4234 Movies

武器よさらば A Farewell to Arms (1957)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーネスト・ヘミングウェイ自身の体験をベースにした、1929年発表の小説”武器よさらば”を基に製作された作品。
第一次大戦を舞台に、アメリカ人の志願兵と、赤十字イギリス人看護師のロマンスと悲劇を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督チャールズ・ヴィダージョン・ヒューストン、主演ロック・ハドソンジェニファー・ジョーンズヴィットリオ・デ・シーカマーセデス・マッケンブリッジ他共演の文芸大作。


ドラマ(ロマンス)

ジェニファー・ジョーンズ / Jennifer Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督
チャールズ・ヴィダー

ジョン・ヒューストン
製作総指揮:デヴィッド・O・セルズニック
原作
アーネスト・ヘミングウェイ(小説/武器よさらば)
ローレンス・スターリングス(戯曲)
脚本:ベン・ヘクト

撮影
オズワルド・モリス

ピエロ・ポルタルピ
編集
ジョン・M・フォリー

ジェラルド・ウィルソン
音楽:マリオ・ナシンベーネ

出演
フレデリック・ヘンリー:ロック・ハドソン

キャサリン・バークレイ:ジェニファー・ジョーンズ
アレッサンドロ・リナルディ少佐:ヴィットリオ・デ・シーカ
エメリッヒ医師:オスカー・ホモルカ
ヴァン・キャンペン:マーセデス・マッケンブリッジ
ヘレン・ファーガソン:エレイン・ストリッチ
看護師:ジョーン・ショウリー
ガリ神父:アルベルト・ソルディ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1957年製作 152分
公開
北米:1957年12月14日
日本:1958年4月5日
製作費 $4,353,000
北米興行収入 $11,000,000
世界 $25,000,000


アカデミー賞 ■
第30回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ヴィットリオ・デ・シーカ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第一次大戦末期、イタリア北部、オルシノ。
イタリア陸軍の志願兵である、アメリカ人フレデリック・ヘンリー中尉(ロック・ハドソン)は、休暇を終えて所属する救急隊に戻る。

フレデリックは、軍医のアレッサンドロ・リナルディ少佐(ヴィットリオ・デ・シーカ)が、ある女性に夢中である話を聞かされる。

翌日フレデリックは、リナルディに、イギリス赤十字の看護師キャサリン・バークレイ(ジェニファー・ジョーンズ)を紹介される。

婚約者を亡くしたキャサリンと話をしたフレデリックは、彼女に心を寄せるようになる。

その夜フレデリックは、リナルディの忠告も聞かずにキャサリンの元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
第一次大戦末期、イタリア北部、オルシノ。
イタリア陸軍に志願したアメリカ人フレデリック・ヘンリー中尉は、軍医リナルディに、赤十字イギリス人看護師キャサリン・バークレイを紹介される。
フレデリックは、一目でキャサリンに惹かれ、二人はその夜、愛し合ってしまう。
婚約者を亡くしたキャサリンは、フレデリックを彼と想いながら夜を過ごしたのだった。
しかし、進軍するフレデリックを見送り、必ず戻ってくるようにと、キャサリンも彼への気持ちを伝える。
その後、フレデリックは戦場で負傷してしまい、ミラノの病院に移送される。
リナルディの計らいで、キャサリンもミラノに向かい、二人は愛を確かめながら、満ち足りた日々を過ごすのだが・・・。
__________

1932年公開、監督フランク・ボーゼイジ、主演ゲイリー・クーパーの「戦場よさらば」のリメイク。

大プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックが、妻であるジェニファー・ジョーンズと人気絶頂のロック・ハドソンを共演させて製作した作品。

当初ジョン・ヒューストンの監督で撮影は始り、ロケはイタリア他、各地で行われ、当時としては巨費となる400万ドル以上の製作費がかけられたスケール感のある大作。

大流行していた、メロドラマ・タッチの内容は大いに受け、北米興行収入は約1100万ドル、全世界では約2500万ドルの大ヒットとなった。

第30回アカデミー賞では、ヴィットリオ・デ・シーカが、助演男優賞にノミネートされた。

一際目立つ長身、端正なマスク、この時代を象徴するスター、ロック・ハドソンと、人間を超越している美しさとでも言うか、芸術作品のようなジェニファー・ジョーンズ、これでもかと見せる、二人の幸せな生活を映し出す映像の数々とクライマックスの悲劇、涙なしでは見られない作品だ。

主人公達と共に、戦争の悲劇を象徴する存在、軍医のヴィットリオ・デ・シーカ、産婦人科医のオスカー・ホモルカ、病院長マーセデス・マッケンブリッジ、看護師エレイン・ストリッチ、同じくジョーン・ショウリー、従軍神父アルベルト・ソルディなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020