランシス=ブルース
ボブ・ムラウスキー
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ジュダ・ベン・ハー:ジャック・ヒューストン
族長イルデリム:モーガン・フリーマン
メッサラ・セヴェラス:トビー・ケベル
エスター:ナザニン・ボニアディ
イエス:ロドリゴ・サントロ
ティルザ・ベン・ハー:ソフィア・ブラック=デリア
ナオミ・ベン・ハー:アイェレット・ゾラー
サイモニデス:ハルク・ビルギナー
ディスマス:モイセス・アリアス
ポンティウス・ピラトピルー・アスベック
ドルーサス:マーワン・ケンザリ
クイントゥス・アリウス:ジェームズ・コスモ
マルクス・デシマス:デヴィッド・ウォームズリー

アメリカ 映画
配給
MGM
パラマウント・ピクチャーズ
2016年製作 125分
公開
北米:2016年8月19日
日本:未公開
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $26,384,680
世界 $94,061,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
紀元33年、エルサレム
キリスト降誕の時代、ローマ帝国は、はるか遠方まで領土を拡大し、流血により繁栄して恐怖政治が人民を支配した。

かつて義兄弟として育った、ユダヤ人の貴族ジュダ・ベン・ハー(ジャック・ヒューストン)とローマ軍の指揮官メッサラ・セヴェラス(トビー・ケベル)は、憎しみ合いながら戦車競走で争うことになる。

8年前。
ベン・ハーと養子のメッサラは、義兄弟、そしてライバルとして成長する。

落馬して怪我をしたベン・ハーを屋敷に運んだメッサラは、競走したことを母ナオミ(アイェレット・ゾラー)から非難される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
紀元33年、エルサレム
キリスト
降誕の時代、ローマ帝国の圧政に耐えながら、ユダヤの王子ジュダ・ベン・ハーと養子のメッサラは、義兄弟、そしてライバルとして育った。
豪族ではないメッサラは、思いを寄せるベン・ハーの妹ティルザとの交際を義母ナオミに認められず、将来に不安を抱えてローマ軍に入るために旅立つ。
3年後、英雄となったメッサラは士官としてエルサレムに戻り、ベン・ハーとの再会を喜ぶ。
ところが、ベン・ハーが匿っていた反ローマゼテロ派の少年が、新総督のピラトを襲撃する。
その結果、罪を認めたベン・ハーは、家族と共に捕らえられて連行される。
メッサラに助けを求めるものの、それを拒まれたベン・ハーは、ガレー船の奴隷となりながら、メッサラへの復讐を誓うのだが・・・。
_________

1959年に公開された「ベン・ハー」から57年、実写版の再映画化ということで大いに話題になった作品。

映画史上に残る不朽の名作のリメイク作品だけに、その期待を上回ることは不可能と言われながら製作され、予想通りに酷評される結果となってしまった。

1959年版とは大筋で似ているものの、細かい部分の変更があり、ラストは全く違った内容となっている。

ルー・ウォーレスの原作が”キリストの物語/A Tale of the Christ”であるのだが、1959年版とは違うイエスの描写が実に安っぽい。

技術的な発展は天と地ほどあるはずなのに、その迫力やスケール感は旧作の足元にも及ばないお粗末さだ。

モーガン・フリーマンの存在感以外は観るに値しないような作品で、これだけ話題になったにも拘らず、日本では公開されない事態となった。

1億ドルをかけた超大作なのだが、北米興行収入は約2600万ドル、全世界では1億ドルに達することなく、製作費を上回ることができなかった作品でもある。

役柄に全く重みが感じられない主人公ジュダ・ベン・ハーを演ずるジャック・ヒューストン、彼を支えるアラブの族長モーガン・フリーマン、主人公の義兄弟であり対決することになるローマ軍の指揮官メッサラのトビー・ケベル、主人公を愛する使用人ナザニン・ボニアディナザレイエスロドリゴ・サントロ、主人公の妹ソフィア・ブラック=デリア、母親アイェレット・ゾラー、ハー家の使用人ハルク・ビルギナーゼテロ派の少年モイセス・アリアス、総督ポンティウス・ピラトピルー・アスベック、メッサラの副官マーワン・ケンザリローマ艦体司令官のジェームズ・コスモローマ軍指揮官のデヴィッド・ウォームズリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021