4315 Movies

隣人は静かに笑う Arlington Road (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻を亡くして心に傷を負う大学教授が、爆破テロの犯人である隣人に翻弄されながら事件に巻き込まれる姿を描く、監督マーク・ペリントン、主演ジェフ・ブリッジスティム・ロビンスジョーン・キューザックホープ・デイヴィススペンサー・トリート・クラーク他共演のサスペンス・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マーク・ペリントン
製作
ピーター・サミュエルソン
トム・ゴーライ
マーク・サミュエルソン
製作総指揮
トム・ローゼンバーグ
シガージョン・サイヴァットソン
テッド・タネンバウム
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:ボビー・ブコウスキー
編集:コンラッド・バフ
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演
マイケル・ファラデイ:ジェフ・ブリッジス
オリヴァー・ラング/ウィリアム・フェニモア:ティム・ロビンス
シェリル・ラング/フェニモア:ジョーン・キューザック
ブルック・ウルフ:ホープ・デイヴィス
ウィット・カーヴァー:ロバート・ゴセット
グラント・ファラデイ:スペンサー・トリート・クラーク
ブレディ・ラング:メイソン・ギャンブル
アーサー・スコビー博士:スタンリー・アンダーソン
ハンナ・ラング:オーデン・ソーントン
リア・ファラデイ:ローラ・ポー
ケンプ:グラント・ギャリソン

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
スクリーン・ジェムズ
1999年製作 118分
公開
北米:1999年7月9日
日本:1999年4月17日
製作費 $21,500,000
北米興行収入 $24,756,180
世界 $41,067,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ヴァージニア州、アーリントン郡
ジョージ・ワシントン大学”の歴史学の教授であるマイケル・ファラデイ(ジェフ・ブリッジス)は、妻を亡くし9歳の息子グラント(スペンサー・トリート・クラーク)と暮らしていた。

ある日、道路をふらつきながら歩く手に重傷を負った少年ブレディ(メイソン・ギャンブル)を助けたマイケルは、彼を救急センターに運ぶ。

駆け付けたブレディの両親オリヴァー・ラング(ティム・ロビンス)とシェリル(ジョーン・キューザック)は、マイケルに感謝する。

ブレディが友人と花火遊びをして、仲間として認められたいために、火を点ける役をして事件が起きたことを知ったマイケルは、オリヴァーらを気遣う。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ヴァージニア州、アーリントン郡
ジョージ・ワシントン大学”の歴史学の教授であるマイケル・ファラデイは、FBI捜査官だった妻を亡くし9歳の息子グラントと暮らしていた。
隣人のオリヴァーの息子ブレディが重傷を負った際に助けたマイケルは、挨拶もしていなかった彼に感謝される。
その後、オリヴァーと妻シェリルと親交を深めたマイケルだったが、誤配されたオリヴァー宛の手紙をきっかけにして、彼の過去を疑うようになる。
改名したことを隠すオリヴァーが、少年時代に爆破未遂事件を起こしたことを知ったマイケルは、それを恋人のブルックに伝えるものの信じてもらえず、独自の調査を続けるのだが・・・。
__________

ミュージック・ビデオの監督として活躍し、「インディアナポリスの夏/青春の傷痕」(1977)で長編映画デビューしたマーク・ペリントンの演出、実力派スターのジェフ・ブリッジスティム・ロビンスの共演などが話題になった作品。

一般生活に溶け込みながら、社会を憎みテロ計画を実行しようとする犯人の存在を知った大学教授が、真相を突き止めようとしつつ事件に巻き込まれる姿を描くサスペンス・スリラー。

上記のように、他国民によるアメリカへのテロ攻撃を描いた作品ではなく、一般市民を装いながら綿密な計画を練り、国家政府に対する制裁を加えようとするテロリストの活動を描く作品。

それを知ってしまった大学教授が主人公なのだが、結局は、犯罪の痕跡を消すために彼は利用され、それが悟られない計画の進行が巧みに描かれている。
大惨事となる爆破事件の犯人を作り出し、全く疑われることなく、新たな計画に向けて動き出すテロリストの行動は不気味で恐ろしい。

主演のジェフ・ブリッジスは、FBI捜査官だった妻を亡くし心に傷を負いながら、目の前にいるテロリストに翻弄される大学教授を熱演し、その隣人で、全てが計画的であり、常に冷静で隙を見せないテロリストをティム・ロビンスが好演している。

隣人であるテロリストの妻ジョーン・キューザック、主人公を信じることができなかったために犠牲者となる恋人のホープ・デイヴィス、主人公の妻の同僚だったFBI捜査官のロバート・ゴセット、主人公の息子スペンサー・トリート・クラーク、オリヴァー(ティム・ロビンス)の息子メイソン・ギャンブル、娘オーデン・ソーントン、セントルイス連邦ビル爆破犯の父親スタンリー・アンダーソン、主人公の妻ローラ・ポーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020