4311 Movies

理想の結婚 An Ideal Husband (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1895年に上演されたオスカー・ワイルドの戯曲”理想の夫”を基に製作された作品。
19世紀末のロンドンの社交界を舞台に、”理想の夫”を求める女性達とそれを取り巻く男性達の思惑を描く、監督、脚本オリヴァー・パーカー、主演ケイト・ブランシェットジュリアン・ムーアミニー・ドライヴァールパート・エヴェレットジェレミー・ノーサム他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:オリヴァー・パーカー

製作
バーナビー・トンプソン
ウリ・フルッツマン
ブルース・デイヴィ
脚本:オリヴァー・パーカー
原作:オスカー・ワイルド理想の夫
撮影:デヴィッド・ジョンソン
編集:ガイ・ベンスレー
音楽:チャーリー・モール

出演
ガートルード・チルターン:ケイト・ブランシェット
ローラ・チーヴリー夫人:ジュリアン・ムーア
メイベル・チルターン:ミニー・ドライヴァー
アーサー・ゴーリング卿:ルパート・エヴェレット
ロバート・チルターン:ジェレミー・ノーサム
フィップス:ピーター・ヴォーン
キャヴァーシャム卿:ジョン・ウッド
エドワード卿:サイモン・ラッセル・ビール
マークビー夫人:リンジー・ダンカン
アンハイム男爵:ジェローン・クラッベ
セシリー:ナンシー・キャロル
オスカー・ワイルド:マイケル・カルキン

イギリス 映画
配給 ミラマックス
1999年製作 97分
公開
イギリス:1999年4月16日
北米:1999年6月18日
日本:2000年2月19日
製作費 ₤6,350,000
北米興行収入 $18,542,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1895年、ロンドン
国会議員のロバート・チルターン(ジェレミー・ノーサム)は、妻ガートルード(ケイト・ブランシェット)と共に、社交界が注目するパーティーを開催する。

ロバートの親友である貴族のアーサー・ゴーリング卿(ルパート・エヴェレット)は、ロバートの妹メイベル(ミニー・ドライヴァー)との結婚の決心ができないでいた。

マークビー夫人(リンジー・ダンカン)に同行していた、学友だったローラ・チーヴリー夫人(ジュリアン・ムーア)と話したガートルードは、ロバートと話をしたいが直ぐにウィーンに帰ると言われ、夜のパーティーで会う約束をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1895年、ロンドン
国会議員のロバート・チルターンの妻ガートルードは、ウィーンから一時帰国した学友ローラに再会する。
ロバートと話したローラは、現在の地位と財力を築いた過去の秘密を知っていると伝えて、投資したアルゼンチン運河計画の推進を求める。
議会では、詐欺に等しいその計画に反対する立場だったロバートはそれを拒むが、ローラから、証拠である手紙があると言われてる。
妹メイベルとの結婚に踏み切れず独身生活を謳歌している友人である貴族のアーサーにこの件を相談したロバートは、ガートルードにうまく話してほいと言って頼む。
男達を手玉に取るローラは、ガートルードとロバートに脅しとも言える圧力をかけ、アーサーも利用して自分の考えを押し通そうとするのだが・・・。
__________

オスカー・ワイルドの戯曲”理想の夫”を基に、脚本を兼ねるオリヴァー・パーカーの演出、豪華スター競演で描くロマンチック・コメディ。

原作となる戯曲が発表された1895年のロンドンの社交界が舞台の内容であり、主人公らが観劇する場面で、マイケル・カルキン演ずる原作者のオスカー・ワイルドも登場する。

有力政治家の弱みを握り利権を手に入れようとする、社交界の華でもある婦人の強かな行動に翻弄される姿が描かれた作品なのだが、イギリス映画独特の皮肉やユーモアを交えた展開で進行し、ラストは爽やかなムードで終わる快作に仕上がっている。

政治家や貴族を手玉に取る社交界の華ジュリアン・ムーアの変幻自在の演技と、独身生活から抜け出せない貴族を飄々と演ずるルパート・エヴェレットの演技が見どころの作品であり、二人は共に、ゴールデングローブ賞で主演賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

当時を再現するセットや衣装も見事であり、チャーリー・モールの優雅で粋な音楽も印象に残る。

過去を暴かれ窮地に立つ国会議員の夫ジェレミー・ノーサムを支える妻を演じ、ファーストクレジットではあるものの、やや控えめな役柄のケイト・ブランシェット、なかなか求婚しないアーサー(ミニー・ドライヴァー)にしびれを切らすものの最後には結ばれるロバート(ジェレミー・ノーサム)の妹ミニー・ドライヴァー、アーサーの父ジョン・ウッド、執事ピーター・ヴォーン、新聞社社主のサイモン・ラッセル・ビール、ローラ(ジュリアン・ムーア)の友人リンジー・ダンカン、かつてロバートを利用して財を築いた男爵ジェローン・クラッベ、他ナンシー・キャロルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020