4504 Movies

オール・ザ・キングスメン All the King’s Men (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1946年に発表された、ロバート・ペン・ウォーレンピューリッツァー賞受賞作”All the King’s Men”を基に製作された「オール・ザ・キングスメン」(1949)のリメイク。
監督、脚本スティーヴン・ザイリアン、主演ショーン・ペンジュード・ロウケイト・ウィンスレットキャッシー・ベイカージャッキー・アール・ヘイリージェームズ・ガンドルフィーニマーク・ラファロパトリシア・クラークソンアンソニー・ホプキンス他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・ザイリアン
製作:マイク・メダヴォイ
原作:ロバート・ペン・ウォーレンAll the King’s Men
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:ウェイン・ワーマン
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ショーン・ペン:ウィリー・スターク
ジュード・ロウ:ジャック・バーデン
ケイト・ウィンスレット:アン・スタントン
キャッシー・ベイカー:バーデン夫人
ジャッキー・アール・ヘイリー:ロデリック”シュガー・ボーイ”エリス
ジェームズ・ガンドルフィーニ:タイニー・ダフィ
マーク・ラファロ:アダム・スタントン
パトリシア・クラークソン:セイディ・バーク
アンソニー・ホプキンス:サミュエル・アーウィン判事
タリア・バルサム:ルーシー・スターク
ケヴィン・ダン:アレックス
トム・マッカーシー:編集長

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2006年製作 128分
公開
北米:2006年9月22日
日本:2007年4月7日
制作費 $55,000,000
北米興行収入 $7,221,460
世界 $9,450,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1954年、ルイジアナ州。
州知事のウィリー・スターク(ショーン・ペン)は、側近のジャック・バーデン(ジュード・ロウ)と、ボディガードのロデリック”シュガー・ボーイ”エリス(ジャッキー・アール・ヘイリー)の運転する車で、サミュエル・アーウィン判事(アンソニー・ホプキンス)の屋敷に向かい、彼を脅そうと考える。

5年前、ニューオーリンズ
メーソン市に住む、郡の出納官であるスタークは、学友アレックス(ケヴィン・ダン)の紹介で、記者ジャックと政治リーダーのタイニー・ダフィ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)と顔を合わせる。

その後ジャックは、スタークと知り合いということで、編集長(トム・マッカーシー)に、メーソンの汚職政治家についての取材するよう命ぜられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1949年、ルイジアナ州。
上流階級出身の記者ジャック・バーデンは、汚職に立ち向かう郡の出納官ウィリー・スタークに出会い、彼の正義感溢れる行動を記事にする。
スタークの知名度は一気に上がり、やがて、州の役人ダフィは彼に目を付けて、州知事選に立候補させてしまう。
しかし、実はスタークは、対立候補者の票を割るために、利用されたにすぎなかった。
見かねたジャックは、真相を暴露してスタークに助言し、やがて、彼の演説は貧しい人々の心を捉え選挙に勝利する。
しかし、企業や富裕層はスタークを歓迎せず、身の危険を感じた彼はボディーガードのシュガーを雇う。
5年が過ぎ、スタークの権力は絶大となり、大統領候補にまで名前が上がるのだが、かつて、彼が追求した不正やスキャンダルに、自らが手を染めてしまう・・・。
__________

明らかに、1949年の同名作品のリメイクだと思うのだが、監督スティーヴン・ザイリアンはそれを否定している。
しかし、原作を忠実に描いたと言っているわりには、時代背景が原作とは違う、1950年代の設定になっている。

残念ながら、ロバート・ロッセン制作、監督、脚本による、旧作に比べるとやや物足りない作品と言える。

激しく移り変わる主人公の言動と、温厚な雰囲気な元記者として主人公の側近となり、その目からそれを追っていくことで、スティーヴン・ザイリアンは、ドラマにメリハリをつけている。

しかし、見応えがあるのは、主人公が知事になるまでで、ケイト・ウィンスレットと兄役のマーク・ラファロが重要な役となる後半に大きな期待をかけるものの、今一盛り上がりに欠ける。

実力派が揃うオールスターキャストでありながら作品は酷評され、アメリカ国内及び世界興行も大失敗に終わった。

製作費 $55,000,000
北米興行収入 $7,221,460
世界 $9,450,900

主演のショーン・ペンジュード・ロウの、対照的な人物像描写は悪くはないし、両者共に個性を生かして熱演はしている。

アンソニー・ホプキンスケイト・ウィンスレットは、特に後半から終盤にかけてインパクトのある役柄で存在感を発揮している。

ジャッキー・アール・ヘイリーの、寡黙なボディーガード(殺し屋)と、主人公の右腕的存在のパトリシア・クラークソン、ジャック(J・ロウ)の母親役のキャッシー・ベイカー主人公を知事に持ち上げるものの、その後、操られる副知事ジェームズ・ガンドルフィーニ、主人公に利用され、絶望して暗殺を実行する医師マーク・ラファロ、主人公の妻で、マーチン・バルサムの娘タリア・バルサム、主人公の学友ケヴィン・ダン、新聞社編集長のトム・マッカーシーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021