4504 Movies

リリス Lilith (1964)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

統合失調症の女性患者に魅了される作業療法士の苦悩を描く、製作、監督、脚本ロバート・ロッセン、主演ウォーレン・ベイティジーン・セバーグピーター・フォンダキム・ハンタージェシカ・ウォルタージーン・ハックマン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ロッセン

製作:ロバート・ロッセン
原作:J・R・サラマンカ”Lilith”
脚本:ロバート・ロッセン
撮影:オイゲン・シュフタン
編集:アラム・アヴァキアン
音楽:ケニヨン・ホプキンス

出演
ヴィンセント・ブルース:ウォーレン・ベイティ
リリス・アーサー:ジーン・セバーグ
スティーヴン・エフシェフスキー:ピーター・フォンダ
ベア・ブライス医師:キム・ハンター
イヴォンヌ・ミーガン:アン・ミーチャム
ローラ:ジェシカ・ウォルター
ノーマン:ジーン・ハックマン
ラヴリアー医師:ジェームズ・パターソン
ハウイー:ルネ・オーベルジョノワ
患者:オリンピア・デュカキス
患者:チャールズ・タイナー
ボブ・クレイフィールド:ロバート・ライリー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1964年製作 114分
公開
北米:1964年10月1日
日本:未公開
製作費 $1,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メリーランド州、ロックヴィル
元軍人のヴィンセント・ブルース(ウォーレン・ベイティ)は、精神科医療施設”ポプラ・ロッジ”に向かう。

職員の採用についてベア・ブライス医師(キム・ハンター)と話をしたヴィンセントは、施設内を案内され患者の様子も見る。

ヴィンセントは、作業療法士見習いとして働くことを決める。

町に戻ったヴィンセントは、ローラ(ジェシカ・ウォルター)と再会して簡単な会話を交わし、夫を紹介すると言われて別れる。

帰宅したヴィンセントは、考え込みながら、一緒に暮らす祖母に施設で働くことを伝える。

その後ヴィンセントは、自分の部屋でテレビを見ながら、亡くなった母のことを想う。

翌日ヴィンセントは、患者のイヴォンヌ・ミーガン(アン・ミーチャム)を紹介され、一緒にカードをする。

その傍らにいた患者のスティーヴン・エフシェフスキー(ピーター・フォンダ)は、惹かれている統合失調症の患者リリス・アーサー(ジーン・セバーグ)が気になり、彼女の部屋を見つめる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
メリーランド州、ロックヴィル
元軍人のヴィンセント・ブルースは、精神科医療施設”ポプラ・ロッジ”の作業療法士見習いとして働き始める。
医師ブライスの指導を受けたヴィンセントは、心を閉ざす統合失調症の患者リリスが気になる存在になる。
その後ヴィンセントは、リリスと親交を深めて誘惑されるのだが・・・。
__________

1961年に発表された、J・R・サラマンカの小説”Lilith”を基に製作された作品。

統合失調症の女性患者に魅了される作業療法士の苦悩を描くドラマ。

戦争体験や辛い過去を背負いながら、人のために働こううとする青年が、精神患者と親交を深めた結果、心が破壊されてしまう姿を、製作と脚本を兼ねるロバート・ロッセンが、衝撃的な映像もまじえて繊細なタッチで描いた作品。

普通の男女の愛情と共に、同性愛や近親相姦そして少年に対する愛情などが描かれた、当時としては刺激的な内容の問題作として話題になった。

舞台となる歴史的建造物である精神科施設”チェストナット・ロッジ”や、美しい”グレート・フォールズ”でのロケなども印象に残る。

主演のウォーレン・ベイティは、悩みを抱えながら人のために働くものの、精神が破壊されてしまう青年を見事に演じている。

ヒロインを演ずるジーン・セバーグは、主人公他を誘惑する統合失調症患者を好演し、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。

ヒロインに惹かれる精神的に不安定な患者ピーター・フォンダ、主人公を指導する施設の医師キム・ハンター、ヒロインと関係を持つ患者アン・ミーチャム、かつて主人公と恋仲だった女性ジェシカ・ウォルター、その夫で、短い出演ながら、演技者としての才能を感じさせる印象に残る演技を見せるジーン・ハックマン、施設の責任者である医師のジェームズ・パターソン、患者のルネ・オーベルジョノワオリンピア・デュカキスチャールズ・タイナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021