4312 Movies

ビール・フェスタ Beerfest (2006)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

祖父の遺灰を故郷に撒くためにドイツを訪れた兄弟が、ひょんなことから闇の競技会”ビール・フェスタ”に出場することになったために巻き起こる騒動を描く、監督、脚本、出演ジェイ・チャンドラセカールエリック・ストルハンスクポール・ソーターケヴィン・ヘファーナンスティーヴ・レミーユルゲン・プロホノフクロリス・リーチマンドナルド・サザーランド他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジェイ・チャンドラセカール

製作
ビル・ガーバー
リチャード・ペレロ
製作総指揮
マイケル・ビューグ
ウィリアム・フェイ
ピーター・E・レンギエル
スコット・メドニック
トーマス・タル
脚本
ブロークン・リザード
ジェイ・チャンドラセカール
ケヴィン・ヘファーナン
スティーヴ・レミー
ポール・ソーター
エリック・ストルハンスク
撮影:フランク・G・デマルコ
編集:リー・ヘイキソール
音楽:ネイサン・バー

出演
トッド・ウルフハウス:エリック・ストルハンスク
ジャン・ウルフハウス:ポール・ソーター
バリー・バドレーナート:ジェイ・チャンドラセカール
フィル”ランドフィル”クランドル/ギル”ランドフィル”クランドル:ケヴィン・ヘファーナン
スティーヴ”フィンク”フィンケルスタイン:スティーヴ・レミー
ウォルフガング・フォン・ウルフハウゼン男爵:ユルゲン・プロホノフ
オットー:ウィル・フォーテ
ガンター:エリック・クリスチャン・オルセン
ロルフ:ナット・ファクソン
ハマカー:ラルフ・モーラー
シュレンマー:ギュンター・シュリアカンプ
チェリー:モニーク
ウルフハウス夫人:クロリス・リーチマン
本人:ウィリー・ネルソン
牧師:M・C・ゲイニー
ピム・スカットニー:アーロン・ヘンドリー
クリスタ・クランドル:ブランチャード・ライアン
ヨハン・フォンウルフハウス:ドナルド・サザーランド
シュニドルクセン:ビョルン・ジョンソン
ナオミ:キャンディス・スミス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2006年製作 110分
公開
北米:2006年8月25日
日本:年月日 未公開
製作費 $17,500,000
北米興行収入 $19,179,970
世界 $20,387,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
コロラド州。
ドイツ系アメリカ人の兄弟トッド・ウルフハウス(エリック・ストルハンスク)とジャン(ポール・ソーター)は、レストランを経営していた祖父のヨハン(ドナルド・サザーランド)の葬儀を終える。

ミュンヘンに遺灰を撒くのがウルフハウス家のしきたりだと曽祖母(クロリス・リーチマン)から言われたトッドとジャンは、それを快く引き受ける。

現地のシュニドルクセン(ビョルン・ジョンソン)という人物が墓地に案内してくれると言われたトッドとジャンは、世界最大規模のビール祭り”オクトーバーフェスト”の間にそれを実行するよう曾祖母から指示されて旅立つ。

ミュンヘンテレージエンヴィーゼ
オクトーバーフェスト”の会場で騒ぎを起こしてしまったトッドとジャンは、迎えに来たシュニドルクセンと共にある場所に向かう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
コロラド州。
ドイツ系アメリカ人の兄弟トッド・ウルフハウスとジャンは、祖父ヨハンの葬儀を終える。
曾祖母から、遺灰を故郷のミュンヘンに撒くよう指示されたトッドとジャンは、現地に向かい、世界最大規模のビール祭り”オクトーバーフェスト”とは別に、闇の競技会”ビール・フェスタ”が開催されていることを知る。
親戚だと言うウルフハウゼン家のオットーらに侮辱されたトッドとジャンは、家長であるウォルフガングから、ヨハンが盗んだ最高のビールを作るレシピを返せと言われる。
それに応じようとしないトッドとジャンは侮辱され、帰国後に、1年後の競技会に出場することを決意する。
トッドとジャンは、大食いのランドフィル、天才のフィンク、ゲームの達人バリーを仲間に加え、曾祖母から助言されながらトレーニングを始めるのだが・・・。
__________

ドイツミュンヘンテレージエンヴィーゼで開催される、世界最大規模のビール祭り”オクトーバーフェスト”の裏で開催される、闇の競技会”ビール・フェスタ”に挑む兄弟と仲間達の奮闘を描く爆笑コメディ。

アメリカのコメディ・グループ”ブロークン・リザード”のメンバーによる脚本と、その一人ジェイ・チャンドラセカールが監督し、もちろん彼らが出演も兼ねた作品。

大きさや強さの象徴のようなアメリカをも上回る、ドイツ人気質に圧倒される作品である。
笑いのツボを押さえたナンセンスなユーモア・センスも抜群で、上記のようにスケール感もある痛快作に仕上がっている。

ブロークン・リザード”のメンバーに加え、脇を固める実力派クロリス・リーチマンユルゲン・プロホノフ、そしてドナルド・サザーランドらベテラン・スターの出演もファンには嬉しいし、それぞれが実にいい味を出している。
ドナルド・サザーランドは、冒頭の1シーンのみの出演。

家名やプライドのために、怪しげで過激なビール競技会に挑む兄弟エリック・ストルハンスクポール・ソーター、監督を兼ねるゲームの達人ジェイ・チャンドラセカール、大食いの双子の兄弟(二役)を演ずるケヴィン・ヘファーナン、ビールに詳しい天才的頭脳の持ち主スティーヴ・レミー、ウルフハウゼン家の家長である男爵ユルゲン・プロホノフ、その孫達ウィル・フォーテエリック・クリスチャン・オルセン、ナット・ファクソン、チームのメンバーである巨漢の二人ラルフ・モーラーギュンター・シュリアカンプ、ウルフハウゼン家のスパイだったモニーク、兄弟の曾祖母を怪演するクロリス・リーチマン、ラストで登場する本人役のウィリー・ネルソン、冒頭で葬儀を行う牧師M・C・ゲイニー、ビール・フェスタのイギリス代表アーロン・ヘンドリー、ランドフィル(ケヴィン・ヘファーナン)の妻ブランチャード・ライアン、兄弟の祖父ドナルド・サザーランド、兄弟をビール・フェスタに案内するビョルン・ジョンソン、バリー(ジェイ・チャンドラセカール)が愛し合う幻覚のキャンディス・スミスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020