4451 Movies

アメリカン・ヒストリーX American History X (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

白人至上主義のリーダーが、自分を崇拝する弟と共に人生を見つめ直す姿を描く、監督、撮影トニー・ケイ、主演エドワード・ノートンエドワード・ファーロングビヴァリー・ダンジェロエイヴリー・ブルックスエリオット・グールドステイシー・キーチ他共演の社会派犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:トニー・ケイ

製作:ジョン・モリッシー
製作総指揮
ビル・カラッロ
キアリー・ピーク
スティーヴ・ティッシュ
ローレンス・ターマン
脚本:デヴィッド・マッケンナ
撮影:トニー・ケイ
編集
アラン・ハイム
ジェリー・B・グリーンバーグ
音楽:アン・ダッドリー

出演
デレク・ヴィンヤード:エドワード・ノートン
ダニエル”ダニー”ヴィンヤード:エドワード・ファーロング
ドリス・ヴィンヤード:ビヴァリー・ダンジェロ
ダヴィーナ・ヴィンヤード:ジェニファー・リーン
デニス・ヴィンヤード:ウィリアム・ラス
セス・ライアン:イーサン・サプリー
ステイシー:フェアルザ・バルク
ボブ・スウィーニー:エイヴリー・ブルックス
マーレイ:エリオット・グールド
ラモント:ガイ・トリー
キャメロン・アレクサンダー:ステイシー・キーチ
ラスムッセン:ジョセフ・コーテス
マクマホン:ポール・ル・マット
ミッチ・マコーミック:アレックス・ソル
ローレンス:アントニオ・デヴィッド・ライオンズ
アリアン:ニコラス・R・オルソン
カーティス:ジョーダン・マルダー

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
1998年製作 119分
公開
北米:1998年10月30日
日本:2000年2月19日
製作費 $7,500,000
北米興行収入 $6,712,240
世界 $23,875,130


アカデミー賞
第71回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優賞(エドワード・ノートン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ヴェニス・ビーチ
ある夜、デレク・ヴィンヤード(エドワード・ノートン)は、恋人のステイシー(フェアルザ・バルク)と愛し合っていたが、高校生の弟ダニー(エドワード・ファーロング)から、黒人が車を壊していると言われる。

白人至上主義である”ネオナチ”のデレクは、銃を手にして入り口を開け、その場にいた男を容赦なく射殺してローレンス(アントニオ・デヴィッド・ライオンズ)を銃撃する。

一人を逃がしてしまったデレクは、瀕死のローレンスに襲い掛かる。

3年後、歴史の教師マーレイ(エリオット・グールド)は、ダニーがヒトラーの”我が闘争”についてのレポートを書いたことを異常に思い、校長のボブ・スウィーニー(エイヴリー・ブルックス)にその件を話す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ヴェニス・ビーチ
白人至上主義のカリスマ的リーダーであるデレク・ヴィンヤードは、車を壊した黒人を容赦なく殺害し、逮捕されて服役する。
3年後、兄デレクを崇拝する高校生のダニーは、ヒトラーの”我が闘争”についてのレポートを書いたことで、校長のスウィーニーから注意を受け、出所する教え子のデレクについてレポートを書くよう指示される。
出所したデレクは、母ドリスや妹のダヴィーナ、そしてダニーに歓迎される。
ダニーが、ボスである地域を仕切るキャメロンと関係していることを知ったデレクは、自分の考えが変わったことを弟に話し、組織から足を洗うことを考える。
デレクの気持ちが理解できないダニーだったが、考えが変わるきっかけとなった兄の刑務所での体験を知ることになる・・・。
__________

多人種国家であるアメリカが抱える差別や偏見の問題を直視しながら、崩壊しかける家族の絆を切実に描く、社会派犯罪ドラマの秀作。

過激な白人至上主義者である主人公と、服役時の体験でその考えを改める姿を交錯して描く物語は、過去の場面をモノクロで描写することで、より鮮明に主人公の心の動きを映し出している。

イメージ的に過激な暴力描写が先行するように思える物語なのだが、改心した主人公が、家族を守るために命懸けで闘う苦悩を重点的に描いている。

役作りのために鍛え抜かれた肉体で登場する、エドワード・ノートンの鬼気迫る演技は注目で、第71回アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされた。
白人至上主義者であるネオナチのリーダーとして、悪魔のような行いを続ける主人公が、やがて苦悩しながら見せる穏やかな表情が印象的であり、演技派エドワード・ノートンの熱演は光る。

兄を崇拝して道を誤ろうとする弟を好演するエドワード・ファーロング、その母親ビヴァリー・ダンジェロ、その娘ジェニファー・リーン、その父親ウィリアム・ラス、主人公の仲間イーサン・サプリー、主人公の恋人フェアルザ・バルク、主人公と弟の理解者でもある校長のエイヴリー・ブルックス、歴史の教師エリオット・グールド、主人公が刑務所で親交を深める黒人の囚人ガイ・トリー、地域を仕切る主人公のボス、ステイシー・キーチ、警官のジョセフ・コーテス、囚人アレックス・ソルとニコラス・R・オルソン、主人公が殺害する黒人のアントニオ・デヴィッド・ライオンズ、他ポール・ル・マットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021