4213 Movies

バッド・ルーテナント Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1992年に公開された、ハーヴェイ・カイテル主演の同名作品のリメイク。
警部補に昇進するものの、堕落した裏の生活を続ける悪徳刑事の運命を描く、監督ヴェルナー・ヘルツォーク、主演ニコラス・ケイジエヴァ・メンデスヴァル・キルマー他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
製作総指揮
アヴィ・ラーナー

ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
エリオット・ルイス・ローゼンブラット
アレサンドロ・キャモン
製作
スティーヴン・ベラフォンテ

アラン・ポルスキー
ガブリエル・ポルスキー
ジョン・トンプソン
エドワード・R・プレスマン
脚本:ウィリアム・フィンケルスタイン
撮影:ペーター・ツァイトリンガー
編集:ジョー・ビニ
音楽:マーク・アイシャム

出演
テレンス・マクドノー:ニコラス・ケイジ

フランキー・ドネンフィールド:エヴァ・メンデス
スティーヴィー・プルイト:ヴァル・キルマー
ビッグ・フェイト:アルヴィン“イグジビット”ジョイナー
ハイジ:フェアルーザ・バーク
アーマンド・ブノワ:ショーン・ハトシー
ジェームズ・ブラッサー警部:ヴォンディ・カーティス=ホール
ジェヌビエーブ・マクドノー:ジェニファー・クーリッジ
ネッド・スコエンホルツ:ブラッド・ドゥーリフ
マント:マイケル・シャノン
ダリル:デンゼル・ウィッテカー
ジャスティン:シェー・ウィガム
パット・マクドノー:トム・バウアー

アメリカ 映画
配給 ファースト・ルック・スタジオ

2009年製作 122分
公開
北米:2009年11月4日
日本:2010年2月27日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $1,697,960
世界 $10,589,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューオリンズ
ハリケーン・カトリーナ”の被害に遭い、浸水した警察署から、容疑者を救い出したテレンス・マクドノー巡査部長(ニコラス・ケイジ)は、持病の腰痛に苦しみ、医師に鎮痛剤”ヴァイコディン”を飲むことを勧められる。

その後、警部補に昇進することになったマクドノーは、容疑者を救出したことで特別表彰される。

半年後。
マクドノーは、セネガルからの不法移民の一家殺害事件を、上司ジェームズ・ブラッサー警部(ヴォンディ・カーティス=ホール)から任される。

任務に意欲を見せるマクドノーだったが、コールガールのフランキー・ドネンフィールド(エヴァ・メンデス)と共に、押収品の麻薬を盗み、ヤクとギャンブルに溺れる日々を送っていた。

そんなマクドノーは、麻薬保管庫の係官マント(マイケル・シャノン)から、調査が入ったためこれ以上ヤクを回せないと言われる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

オリジナル作品は、キリストの幻影などが登場する宗教色の濃い内容だったが、本作では違った雰囲気の作風になっている。

*(簡略ストー リー)
ハリケーン・カトリーナ”の被害により、警察署の留置場に閉じ込められた男を助けたことで、警部補に昇進したテレンス・マクドノーは、その後ヤクやギャンブルに溺れていく。
コールガールのフランキーのために、押収品の麻薬を盗んでいた、裏の顔を持つマクドノーは、ある移民一家の捜査の指揮を任される。
しかしマクドノーは、殺人の容疑者ビッグ・フェイトを追う内に実生活のゴタゴタを抱え込み、容疑者を利用した悪事を実行に移す・・・。
__________

堕落した刑事の、凋落を単に描いた作品と思いきや、警官の鏡として表彰された自分の姿が脳裏を過ぎった瞬間、全てが主人公にとって好都合にことが運ぶ展開には驚いてしまう。

しかし、改心したかに見えた主人公は、裏では以前と同じ悪癖を繰り返し、そこでまた彼によって救われた犯罪者の力を借りて思いに耽る薬物依存症の男の混乱振りを、ニュー・ジャーマン・シネマの鬼才ヴェルナー・ヘルツォークは実に巧妙に描いている。

麻薬に溺れハイになる男、腰痛も抱えているということで、その容姿や物腰なども異様に見えるニコラス・ケイジは、彼らしい”狂気”の主人公を怪演している。

主人公の恋人で、高級コールガールのエヴァ・メンデスが、主人公の父親の説得で更生しようとするあたりは、旧作でキリストにすがる主人公の姿を意識したものだろうか・・・。

全くの脇役という役柄が寂しい、主人公の同僚刑事ヴァル・キルマー、殺人事件の犯人アルヴィン“イグジビット”ジョイナー、女性警官フェアルーザ・バーク、上司役のヴォンディ・カーティス=ホール、同僚役のショーン・ハトシー、義母役のジェニファー・クーリッジ、父親のトム・バウアー、ブックメーカーのブラッド・ドゥーリフ、警察の押収品保管庫係官マイケル・シャノン、証人の少年デンゼル・ウィッテカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020