4354 Movies

アレゲニーの反乱 Allegheny Uprising (1939)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪党の先住民との交易を阻止しようとする住民と、交易品運搬に利用される軍の争いを描く、監督ウィリアム・A・サイター、主演クレア・トレヴァージョン・ウェインジョージ・サンダースブライアン・ドンレヴィウィルフリッド・ローソン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■

監督:ウィリアム・A・サイター
製作:P・J・ウルフソン
原作:ニール・H・スワンソン”The First Rebel”
脚本:P・J・ウルフソン

撮影:ニコラス・ムスラカ
編集:ジョージ・クローン
音楽:アンソニー・コリンズ

出演
ジェニー・マクドゥーガル:クレア・トレヴァー

ジェームズ・スミス:ジョン・ウェイン
スワンソン大尉:ジョージ・サンダース
ラルフ・カレンダー:ブライアン・ドンレヴィ
マック・マクドゥーガル:ウィルフリッド・ローソン
ダンカン:ロバート・バラット
教授:ジョン・F・ハミルトン
トム・カルホーン:モローニ・オルセン
ジョン・マキャノン:チル・ウィルス
ポール:イアン・ウルフ
トマス・ゲイジ将軍:オラフ・ヒッテン
ジョン・ペン総督:クレイ・クレメント

アメリカ 映画
配給 RKO

1939年製作 81分
公開
北米:1939年11月10日
日本:不明
製作費 $696,000
北米興行収入 $750,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1759年。
独立戦争の16年前、ペンシルベニアの渓谷でイギリス人開拓者は、武器を手にして自由を守った。

カナダ国境。
イギリスフランスの捕虜交換が行われ、イギリス軍のスワンソン大尉(ジョージ・サンダース)は、友好的に捕虜の交換を終える。

先住民に捕えられていた冒険家のジェームズ・スミス(ジョン・ウェイン)と教授(ジョン・F・ハミルトン)は、イギリス政府に対して不満を訴え、スワンソンは二人を軍法会議にかけようとする。

そこに現れた軍に協力するマック・マクドゥーガル(ウィルフリッド・ローソン)は、旧知のスミスと教授との再会を喜び、それを知ったスワンソンは二人を解放する。

3か月後、ペンシルベニア州。
スミスと教授を伴ったマクドゥーガルは、知人の交易商ラルフ・カレンダー(ブライアン・ドンレヴィ)に出くわして食料を分けてもらう。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

1937年に発表された、ニール・H・スワンソンの小説”The First Rebel”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1759年。
ペンシルベニア州、アレゲニー渓谷。
先住民に民家が襲撃されたことを知ったジェームズ・スミスらは、先住民との交易を禁止することをイギリス総督ジョン・ペンに要求して認められる。
対抗する交易商のカレンダーらは、渓谷の砦に運ぶ軍用品に交易品を隠して搬入することを考える。
それを阻止しようとするスミスらだったが、軍務優先で柔軟性のない指揮官のスワンソン大尉に、自分達の考えを理解してもらえない。
渓谷を封鎖されたカレンダーらは、スミスを陥れようとする。
あくまで法に基づく考えを貫くスミスは、住民らを団結させて砦に向かい、カレンダーらの不正を暴こうとするのだが・・・。
__________

まず、本作を西部劇に分類しようとする考えは間違いで、独立戦争以前の混乱期を背景にした、アクション映画とするのが正しい。

馬に乗る銃を持った人々が戦い先住民が登場すると、全て西部劇とする考えはよろしくない。

先住民問題は大きなテーマではなく、野蛮人同士の戦いでもない。
法に基づく権利を主張する現地のリーダーに率いられた人々と悪党の戦い、それに利用される軍の柔軟性の欠如などを描くドラマである。

また、法を守るという点で言えば、やたらに人が殺される内容でもなく、勇敢な男達の団結や友情を描く、ウィリアム・A・サイターの力強い演出が見所の作品。

アンソニー・コリンズの勇ましい音楽も非常に印象的だ。

駅馬車」(1939)が8か月前に公開されたばかりの、同作で共演した二人クレア・トレヴァージョン・ウェインの配役順は本作も同じで、ファーストクレジットはクレア・トレヴァーになっている。
これでも分かるように、その後、歴史に残る大スターとなるジョン・ウェインが、「駅馬車」でトップスターになった訳ではないことが理解できる。
しかし、「駅馬車」ではやや素人っぽいジョン・ウェインが、本作では、完全に主演と言える住民のリーダーを貫録で演じ、存在感は本作の方が上であるところに注目したい。

そのジョン・ウェインを愛する男勝りの女性を熱演するクレア・トレヴァー、柔軟さに欠けるイギリス軍大尉ジョージ・サンダース、悪徳交易商のブライアン・ドンレヴィ、ジェニー(クレア・トレヴァー)の父親をユーモアを交えて演ずるウィルフリッド・ローソン、渓谷の行政官ロバート・バラット、主人公の友人ジョン・F・ハミルトン、同じく仲間達モローニ・オルセンチル・ウィルス、交易商イアン・ウルフ、当時の北アメリカ最高司令官トマス・ゲイジ将軍のオラフ・ヒッテンジョン・ペン総督のクレイ・クレメントなどが共演そている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020