4237 Movies

陽のあたる場所 A Place in the Sun (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1925年に発表された、セオドア・ドライザーの「アメリカの悲劇」の、1931年のジョゼフ・フォン・スタンバーグ作品以来となる2度目の映画化。
製作、監督ジョージ・スティーヴンス、主演モンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーシェリー・ウィンタースアン・リヴィアレイモンド・バー共演によるロマンス・ドラマの秀作。


ドラマ(ロマンス)

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・スティーヴンス
製作:ジョージ・スティーヴンス
原作:セオドア・ドライザー
脚色:
マイケル・ウィルソン

ハリー・ブラウン
撮影:ウィリアム・C・メラー
編集:ウィリアム・ホーンベック
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
モンゴメリー・クリフト:ジョージ・イーストマン
エリザベス・テイラー:アンジェラ・ヴィッカーズ
シェリー・ウィンタース:アリス・トリップ
アン・リヴィア:ハンナ・イーストマン
レイモンド・バー:フランク・マーロー地方検事
ハーバート・ヘイズ:チャールズ・イーストマン
シェパード・ストラドウィック:アンソニー・ヴィッカーズ
フリーダ・アイネスコート:アン・ヴィッカーズ
キーフェ・ブラッセル:アール・イーストマン
イアン・ウォルフ:ウィーランド医師

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1951年製作 121分
公開
北米:1951年8月14日
日本:1952年9月24日
製作費 $2,295,300


アカデミー賞 ■
第24回アカデミー賞
・受賞
監督・脚色・編集・撮影(白黒)・
作曲(コメディ・ドラマ映画)・衣装デザイン(白黒)賞
・ノミネート
作品
主演男優(モンゴメリー・クリフト)
主演女優(シェリー・ウィンタース)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
貧しい青年ジョージ・イーストマン(モンゴメリー・クリフト)は、シカゴのホテルでボーイをしていたところ、偶然出会った水着工場を経営する叔父チャールズ・イーストマン(ハーバート・ヘイズ)に誘われ、彼の会社を訪れる。

不在だったチャールズからの連絡で、彼の屋敷に招かれたジョージは、場違いな雰囲気に戸惑いながらも、宗教活動に没頭する母ハンナ(アン・リヴィア)の話などをしてその場をやり過ごす。

そこに、社交界にデビューしたばかりの女性アンジェラ・ヴィッカーズ(エリザベス・テイラー)が現れる。

ジョージは、自分とは全く無縁の世界に生きるアンジェラに魅力を感じる。

翌日、チャールズの息子アール(キーフェ・ブラッセル)の計らいで、工場に職を得たジョージは、社員の90%を占める女性社員との交際は禁じられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
貧しい青年ジョージ・イーストマンは、偶然出会った、叔父チャールズの経営する会社で働くことになる。
面倒見のいいチャールズは、ジョージを屋敷に招待したりもするが、彼は場違いな雰囲気になかなか馴染めない。
そんな時、富豪令嬢アンジェラの存在を知ったジョージは、一目で彼女に惹かれるものの、生きる世界の違いを痛感する。
そんなジョージは、同僚で自分と同じような境遇に育ったアリスと付き合い始める。
社員同士の交際を禁じられている二人だったが、ようやく心の拠り所を見つけたジョージの前に、彼の存在に気づいたアンジェラが、歩み寄ってくる・・・。
__________

主役三人の演技を十分に引き出し、束の間の幸せと大きな悲劇のギャップを、繊細なタッチで描く、アカデミー監督賞受賞のジョージ・スティーヴンスの演出は見事だ。

ドラマチックなフランツ・ワックスマンの音楽、大自然のロケを多用したウィリアム・C・メラーの撮影、そして、役者の表情を見事に捉えるカメラワークなども秀逸だ。

1991年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第24回アカデミー賞では、作品賞以下9部門にノミネートされ、監督、脚色、編集、撮影(白黒)、作曲(コメディ・ドラマ映画)、衣装デザイン(白黒)賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演男優(モンゴメリー・クリフト)
主演女優(シェリー・ウィンタース)

伝説的とも言われる、モンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーのロマンスは、当時、最高潮に達し、二人の真に迫るラブシーンは話題を呼んだ。

貧しさゆえに出世を夢見て、ほんの一瞬味わった上流社会の世界に、愚かにも足を踏み入れてしまい、それが悲劇につながる。

信仰と共に貧しく育った、心の未熟な青年の惨めさや、情愛をからだ全体で表現して見せる、モンゴメリー・クリフトの演技の素晴らしさ。

当時19歳のエリザベス・テイラーの美しさと愛情表現は、アップのショットを多く使ったことにより、スクリーン上で一際輝いている。

私の年代だと、「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)の太った夫人役のシェリー・ウィンタースがお馴染みだが、どうみても助演のように思える彼女を、アカデミー主演賞にノミネートした選考に拍手を贈りたいほど、素晴らしい演技を見せてくれる。

彼女とモンゴメリー・クリフトは、「赤い河」(1948)でも一応共演している。

彼女は後に「アンネの日記」(1959)と「いつか見た青い空」(1965)でアカデミー助演賞を受賞し、上記「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)でもノミネートされた実力派女優だ。

宗教活動に身を捧げる、主人公の母親アン・リヴィア、地方検事レイモンド・バー、叔父のハーバート・ヘイズ、その息子キーフェ・ブラッセル、アンジェラ(E・テイラー)の両親シェパード・ストラドウィックフリーダ・アイネスコート、医師イアン・ウォルフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020