5163 Movies

アメリカの悲劇 An American Tragedy (1931)

1925年に発表された、セオドア・ドライサーの小説”An American Tragedy”を基に製作された作品。
陽のあたる場所」(1951)は本作のリメイク。
上流階級に憧れる貧しい青年が起こす事件による悲劇を描く、製作、監督ジョセフ・フォン・スタンバーグ、主演フィリップス・ホームズシルヴィア・シドニーフランシス・ディー他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
製作:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
原作:セオドア・ドライサーAn American Tragedy
脚本:サミュエル・ホッフェンスタイン
撮影:リー・ガームス
音楽
ジョン・レイポルド
ラルフ・レインジャー

出演
クライド・グリフィス:フィリップス・ホームズ
ロバータ・オルデン:シルヴィア・シドニー
ソンドラ・フィンチリー:フランシス・ディー
地方検事:アーヴィング・ピッチェル
サミュエル・グリフィス:フレデリック・バートン
グリフィス夫人:クレア・マクドウェル
ギルバート・グリフィス:ウォーレス・ミドルトン
クライドの弁護士:エメット・コリガン
クライドの第二弁護士:チャールズ・B・ミドルトン
エイサ・グリフィス:ルシル・ラ・ヴァーン
タイタス・オールデン:アルバート・ハート
オールデン夫人:ファニー・ミジリー
判事:アーノルド・コルフ
検死官:ラッセル・パウエル
列車のブレーキ係:エド・ブレイディ(クレジットなし)
フィンチリー:ジョージ・アーヴィング(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1931年製作 96分
公開
北米:1931年8月22日
日本:1931年11月


ストーリー
カンザスシティ
伝導師の子として貧しく育ったクライド・グリフィス(フィリップス・ホームズ)は、ホテルのベルボーイとして働いていた。
ある夜、仲間たちと酒を飲み楽しんだクライドは、友人が運転する車が少女を轢く事故を起こしたために、母エイサ(ルシル・ラ・ヴァーン)に別れを告げて逃亡する。
各地を渡り歩いたクライドは、ニューヨークのライカーガスに向かい、富豪である伯父のサミュエル(フレデリック・バートン)のシャツ工場で働くことになり、やがて捺印部門の責任者に昇進する。
新人ロバータ・オルデン(シルヴィア・シドニー)の世話をしたクライドは、彼女との親交を深め、工場内の恋愛は禁じられているにも拘らず2人は愛し合うようになる。
その後、工場の規則を頑なに守ろうとするロバータに不満を抱くようになったクライドは、ある日、上流階級の女性ソンドラ・フィンチリー(フランシス・ディー)に出会い、彼女に誘われて惹かれ合うようになる。
ロバータから妊娠したことを知らされたクライドは、彼女に結婚を迫られ、仕方なくそれを約束する。
そんな時クライドは、湖で起きた殺人事件のことを知り、ロバータを連れて小旅行に出かけるのだが・・・。


解説 評価 感想

有罪判決を受けた殺人容疑者チェスター・ジレットが、1906年にニューヨーク州北部のビッグ・ムース湖で起こした”グレース・ブラウン殺害事件”を基にしたセオドア・ドライサーの小説”An American Tragedy”を、ジョセフ・フォン・スタンバーグが製作を兼ねて監督した作品。
製作、監督ジョージ・スティーヴンスモンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーシェリー・ウィンタース主演による「陽のあたる場所」(1951)は本作のリメイク。

上流階級に憧れる貧しい青年が起こす事件による悲劇を描くドラマ。

セオドア・ドライサーの推薦で、セルゲイ・エイゼンシュテイン監督により撮影は始まったものの、彼のマルクス主義的な視点が問題となり、紆余曲折の末にジョセフ・フォン・スタンバーグが演出することになり、その件で不満を露したドライサーの訴えは退けられた。

主人公が、宗教的環境で貧しく育ちながら少なからず資本主義に憧れるという、階級社会の問題を描いた内容などは賛否両論となり、アメリカ国内では不評だったものの、ヨーロッパでは好評価を得た。

貧しさと上流階級への憧れがコンプレックスとなり悲劇を招く主人公を好演するフィリップス・ホームズ、彼との愛を掴みきれずに命を落とすシルヴィア・シドニー、主人公と惹かれ合う上流階級の女性フランシス・ディー、地方検事のアーヴィング・ピッチェル、主人公を工場で雇う富豪の伯父フレデリック・バートン、その妻クレア・マクドウェル、その息子ウォーレス・ミドルトン、主人公の弁護士エメット・コリガンとチャールズ・B・ミドルトン、主人公の母親ルシル・ラ・ヴァーン、判事のアーノルド・コルフ、検死官のラッセル・パウエル、列車の車掌エド・ブレイディ、ソンドラ(フランシス・ディー)の父親ジョージ・アーヴィング他、アルバート・ハート、ファニー・ミジリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022