4451 Movies

ジョン・カーペンターの要塞警察 Assault on Precinct 13 (1976)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

襲い掛かるギャング集団に立ち向かう、移転中のためわずかに残った警察署員と囚人の戦いを描く、監督、脚本、編集、音楽ジョン・カーペンター、主演オースティン・ストーカーダーウィン・ジョストンローリー・ジマートニー・バートン他共演のアクション・スリラー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーペンター

製作:J・S・カプラン
製作総指揮:ジョセフ・カウフマン
脚本:ジョン・カーペンター
撮影:ダグラス・ナップ
編集:ジョン・T・チャンスジョン・カーペンター
音楽:ジョン・カーペンター

出演
イーサン・ビショップ警部補:オースティン・ストーカー
ナポレオン・ウィルソン:ダーウィン・ジョストン
リー:ローリー・ジマー
ローソン:マーティン・ウェスト
ウェルズ:トニー・バートン
ジュリー:ナンシー・ルーミス
キャシー:キム・リチャーズ
チェイニー:ヘンリー・ブランドン
スターカー:チャールズ・サイファーズ
ホワイト・ウォーロード:フランク・ダブルデイ
ギャングのメンバー:ジョン・カーペンター

アメリカ 映画
配給 Turtle Releasing
1976年製作 91分
公開
北米:年月日
日本:年月日 未公開
製作費 $100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
土曜日、午前3時10分、カリフォルニア州、南ロサンゼルス、アンダーソン。
”ストリート・サンダー”のメンバーである6人のギャングが警官に射殺され、別のグループである”チョロ”のホワイト・ウォーロード(フランク・ダブルデイ)らは復讐を誓う。

翌朝、”CHP”(ハイウェイ・パトロール)の新任であるイーサン・ビショップ警部補(オースティン・ストーカー)は、9分署で部下を指揮するよう警部から指示される。

午後5時11分、カリフォルニア州、ロスクルーセス。
刑事のスターカー(チャールズ・サイファーズ)は、囚人のウェルズ(トニー・バートン)とコーデル、そしてナポレオン・ウィルソン(ダーウィン・ジョストン)を護送する任務に就く。

逃げようとすれば射殺するとナポレオンに警告したスターカーは、ウェルズと病気のコーデルをバスに乗せて出発する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、南ロサンゼルス、アンダーソン。
CHP”(ハイウェイ・パトロール)の新任警部補イーサン・ビショップは、移転のため引っ越し中のアンダーソン署に向かうよう指示される。
殺人犯のナポレオンらを護送するスターカー刑事は、囚人の一人の病気が悪化したために、最寄りのアンダーソン署に向かう。
娘をギャングに殺されたローソンは犯人を追い、一人を射殺してアンダーソン署に逃げ込む。
襲撃された署は死者をだして孤立してしまい、ビショップは、事務員のリーやナポレオンらと共に、助けを待ちながらギャングに対抗しようとするのだが・・・。
__________

その後、話題作を手掛けることになるジョン・カーペンターの初期作品であり、低予算ながらインパクトのある作品を製作した彼の評価を高めた作品。

ハワード・ホークスを尊敬するジョン・カーペンターが、「リオ・ブラボー」(1959)とジョージ・A・ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968)に発想を得て製作された作品でもある。

リオ・ブラボー」をベースにしたストーリーというのは間違いで、ジョン・カーペンターが、オマージュ的に同作のたシーンを思わせる描写を使っていると言った方が正しい。

ジョン・カーペンターが「リオ・ブラボー」に惚れ込んでいるのは有名で、主演を演じたジョン・ウェインの役名である”ジョン・T・チャンス”を、編集者として名乗っていることからもよく分かる。
また、本作の主人公の役名”イーサン”は、ジョン・ウェインが「捜索者」(1956)で演じた”イーサン・エドワーズ”からとったものとも考えられ、同作でコマンチの酋長”スカー”を演じたヘンリー・ブランドンが巡査部長役で出演しているあたりを見ても、ジョン・カーペンターが彼らに敬意を表していることが理解できる。

予算が少ないためにB旧作品的なところは仕方ないが、容赦ない殺人や、ギャング達が孤立した警察署に襲い掛かる恐怖が迫る描写は斬新で、それに対抗する善人と悪人が組んだ戦いなどが痛快に描かれた見応えある作品に仕上がっている。

現在でも非常に評価の高い作品であり、2005年にイーサン・ホーク主演で「アサルト13 要塞警察」としてリメイクされた。

新任の警部補として移転する分署の雑務処理を任され事件に巻き込まれるオースティン・ストーカー、彼に協力する殺人犯をクールに演ずるダーウィン・ジョストン、彼らと共に勇敢に戦う警察署の事務員ローリー・ジマーナンシー・ルーミス、娘(キム・リチャーズ)を殺されて警察署に駆け込むマーティン・ウェスト、護送されてくる囚人でありギャングと戦うトニー・バートン、警察署の巡査部長ヘンリー・ブランドン、囚人を護送する刑事のチャールズ・サイファーズ、ギャングのフランク・ダブルデイ、そして、ジョン・カーペンターもギャングのメンバーとして出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021