4504 Movies

マミイ Mammy (1930)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ミンストレル・ショー”の一座の花形芸人の活躍を描く、監督マイケル・カーティス、音楽アーヴィング・バーリン、主演アル・ジョルスンロイス・モランローウェル・シャーマン他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・カーティス

原作戯曲
アーヴィング・バーリン
ジェームズ・グリーソン
脚本
ジョセフ・ジャクソン
ゴードン・リグビー
撮影:バーニー・マッギル
編集:オーウェン・マークス
音楽:アーヴィング・バーリン

出演
アル・フラー:アル・ジョルスン
ノラ・メドウズ:ロイス・モラン
ビリー・ウェスト/ウェスティ:ローウェル・シャーマン
フラー夫人:ルイーズ・ドレッサー
メドウズ:ホバート・ボスワース
スラッツ:タリー・マーシャル
ハンク・スミス/タンボー:ミッチェル・ルイス
トレンブル保安官:ジャック・カーチス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1930年製作 84分
公開
北米:1930年3月26日
日本:未公開
製作費 $786,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ミンストレル・ショー”の一座”メリー・メドウ・ミンストレルズ”は、座長メドウズ(ホバート・ボスワース)を先頭に、雨の中パレードを始めて興業の宣伝をする。

メドウズは、役者タンボー役のハンク・スミス(ミッチェル・ルイス)、ショーの司会を務める通称ウェスティのビリー・ウェスト(ローウェル・シャーマン)、そして花形スターのアル・フラー(アル・ジョルスン)を紹介する。

アルは、雨も気にせずに陽気に歌う。

劇場の楽屋に向かったアルは、メドウズの娘である心を寄せるノラ(ロイス・モラン)に声をかけ、衣装が濡れている彼女を気遣う。

アルは、故郷にいる母(ルイーズ・ドレッサー)のことを想いながら旅を続けていた。

ショーの最中にメドウズは、トレンブル保安官(ジャック・カーチス)が客席にいることに気づき、トラブルを避けようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ミンストレル・ショー”の一座”メリー・メドウ・ミンストレルズ”の花形スター、アル・フラーは、座長メドウズの娘ノラに惹かれていた。
アルは、ノラが友人であるショーの司会者ウェスティの婚約者であったために遠慮していた。
そんなアルは、あるトラブルで同僚のハンクの恨みを買う。
ハンクは、アルがショーで使う銃に実弾を入れてしまい、そのためにウェスティが重傷を負ってしまう。
その直前にウェスティと口論していたアルは疑われ、警官に逮捕されてしまうのだが・・・。
__________

サイレント時代の1926年にワーナー・ブラザーズに移籍していたマイケル・カーティスが監督し、トーキー映画で革命を起こしたアル・ジョルスンが主演した作品。

「ジャズ・シンガー」(1927)、「シンギング・フール」(1928)、「Say It with Songs」(1929)に続く、アル・ジョルスンが、顔を黒く塗った”ミストレル・マン”役を演ずる作品として知られている。

人種差別が合法だった時代に製作された作品であることをふまえて鑑賞しないと、違和感を覚える人は多いだろう。

公民権法の施行により消滅した、この演技手法でスターとなったアル・ジョルスンの功績は評価できないという声もあるが、本作他で見せる彼の圧倒的な歌唱力や人々に訴える表現力は、後の映画界に大きな影響を与えたことは間違いない。

主人公が惹かれる座長の娘ロイス・モラン、彼女の婚約者であるショーの司会者ローウェル・シャーマン、主人公の母親ルイーズ・ドレッサー、座長のホバート・ボスワース、主人公の逃亡に協力しようとする放浪者タリー・マーシャル、主人公を恨み彼を陥れようとする同僚ミッチェル・ルイス、おだてられて一座に投資する保安官のジャック・カーチスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021