4509 Movies

サイコ Psycho (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1959年に発表された、ロバート・ブロックのサスペンス小説”Psycho”を基に製作されたアルフレッド・ヒッチコックの傑作スリラー「サイコ」(1960)のリメイク作品。
大金を手にした女性の迷いから生ずる行動、その末に起きる殺人事件を描く、製作、監督ガス・ヴァン・サント、主演ヴィンス・ヴォーンアン・ヘッシュジュリアン・ムーアヴィゴ・モーテンセンウィリアム・H・メイシー他共演のスリラー。


スリラー/ホラー

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ガス・ヴァン・サント
製作
ブライアン・グレイザー

ガス・ヴァン・サント
製作総指揮:ダニー・ウルフ
原作:ロバート・ブロックPsycho
脚本:ジョセフ・ステファノ

撮影:クリストファー・ドイル
編集:エイミー・E・ダドルストン
音楽:バーナード・ハーマン/ダニー・エルフマン

出演
ノーマン・ベイツ:ヴィンス・ヴォーン

マリオン・クレイン:アン・ヘッシュ
ライラ・クレイン:ジュリアン・ムーア
サミュエル“サム”ルーミス:ヴィゴ・モーテンセン
ミルトン・アーボガスト:ウィリアム・H・メイシー
アル・チェンバース保安官:フィリップ・ベイカー・ホール
エリザ・チェンバース:アン・ヘイニー
サイモン・リッチモンド医師:ロバート・フォスター
ハイウェイ・パトロール警官:ジェームズ・レマー
キャロライン:リタ・ウィルソン
ローリー:ランス・ハワード
トム・キャシディ:チャド・エヴェレット
チャーリー:ジェームズ・レグロス
ボブ・サマーフィールド:フリー
ノーマ・ベイツ(声):ローズ・マリー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1998年製作 103分
公開
北米:1998年12月4日
日本:1999年9月11日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $21,456,100
世界 $37,141,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アリゾナ州、フェニックス
1998年、12月11日金曜日、午後2時43分。
マリオン・クレイン(アン・ヘッシュ)は、不動産会社に10年勤める平凡な女性だったが、金物店を営むサミュエル“サム”ルーミス(ヴィゴ・モーテンセン)との逢引きを続けていた。

サムは、父親の借金と別れた妻への慰謝料の支払いなどが重荷となっていたため、結婚は数年後になることをマリオンに伝える。

待てないと言うマリオンとサムの意見は噛み合わず、彼はこんな関係がいやなら別の男に変える気もあるのかと尋ねる。

それもあり得るとサムをからかうマリオンは、着替えて部屋を出る。

会社に戻ったマリオンは、同僚のキャロライン(リタ・ウィルソン)に、姉から電話があったことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
不動産会社社員マリオンは、父親への借金や別れた妻への慰謝料支払いに苦しむ、金物店経営者サムとの逢引きを続けていた。
ある日マリオンは、会社の40万ドルを銀行に預けるように社長に指示され、それを持ち逃げしてサムの元に向かおうとする。
マリオンは、街で見かけた社長、出会った警官や中古車ディーラーに怪しまれてしまい、動揺しながら、街道沿いの”ベイツ・モーテル”に宿泊するために立ち寄る。
母親と二人暮しらしい、気の良い青年で経営者のノーマンに歓迎されたマリオンは、冷静さを取り戻し現金を返す決心をする。
しかし、翌朝早くに出発することにしたマリオンがシャワーを浴びようとした時、何者かが彼女に襲い掛かる・・・。
__________

アルフレッド・ヒッチコックの代表作である、映画史上に残るスリラーの傑作の完全リメイクということで大いに話題になった作品。

前年の「グッド・ウィル・ハンティング」で高い評価を受けたガス・ヴァン・サントの演出にも注目が集まったが、残念ながら作品は酷評されてしまった。

時代も変わり、貨幣価値などの多少の違いはあるが、バーナード・ハーマン(ダニー・エルフマン編曲)の音楽、ソウル・バスによるオープニングのタイトル・デザイン、また旧作とほぼ同じカット割りで展開する内容と豪華スター競演は魅力的だ。

しかし、当然、新鮮味はなく、旧作と比べることばかりが頭を過り、アルフレッド・ヒッチコックの才能を改めて再確認するために製作されたような作品とも言える。

作品は上記のように酷評され、ラジー賞で最低リメイク、ガス・ヴァン・サントが監督賞を受賞、アン・ヘッシュも最低女優賞にノミネートされてしまった。

ヒッチコックと旧作に対してのオマージュと思えばそれなりに楽しめる作品ではある。
ガス・ヴァン・サントは、旧作でヒッチコックが登場する場面と同じ状況で、不動産会社の前でヒッチコック風の太った男性に注意されている役で出演もしている。

モーテル経営者である二重人格者のヴィンス・ヴォーン、その犠牲になるアン・ヘッシュ、彼女の姉ジュリアン・ムーア、犠牲者の恋人ヴィゴ・モーテンセン、私立探偵ウィリアム・H・メイシー、保安官フィリップ・ベイカー・ホール、その妻アン・ヘイニー、医師ロバート・フォスター、ハイウェイ・パトロール警官ジェームズ・レマー、犠牲者の同僚リタ・ウィルソン、不動産会社社長ランス・ハワード、その顧客チャド・エヴェレット、中古車ディーラーのジェームズ・レグロス、金物店店員フリー、ノーマンの母親の声ローズ・マリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021