4310 Movies

アンダーカヴァー We Own the Night (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

エリート警官の兄とその上司である父とは違う道を歩み裏社会で生きる男の苦悩と運命を描く、監督、脚本ジェームズ・グレイ、製作、主演ホアキン・フェニックスマーク・ウォールバーグ(製作も)、エヴァ・メンデスロバート・デュヴァル他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・グレイ

製作
マーク・ウォールバーグ
ホアキン・フェニックス
ニック・ウェクスラー
マーク・バタン
製作総指揮
アンソニー・カタガス
トッド・ワグナー
マーク・キューバン
脚本:ジェームズ・グレイ
撮影:ホアキン・バカ=アセイ
編集:ジョン・アクセルラッド
音楽:ヴォイチェフ・キラール

出演
ロバート”ボビー”グリーン/グルジンスキー:ホアキン・フェニックス
ジョセフ”ジョー”グルジンスキー:マーク・ウォールバーグ
アマダ・フアレス:エヴァ・メンデス
アルバート”バート”グルジンスキー:ロバート・デュヴァル
ヴァディム・ニジンスキー:アレックス・ヴィードフ
フレディ:ドミニク・コロン
ジャック・シャピロ:トニー・ムサンテ
マイケル・ソロ:アントニー・コロン
ルイス”ジャンボ”ファルセッティ:ダニー・ホック
パヴェル・ラブヤースキー:オレッグ・タクタロフ
マラット・バザエフ:モニ・モシュノフ
ラッセル・デ・キーファー:クレイグ・ウォーカー
サンドラ・グルジンスキー:マギー・カイリー

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
2007年製作 117分
公開
北米:2007年10月12日
日本:2008年12月27日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $28,563,180
世界 $54,926,890


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1988年、ニューヨークブルックリンブライトン・ビーチ
ロシアン・マフィアが経営するナイトクラブ”エル・カリブ”のマネージャーのロバート”ボビー”グリーン(ホアキン・フェニックス)は、恋人のアマダ・フアレス(エヴァ・メンデス)と楽しんでいた。

同僚で友人のルイス”ジャンボ”ファルセッティ(ダニー・ホック)の指示でボスのマラット・バザエフ(モニ・モシュノフ)に会ったボビーは、売り上げはフレディ(ドミニク・コロン)が持って来ることを伝える。

マラットから仕事ぶりを評価されたボビーは、アマダが待っていると伝えてその場を去る。

ボビーの兄ジョセフ”ジョー”グルジンスキー(マーク・ウォールバーグ)は、ニューヨーク市警の警部に昇進し、それを祝う会が開かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1988年、ニューヨークブルックリン
ロシアン・マフィアが経営するナイトクラブ”エル・カリブ”のマネージャーのロバート”ボビー”グリーンは、警察官である父バートと兄ジョセフと同じ道を選ばずに裏社会で生きていた。
バートとジョセフから麻薬捜査班が組織され、ロシアン・マフィアのニジンスキーがターゲットだと言われたボビーは、協力を求められる。
それを受け入れられるわけもないボビーだったが、警察のガサ入れ後にジョセフが襲撃されて重傷を負ったために、協力することになる。
麻薬工場を突き止める捜査に協力したボビーは、ニジンスキーを捕えることに成功し、恋人アマダと共に警察に保護される生活が始まる。
その後、脱獄したニジンスキーに父バートを殺されたボビーは、警官になることを決意して組織壊滅の捜査に加わるのだが・・・。
__________

話題作を手掛けるジェームズ・グレイが、「裏切り者」(2000)で主演したホアキン・フェニックスマーク・ウォールバーグと再び組んだ作品。
ジェームズ・グレイとは盟友とも言えるホアキン・フェニックスは、その後も彼の作品「トゥー・ラバーズ」(2008)、「エヴァの告白」(2013)に出演している。
また、ホアキン・フェニックスマーク・ウォールバーグは、本作の製作に加わっている。

警察官である父と兄と同じ道を歩まずに、裏社会で生きる男の苦悩とその運命を、複雑な家族関係と人生の縮図と共に描くジェームズ・グレイの演出が見どころの作品。

第60回カンヌ国際映画祭では、パルム・ドールにノミネートされた。

警察一家の一人に裏社会の身内がいるのはあり得なくもないが、やや設定に無理があるような点もあり、恋人や親友である同僚との関係からして、組織側にバレないのは不自然だ。

エリート警官である兄は襲撃によりストレス障害となり、正義感のある父親が犠牲になる筋立ても、実力派スターの競演を生かすべく、もう少し工夫が欲しかった気もする。

主演のホアキン・フェニックスは、父と兄とは真逆の世界でいきつつ、家族のために命を懸けて麻薬組織壊滅に協力する男を深く演じている。

主人公の兄であり、襲撃によりストレス障害となる警官のマーク・ウォールバーグ、その上司である父親のロバート・デュヴァル、主人公の恋人エヴァ・メンデス、麻薬密売人であるロシアン・マフィアアレックス・ヴィードフ、ベテラン刑事のトニー・ムサンテアントニー・コロン、主人公の友人である同僚のダニー・ホック、ニジンスキーの手下オレッグ・タクタロフロシアン・マフィアのボス、モニ・モシュノフ、ジョセフ(マーク・ウォールバーグ)の妻マギー・カイリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020