4504 Movies

アンツィオ大作戦 Anzio (1968)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦下のイタリア戦線における連合軍による”アンツィオの戦い”を描く、製作ディノ・デ・ラウレンティス、監督エドワード・ドミトリクドゥイリオ・コレッティ、主演ロバート・ミッチャムピーター・フォークロバート・ライアンアール・ホリマンアーサー・ケネディ他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督

エドワード・ドミトリク
ドゥイリオ・コレッティ(イタリア・バージョン)
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
原作:ウィンフォード・バウハン=トーマス”Anzio”
脚本:H・A・L・クレイグ
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集:ピーターテイラー
音楽:リズ・オルトラーニ

出演
ディック・エニス:ロバート・ミッチャム
ジャック・ラビノフ伍長:ピーター・フォーク
カーソン中将:ロバート・ライアン
エイブ・スティムラー軍曹:アール・ホリマン
ウォリー・リチャードソン二等兵:マーク・ダモン
ジャック・レスリー少将:アーサー・ケネディ
アルベルト・ケッセルリンク元帥:ヴォルフガング・プライス
ムービー二等兵:レニ・サントーニ
ドイル二等兵:ジョセフ・ウォルシュ
チェリーニ二等兵:ジャンカルロ・ジャンニーニ
アンディ二等兵:トーマス・ハンター
ヘンドリクス大佐:ウェイド・プレストン
ルーク・ハワード少将:アーサー・フランツ
マーシュ少将:アンソニー・スティール
スターキー少将:パトリック・マギー
バーンズ大尉:ヴェナンティーノ・ヴェナンティーニ
エミリア:エルサ・アルバーニ
アウグスト・フォン・マッケンゼン将軍:トニオ・セルヴァルト

アメリカ/イタリア 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1968年製作 118分
公開
北米:1968年7月24日
日本:1968年7月13日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1944年1月、第二次大戦下、ナポリ
従軍記者のディック・エニス(ロバート・ミッチャム)は、アメリカ陸軍レンジャー部隊に同行していた。

エニスは、エイブ・スティムラー軍曹(アール・ホリマン)に声をかけられ、ラピード川で2000の兵が全滅したことを話し、大量虐殺だと言って司令官を批判する。
モンテ・カッシーノの戦い

部隊に乱入したジャック・ラビノフ伍長(ピーター・フォーク)が、ケンカを始める。

司令官のヘンドリクス大佐(ウェイド・プレストン)が現れ、6時間後に出港し、命令は乗艦後に知らせることを隊員たちに伝える。

エニスを呼び止めたヘンドリックスは、ラピード川の記事により司令官が解任され本国に召還されたことを話し、死んだ兵士に代わり書い他と言われるものの納得できない。

翌日、港に向かったエニスは部隊と合流し、イギリスカナダ軍と共に出港を待つ。

救急トラックで港に着いたラビノフは、荷台に乗せてきた、仲良くなった地元の女性たちとの別れを惜しむ。

到着したカーソン中将(ロバート・ライアン)は、ジャック・レスリー少将(アーサー・ケネディ)指揮下のレンジャー部隊が、ドイツ軍の背後から攻撃を仕掛ける作戦のことを記者たちに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1944年1月、第二次大戦下、ナポリ
従軍記者のディック・エニスは、アメリカ陸軍レンジャー部隊と共に、ローマ侵攻のための作戦に参加する。
無抵抗のままアンツィオ上陸に成功した司令官のレスリー少将は、拠点を固めて攻撃態勢を整えるために進撃を行おうとしない。
ラビノフ伍長らと偵察に出たエニスは、ローマまで敵に遭遇せず、街が無防備であることを知る。
部隊に戻ったエニスから、その状況を知らされたレスリーだったが、敵を挑発して刺激することを避けようとする。
そん中、大隊は、チステルナに向けて移動を始めるのだが・・・。
__________

1961年に発表された、ウィンフォード・バウハン=トーマスの著書”Anzio”を基に製作された作品。

第二次大戦下、イタリア戦線における連合軍による”アンツィオの戦い”を描く戦争ドラマ。

ディノ・デ・ラウレンティスが製作し、エドワード・ドミトリクドゥイリオ・コレッティ(イタリア・バージョン)が監督した作品であり、撮影はイタリア各地で行われた。

邦題は”大作戦”という大袈裟なタイトルなのだが、大規模な作戦全体が描かれているわけではなく、アメリカ陸軍レンジャー部隊第3レンジャー大隊)の一部隊の活躍が主な内容となっているため、戦争映画のスケールとしては物足りない気はする。
第3レンジャー大隊が、767名のうち6名しか帰還できなかった(743名が捕虜)”チステルナの戦い”を再現したシーンが、最大の見せ場と言える。

主演のロバート・ミッチャムは、戦争の本質について考えながら、レンジャー部隊に同行する従軍記者を好演している。

戦いを好み大胆な行動で部隊をリードする伍長のピーター・フォーク、作戦の総司令官である中将ロバート・ライアン、部隊の軍曹アール・ホリマン、消極的な作戦行動が大規模な損害を招き解任される司令官の少将アーサー・ケネディドイツ軍イタリア戦線司令官アルベルト・ケッセルリンク元帥のヴォルフガング・プライス、部隊員のマーク・ダモンレニ・サントーニ、ジョセフ・ウォルシュ、ジャンカルロ・ジャンニーニトーマス・ハンター、部隊司令官の大佐ウェイド・プレストン、作戦司令部参謀の少将アーサー・フランツイギリス軍少将のアンソニー・スティールパトリック・マギー、部隊指揮官の大尉ヴェナンティーノ・ヴェナンティーニイタリア人女性エルサ・アルバーニケッセルリンクと共に前線を視察するアウグスト・フォン・マッケンゼン将軍のトニオ・セルヴァルトなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021