4186 Movies

オール・ザ・キングスメン All the King’s Men (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1946年に発表された、ロバート・ペン・ウォーレンピューリッツァー賞受賞小説”All the King’s Men”を基に製作された作品。
行政の不正、役人の汚職などの一掃を唱える男の挫折を経験しながらの権力の掌握と、強引なまでのその指導力に翻弄される人々を描く、製作、監督、脚本ロバート・ロッセン、主演ブロデリック・クロフォードジョン・アイアランドジョーン・ドルーマーセデス・マッケンブリッジ他共演による社会派ドラマの秀作。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ロッセン
製作:ロバート・ロッセン
原作:ロバート・ペン・ウォーレンAll the King’s Men
脚本:ロバート・ロッセン

撮影:バーネット・ガフィ
編集:アル・クラーク
音楽:ルイス・グルーエンバーグ

出演
ウィリー・スターク:ブロデリック・クロフォード

ジャック・バーデン:ジョン・アイアランド
アン・スタントン:ジョーン・ドルー
トム・スターク:ジョン・デレク
セイディ・バーク:マーセデス・マッケンブリッジ
アダム・スタントン:シェパード・ストラドウィック
ルーシー・スターク:アン・シーモア
モンテ・スタントン判事:レイモンド・グリーンリーフ
タイニー・ダフィ:ラルフ・ダムキー
ドルフ・ビズバリー:ウィル・ライト
バーデン夫人:キャサリン・ウォーレン
フロイド・マカヴォイ:ゴードン・ローデス
シュガー・ボーイ:ウォルター・バーク

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1949年製作 109分
公開
北米:1949年11月8日
日本:1976年9月25日


アカデミー賞 ■
第22回アカデミー賞
・受賞
作品賞
主演男優賞(ブロデリック・クロフォード)
助演女優賞(マーセデス・マッケンブリッジ)
・ノミネート
監督
助演男優(ジョン・アイアランド)
脚本・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
新聞記者ジャック・バーデン(ジョン・アイアランド)は、市民の味方で善人として人気のある郡の出納官ウイリー・スターク(ブロデリック・クロフォード)の取材を上司から命ぜられる。

故郷で待つ恋人アン・スタントン(ジョーン・ドルー)と会う予定があったジャックだったが、仕事を優先させるように言われてそれに従う。

カノマ市。
汚職による小学校の不正建設などを追及する街頭演説をするスタークは、それを中止するよう警告を受け、従わないために逮捕されてしまう。

それを指示した、郡政官のリーダー、タイニー・ダフィ(ラルフ・ダムキー)に没収されたカメラを返すよう要求したジャックは、彼らが地域を牛耳っていることを知る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
役人や行政の不正や汚職を追及していた田舎町の出納官ウィリー・スタークを、上流階級出身の記者ジャック・バーデンが取材することになる。
ジャックは、貧しい人々の立場で考える、正義感溢れるスタークの行動に共感して記事にする。
スタークの知名度は一気に上がり、郡政官のリーダー、ダフィは彼に目を付け、州知事選の票を割るためのダミー候補として彼を立候補させてしまう。
ダフィの指示を受けていたスタッフのセイディとジャックから、真相を知らされたスタークはショックを受けるものの、思うことを言葉にする彼の演説は貧しい人々の心を捉える。
僅差で敗れたスタークだったが、勝ち方を学んだ彼は4年後を見据えて行動を開始すえう。
再び立候補した選挙戦でスタークは、記者を辞めていたジャックを参謀にして勝利する。
ジャックは、権力を握り全てを支配しながら、かつて追求した不正やスキャンダルに自ら手を染めするスタークの変貌に疑問を感じながらも、彼と共に行動を共にするのだが・・・。__________

政治ネタを娯楽化することが伝統文化のようなアメリカ社会の中で、制作、監督、脚本を兼ねるバイタリティ溢れるロバート・ロッセン自身が主人公とダブってしまうような、過激でパワフルな演出は見応え十分だ。

赤狩り”により追放されながら、その後、ハリウッドに復帰し「ハスラー」(1961)などの名作を残した、ロバート・ロッセンの逞しさが感じられる作品。

ロバート・ペン・ウォーレンの原作”All the King’s Men”のタイトルから分かるように、これはマザーグースの”Humpty Dumpty”の一節(”..all the king’s men”)を基にしている。
主人公は、裏工作などにより登場人物のほぼ全てを自分の支配下に置いていくという凄まじい内容に驚かされる。
このタイトルは、「大統領の陰謀」All the President’s Men(1976)でも引用された。

2006年に監督、脚本スティーヴン・ザイリアン、主演ショーン・ペンジュード・ロウケイト・ウィンスレット他共演によりリメイク作「オール・ザ・キングスメン」が公開された。
スティーヴン・ザイリアンはそれを否定しているが明らかにリメイクだ。

第22回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ブロデリック・クロフォード)、助演女優賞(マーセデス・マッケンブリッジ)を受賞した。
・ノミネート
監督
助演男優(ジョン・アイアランド)
脚本・編集賞

2001年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ロバート・ロッセンは当初、主人公にジョン・ウェインの起用を予定するが、ウェインは、物語の内容に愛国心がないと言ってそれを拒否した。
ところが、この役を受けたブロデリック・クロフォードアカデミー主演賞を受賞し、同年「硫黄島の砂」で同賞にノミネートされていたウェインは受賞を逃し、授賞式の最中に会場を去ったのは有名な話だ。
ジョン・ウェインは、コロンビアハリー・コーンを嫌っていることも知られているため、内容云々以前に出演を拒否したのかもしれない。

民衆の立場になることは根底に置きながら、全てを自分の支配する世界に巻き込む、野心家である主人公を熱演するブロデリック・クロフォード、無名時代から主人公を見守る、彼の視点でドラマは展開する、上流階級出身の元記者で選挙参謀を好演するジョン・アイアランド、彼の恋人でありながら、野心家に憧れ主人公に惹かれる令嬢ジョーン・ドルー、主人公の養子ジョン・デレク、デビュー作でいきなりアカデミー賞とゴールデングローブ賞の助演賞をダブル受賞する、主人公の秘書兼愛人のマーセデス・マッケンブリッジ、主人公に利用される医師シェパード・ストラドウィック、その伯父で主人公に反旗を翻す判事レイモンド・グリーンリーフ、主人公の妻アン・シーモア、郡政官から主人公の部下となるラルフ・ダムキー、同じくウィル・ライト、ジャック(ジョン・アイアランド)の母親キャサリン・ウォーレン、その夫ゴードン・ローデス、主人公の側近兼ボディガードのウォルター・バークなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020